夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

小説

『烏は主を選ばない』原作小説2作 アニメとの違いを解説!

こんばんは、紫栞です。 今回は、阿部智里さんの『烏に単は似合わない』と『烏は主を選ばない』について少し。 和風ファンタジー 『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』は阿部智里さんによるファンタジー長編小説シリーズで、2024年5月時点で外伝も含…

『冬期限定ボンボンショコラ事件』感想 小市民シリーズ四部作、ついに完結!

こんばんは、紫栞です。 今回は、米澤穂信さんの『冬期限定ボンボンショコラ事件』の感想を少し。 あらすじ 大学受験を控えた高校三年生の冬。小鳩常悟朗は、同級生で小市民を志す同志である小佐内ゆきと下校していたところを車にはねられた。 一時意識不明…

『法廷遊戯』映画 ネタバレ感想 やっぱり腹が立つ

こんばんは、紫栞です。 今回は、映画『法廷遊戯』についての感想を少し呟こうかと。 こちら、五十嵐隼士さんの長編ミステリ小説『法廷遊戯』を原作とした映画で、2023年11月に劇場公開されたもの。 前に原作を読みまして↓ 法廷遊戯 posted with ヨメレバ 五…

『近畿地方のある場所について』考察もしたくないほど怖い!夏のオススメ本~⑬

こんばんは、紫栞です。 今回は、背筋さんの『近畿地方のある場所について』を読んだので感想を少し。 2023年話題のホラー本 こちら、2023年1月~4月まで小説投稿サイト【カクヨム】にて連載されていたもので、書籍は同年の8月に刊行されました。 kakuyomu.j…

映画『変な家』感想 怖い?ひどい?原作との根本的な違いを解説

こんばんは、紫栞です。 『変な家』の映画を観てきました!ので、今回はそれについての感想を少し。 www.youtube.com 原作は2021年に刊行してからというもの、売れに売れている雨穴さんの同名小説。 変な家 文庫版 posted with ヨメレバ 雨穴 飛鳥新社 2024…

『りら荘事件』『リラ荘殺人事件』違い、大幅改稿・・・”館もの”の先駆的作品、諸々解説

こんばんは、紫栞です。 今回は、鮎川哲也さんの『りら荘事件』について少し。 あらすじ 荒川の上流、埼玉県と長野県の境にある《りら荘》。レクリエーションの場として学生に開放されているこの寮に、夏期休暇を過ごすため七名の学生がやって来た。 その日…

『ゲームの名は誘拐』ネタバレ・解説 原作小説と映画の違い

こんばんは、紫栞です。 今回は、東野圭吾さんの『ゲームの名は誘拐』をご紹介。 あらすじ 腕利きの広告プランナーである佐久間駿介。金を稼ぎ、適当に女遊びをして順風満帆な日々を過していた彼だったが、ある日、手掛けてきた一大プロジェクトをクライアン…

【小市民シリーズ】4作品まとめ紹介 〈冬季〉とアニメ化前におさらい!青春スイーツミステリ

こんばんは、紫栞です。 今回は、米澤穂信さんの【小市民シリーズ】をご紹介。 小市民シリーズとは 【小市民シリーズ】は米澤穂信さん初期の代表作である2大青春ミステリ小説シリーズの内の一つ。※もう一つは【古典部シリーズ】ですね。 www.yofukasikanndan…

『鵼の碑』ネタバレ 登場人物、他シリーズとの繋がり、徹底解説!”化け物の幽霊”とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は、京極夏彦さんの『鵼の碑』(ぬえのいしぶみ)について多少突っ込んだ内容紹介と解説をしたいと思います。 あらすじ 昭和二十九年、二月。 劇の脚本を書くため日光榎木津ホテルに滞在している最中、メイドから殺人の記憶を打ち…

『スイート・マイホーム』映画 感想 ホラー?原作との違いは?

こんばんは、紫栞です。 今回は、映画『スイート・マイホーム』を観たので感想を少し。 こちらの映画、神津凛子さんの小説を映画化したものでして、前にこの原作本について当ブログで感想を書きました。↓ www.yofukasikanndann.pink 映画が公開されたのは202…

京極夏彦作品 時系列まとめ 百鬼夜行、巷説百物語、書楼弔堂、ルー=ガルー・・・各シリーズ・本の年表

こんばんは、紫栞です。 今回は、京極夏彦作品の“本”ごとの時系列をまとめたいと思います。 京極夏彦作品は基本的にどの作品も同一世界線で描かれているため、シリーズや出版社の垣根を越えて事象や人物が繋がるように描かれています。 今まで各シリーズの刊…

『死ねばいいのに』京極夏彦 ネタバレ・解説 ひどいタイトル!その真意とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は、京極夏彦さんの『死ねばいいのに』をご紹介。 タイトル 『死ねばいいのに』は2010年に刊行された長編小説。インパクト大のタイトルでして、作者の京極さんも「ひどいタイトル」と当時のインタビューで仰っております。このタ…

『ほねがらみ』あらすじ・感想 怖い!“あの”物部も苦戦した怪異とは

こんばんは、紫栞です。 今回は、芦花公園さんの『ほねがらみ』を読んだので感想を少し。 『ほねがらみ』は2021年に刊行されたホラー長編小説。2020年にWeb小説サイト〈カクヨム〉にて発表された「ほねがらみ――某所怪談レポート」がネットでバズり、それを改…

『777 トリプルセブン』感想 【殺し屋シリーズ】4作目「マリアビートル」の七尾ふたたび!

こんばんは、紫栞です。 今回は、伊坂幸太郎さんの『777 トリプルセブン』をご紹介。 あらすじ ツキのない殺し屋・「天道虫」こと七尾は、仲介屋の真莉亜が引き受けてきた「ホテルの一室にいる男に娘からのプレゼントを渡す」という仕事を受けて、ウィントン…

『鵼の碑』感想 ネタバレなし 感謝感激!17年ぶりの鈍器!百鬼夜行シリーズ新作長編

こんばんは、紫栞です。 読みましたよ。『鵼の碑』(ぬえのいしぶみ)を・・・! 凄かったですよ。読めたことはもちろんですけど、他にも色々と感謝の気持ちでいっぱいです。京極先生、ありがとうございます。作家デビュー30周年おめでとうございます。 もっと読…

『ある閉ざされた雪の山荘で』原作小説 ネタバレ 感想 “漢字一文字”とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は、東野圭吾さんの『ある閉ざされた雪の山荘で』をご紹介。 あらすじ 名演出家・東郷陣平が手掛ける舞台オーディションに合格した若き役者七名は、東郷からの手紙に従い、早春の乗鞍高原に集められた。 これから四日間、ペンシ…

『鵼の碑』発売前におさらい!再読するべき本3選

こんばんは、紫栞です。 ファンが待ち望み続けていた京極夏彦さんの【百鬼夜行シリーズ】(京極堂シリーズ)本編長編新作『鵼の碑』の発売が、いよいよ本当に近づいてまいりました。 鵼の碑 posted with ヨメレバ 京極 夏彦 講談社 2023年09月14日 楽天ブック…

『嗤う伊右衛門』解説・考察 恐ろしくも美しい究極の純愛小説!夏のオススメ本~⑫

こんばんは、紫栞です。 今回は、京極夏彦さんの『嗤う伊右衛門』をご紹介。 あらすじ ついぞ笑ったことなぞない生真面目な浪人・伊右衛門に、御行の又市を通して縁組みが持ちかけられる。 その相手は老同心・民谷又左衛門の娘でお岩といった。重い疱瘡を患…

佐々木事務所シリーズ 3作品まとめて解説 夏のオススメシリーズ~

こんばんは、紫栞です。 今回は、芦花公園さんの【佐々木事務所シリーズ】をご紹介。 佐々木事務所シリーズとは 【佐々木事務所シリーズ】は心霊案件を扱う佐々木事務所が、依頼を受けて奇怪な出来事に挑んでいくシリーズ。 ジャンルとしては民俗学・都市伝…

『可燃物』米澤穂信による“警察ミステリ” 5編 あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。 今回は、米澤穂信さんの『可燃物』をご紹介。 警察ミステリ こちら、2023年7月に刊行された本で、群馬県警捜査第一課・葛警部の活躍を描く短編集。 作者の米澤穂信さんは学生が主役の日常ミステリや、通常とは一味違う舞台設定での本…

『鵼の碑』(ぬえのいしぶみ)が、ついに発売される! (本当か?)

こんばんは、紫栞です。 『鵼の碑』!が!発売される!! 2023年9月14日に!つまり、一月半後に! 『鵼の碑』は長らくファンの間で待ち望まれていた【百鬼夜行シリーズ】(京極堂シリーズ) www.yofukasikanndann.pink 百鬼夜行シリーズ9冊合本版 作者:京極夏…

『異端の祝祭』考察 ラスト・目次に込められた意味とは?夏のオススメ本~⑪

こんばんは、紫栞です。 今回は、芦花公園(ろかこうえん)さんの『異端の祝祭』について少し。 あらすじ 23歳の就職浪人・島本笑美には、生きている人間とそうでないものの区別がつかない。 そのせいで昔から他者と上手くコミュニケーションがとれず、就職活…

『変な絵』ネタバレ・解説 絵、ブログ、ユキ・・・その理由とは?夏のオススメ本~⑩

こんばんは、紫栞です。 今回は、雨穴(うけつ)さんの小説『変な絵』をご紹介。 奇妙なブログ 『変な絵』は2022年10月に刊行された長編小説。ウェブライターで、YouTuberで、ホラー作家の雨穴さんによる、二作目の小説作品です。 前年の2021年に刊行された作…

『変な家』小説 あらすじ・解説 実話なのか!?戦慄の間取り図ホラーミステリ 夏のオススメ本~⑨

こんばんは、紫栞です。 今回は、雨穴(うけつ)さんの小説作品『変な家』についての感想を少し。 新時代間取り図ミステリ 『変な家』は2021年7月に刊行された長編小説。今現在も売れに売れていまして、 2023年には漫画化、 変な家(1) posted with ヨメレバ 雨…

『法廷遊戯』原作小説 ネタバレ 感想 面白いけど、怒りが湧く法廷ミステリ

こんばんは、紫栞です。 今回は、五十嵐律人さんの『法廷遊戯』について感想を少し。 あらすじ 法都大ロースクールの学生達の間では、「無辜(むこ)ゲーム」という日常で起こった揉め事を、独自ルールで定めた模擬裁判によって決着を付けるゲームが行なわれて…

『ローズマリーのあまき香り』感想 これぞ御手洗シリーズ!待望の本格長編!

こんばんは、紫栞です。 今回は、島田荘司さんの『ローズマリーのあまき香り』の紹介と感想を少し。 あらすじ 一九七七年十月十一日、ニューヨーク・マンハッタン。ウォールフェラー・センター五十階にあるバレエシアターで、戯曲のバレエ「スカボロゥの祭り…

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』意味 考察 ”電気羊の夢”とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』について少し。 SF小説の傑作 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』は1969年にアメリカで出版されたSF長編小説。 内容・あらすじは、 舞台は第三次世界大…

『犬神家の一族』NHK2023年ドラマ 新解釈?なラストについて

こんばんは、紫栞です。 今回は、2023年4月22日、29日にNHKで放送されたドラマ『犬神家の一族』について感想を少し。 横溝正史の代表的シリーズである【金田一耕助シリーズ】。 www.yofukasikanndann.pink おそらく日本でもっとも映像化されている探偵小…

『そして誰もいなくなった』小説 買うときの注意点!翻訳、変更、叙述・・・などなど、実は問題だらけ?

こんばんは、紫栞です。 今回は、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』について少し。 知らない人は誰もいない超絶有名作 『そして誰もいなくなった』は1939年にイギリスで刊行された長編ミステリ小説。ミステリの女王であるアガサ・クリスティ…

『ブレット・トレイン』感想 伊坂幸太郎原作!違いはどんなもんなのか?

こんばんは、紫栞です。 今回は、映画『ブレット・トレイン』を観たので感想を少し。 『ブレット・トレイン』は2022年に公開されたアメリカ映画で、原作は伊坂幸太郎さんの【殺し屋シリーズ】の二作目『マリアビートル』。 www.yofukasikanndann.pink 伊坂作…