夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

桜庭一樹

『少女を埋める』桜庭一樹の自伝的小説集!なぜか文学界での論争に?

こんばんは、紫栞です。 今回は桜庭一樹さんの単行本『少女を埋める』を読んだので、紹介と感想を少し。 こちら、2022年1月の刊行された桜庭一樹さん初の自伝的小説集。「少女を埋める」「キメラ」「夏の終わり」の三編が収録されています。 桜庭一樹さんの…

『火の鳥 大地編』ネタバレ・感想 幻の”続編”、小説化!

こんばんは、紫栞です。 今回は桜庭一樹さんの『小説 火の鳥 大地編』をご紹介。 あらすじ 昭和十三年(1938年)一月、日中戦争の勝利に沸く日本占領下の上海。財閥総師の三田村要造の娘・麗奈と結婚し、異例の出世をした關東軍将校の間久部緑郎は、伝説の不老…

桜庭一樹 最新刊『じごくゆきっ』 砂糖菓子~の後日談をふくむ7編

こんばんは、紫栞です。 今回は今年の6月に発売された桜庭一樹さんの最新刊『じごくゆきっ』をご紹介。 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の後日談をふくむ全7編の短編集です。 www.yofukasikanndann.pink 実は私、この単行本が出されていた事実を二ヶ月ほど…

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』感想・あらすじ 桜庭作品はコレを抜きには語れない!

こんばんは、紫栞です。 今回は桜庭一樹さんの小説『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』をご紹介。 桜庭さんは元々少年少女向けの娯楽小説・ライトノベル作家で、この『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』も最初はライトノベルレーベルの富士見ミステリー文庫から…

桜庭一樹『少女七竈(ななかまど)と七人の可哀想な大人』 解説・感想

こんばんは、紫栞です。 今回は桜庭一樹さんの『少女七竈(ななかまど)と七人の可哀想な大人』をご紹介。 桜庭一樹さんも私はとても好きな作家さんでして、小説として出されている書籍は全て買って読んでいます(エッセイなどは読んでない)。新刊が出ると…