夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

『Another(アナザー)エピソードS』 あらすじ・感想 『Another(アナザー)2001』単行本は?完結は?

こんばんは、紫栞です。

前回、前々回に引き続き

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

今回は『Another(アナザー)』の続編小説『Another(アナザー)エピソードS』そしてさらなる続編の『Another(アナザー)2001』についてです。

 

まずは

『Another(アナザー)エピソードS』

Another エピソードS (角川文庫)

コレもまた表紙絵が美しいですね~。『Another(アナザー)』の時と同じく遠田志帆さんが描かれています。アニメの鳴ちゃんにだいぶ寄せていますね。

 

遠田志帆画集

遠田志帆画集

 

 

あらすじ

「聞かせてあげようか、榊原くん。あなたの知らなかった、この夏のお話」

一九九八年、夏休み。両親と共に海辺の別荘にやって来た見崎鳴は“幽霊”に遭遇する。 その“幽霊”はかつて夜見北山中学の三年三組で〈現象〉を経験した青年・賢木晃也の“幽霊”だった。死の前後の記憶を失い、消えたみずからの死体を探しているのだと言のだが―― 。

謎めいた古い屋敷を舞台に、“幽霊と鳴の奇妙な冒険が始まる。 「もう一人の『サカキ』のお話」

 

 

前作『Another(アナザー)』で夏休みのクラス合宿の前、夜見山に不在だった「空白の一週間余り」に鳴ちゃんが関係した“ある事件”が語られるお話。

「エピソードS」のSは綾辻さんのあとがきによれば「夏=summer」「海辺=seaside」「秘密=secret」「もう一人のサカキ=Sakaki」「死体=shitai」「蜃気楼=shinkirou」などのSらしいです。多いですね・・・(^_^;)

 

お話としては前作の『超自然的自然現象』が大きく関わっているようなお話では無いので(舞台が夜見山じゃないしね)、ホラー要素は薄い・・・と、いうかほぼ無いです。グロテクスな描写も無いので、いつもの綾辻的ミステリー小説”って感じですね。なので、前作とは作品雰囲気はだいぶ異なります。

続編というよりもサイドストーリー的要素が強いです。まぁラストが次なる続編に繋がる終わり方をしているので飛ばさず読んでねってことで“続編”の位置づけになっているのでしょうけど。

作品雰囲気が異なるとはいえ、前作を読んでいないと分からない部分が随所にあるので、『Another(アナザー)』を読んでから「エピソードS」を読んだ方がもちろん楽しめます。小説じゃなくってもアニメや映画を観てでも良いと思いますが。

 

Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

 

 

 

アナザー Another

アナザー Another

 

 

ぶっちゃけ、このお話の“幽霊”のオチは綾辻さんの小説を何冊か読んでいる人にはぼんやりと予想出来てしまうと思います。私も途中で分かっちゃいました(私は館シリーズ全作読んでます)。綾辻さんの小説を読むときは良くも悪くも警戒してしまう癖が愛読者にはついてしまっているかと・・・(^_^;)

しかし、やっぱり伏線が次々に回収されていくラストは読んでて楽しいです。

 

 

『Another(アナザー)2001』とは

シリーズ第三作目で2014年『野性時代』11月号から連載が開始された・・・らしいです。

この『Another2001』、私、連載されていた事実をまったく知らなくって(^^;)前々回の『Another』の記事を書くときに調べていたら検索ワードに“2001”と出てきて「なに?この数字?」とか思ってさらに調べて驚愕した訳です。

「2014年から連載されたならもう単行本出ててもいいんじゃ?」とか思ったら、どうやら今年に入ってから第1部が完結して、しばらく休載なんだそうな・・・・・・“しばらく”って、何さ(笑)

調べたところによると、「エピソードS」の登場人物の想くんが語り手で、同い年の“いとこ”として赤沢泉美が出て来るらしいです。アニメでやたら目立っていたあの“赤沢さん”ですね~。

「え?赤沢さんは死んだんじゃ・・・って、ことは・・・?」と思ってしまうところですが、そこは綾辻さんなんでね、何かしらの仕掛けがあるのかもしれません。

 

 

作者の綾辻さんは執筆当時、『Another』は単発の長編のつもりでいたらしいのですが、考え直して(笑)、『2001』の後に『2009』でシリーズを完結させる構想を明らかにしているのだとか。

この『2001』と『2009』は年を表しているんだと思うんですが・・・どうなんでしょう? シリーズ完結と言うからには三年三組の〈現象〉も完全な解決を迎えてくれるんだと良いんですが。

いずれにしろ気長に待つしかなさそうですね。

 

 

『Another』について、続けて記事三つ書いた訳ですが、小説・アニメ・映画・続編小説共に、夏に読む・観るのがオススメですね。

 

夏の夜長にどうでしょう・・・?

 

 

ではではまた~

 

Another エピソードS (角川文庫)

Another エピソードS (角川文庫)

 

 

 

Another(上) (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

 

 

 

Another(下) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)