夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

小説

『西巷説百物語』7編 あらすじ・解説 シリーズ第五弾。靄船の林蔵、西での仕掛け仕事とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『西(にしの)巷説百物語』をご紹介。 第24回柴田錬三郎賞受賞作。 上方の狂言仕事 『西巷説百物語』は【巷説百物語シリーズ】の第五弾。 「続」、「後」、「前」ときて、次は何だ?と、思いきやまさかの「西」。…

『カエルの小指』ネタバレ・感想 あの「カラスの親指」続編!

こんばんは、紫栞です。 今回は道尾秀介さんの『カエルの小指 a murder of crows』をご紹介。 あらすじ 詐欺師から足を洗って十数年。前職で培った口の上手さを使い、実演販売士としてなんとかまっとうに、嘘のない人生を生きることができるようになった武沢…

『カラスの親指』小説・映画 ネタバレ 解説 タイトルの意味とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は道尾秀介さんの『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』をご紹介。 あらすじ 妻に先立たれ、同僚の借金の保証人になったことで職を失い、なし崩しにヤミ金業者で雇われ、責務者から最後の金を奪い取る「わた抜き」を命じられ…

『前巷説百物語』6編 あらすじ・解説 シリーズ第四弾。“はじまりの物語”

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『前(さきの)巷説百物語』をご紹介。 はじまりの物語 江戸時代を舞台に、御行の又市率いる一味が、公には出来ぬ厄介事の始末を金で請け負い、妖怪譚を利用した仕掛けで解決させていく妖怪小説のシリーズである【…

『The Book』(ザ・ブック) ジョジョ 小説 乙一による力作!ネタバレ・感想

こんばんは、紫栞です。 今回は乙一さんの『The Book ~jojo’s bizarre adventure 4th another day~』をご紹介。 あらすじ 2000年1月、杜王町。ぶどうヶ丘学園高等部一年の廣瀬康一と漫画家の岸辺露伴は、コンビニの前で全身が血に汚れたまま歩いている猫と…

『火の鳥 大地編』ネタバレ・感想 幻の”続編”、小説化!

こんばんは、紫栞です。 今回は桜庭一樹さんの『小説 火の鳥 大地編』をご紹介。 あらすじ 昭和十三年(1938年)一月、日中戦争の勝利に沸く日本占領下の上海。財閥総師の三田村要造の娘・麗奈と結婚し、異例の出世をした關東軍将校の間久部緑郎は、伝説の不老…

『馬鹿と嘘の弓』感想 ※ネタバレあり

こんばんは、紫栞です。 今回は森博嗣さんの『馬鹿と嘘の弓』の感想を少し。 ※以下、ネタバレ含みますので注意~ こちらは講談社ノベルスから2020年10月に刊行された長編小説。一連のシリーズとは関係ないかと思ってチェックしていなかったのですが、本屋さ…

『アヒルと鴨のコインロッカー』小説・映画 ネタバレ解説 タイトルの意味とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』をご紹介。 あらすじ 大学新入生の椎名は、引っ越してきたばかりのアパートでボブ・ディランの『風に吹かれて』を口ずさんでいた最中に隣人の青年・河崎に声をかけられる。河崎…

『後巷説百物語』6編 あらすじ・解説 シリーズ第三弾。百介の百物語、完結!

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『後(のちの)巷説百物語』をご紹介。 “あれ”から四十年後 江戸時代を舞台に、御行の又市率いる一味が公には出来ぬ厄介事の始末を金で請け負い、妖怪譚を利用した仕掛けで八方丸く収めていく一話完結型の妖怪小説…

『スウェーデン館の謎』あらすじ・感想 雪の夜、館で起きた哀しい事件

こんばんは、紫栞です。 有栖川有栖さんの『スウェーデン館の謎』をご紹介。 あらすじ 小説の取材で雪深い福島の裏磐梯のペンションに宿泊していたミステリ作家の有栖川有栖は、童話作家・乙川リュウの館、地元の人間がスウェーデン館と呼ぶログハウスに招か…

『私の頭が正常であったなら』8編 あらすじ・感想 失った者たちの奇談集

こんばんは、紫栞です。 今回は山白朝子さんの『私の頭が正常であったなら』をご紹介。 『私の頭が正常であったなら』は2018年に刊行された短編集。2021年1月に文庫版も発売されました。文庫版だと宮部みゆきさんの解説が収録されているようです。 私の頭が…

『イニシエーション・ラブ』小説・映画 ネタバレ解説 ”最後二行”で全ては変貌!仰天恋愛小説

こんばんは、紫栞です。 今回は乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』をご紹介。 あらすじ・概要 『イニシエーション・ラブ』は2004年に刊行された恋愛小説。乾くるみさんは【タロウ・シリーズ】というタロットをモチーフにしたシリーズを書かれているの…

『続巷説百物語』6編 あらすじ・解説 シリーズ第二弾!敵は”死神”

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『続(ぞく)巷説百物語』をご紹介。 『続巷説百物語』は江戸時代を舞台に、御行の又市率いる一味が公には出来ぬ厄介事の始末を金で請け負い、妖怪譚を利用した仕掛けで解決させていく妖怪小説のシリーズ【巷説百…

木内一裕 『ドッグレース』矢能シリーズ第4弾!今度はヤバい人捜し!

こんばんは、紫栞です。今回は木内一裕さんの『ドッグレース』をご紹介。 あらすじ ドラッグ密売人の児島康介は、ある日顧客の一人であるガスからドラッグ料金の代わりとして高級腕時計とネックレスを受け取った。翌日、人気俳優・松村保と歌姫・夏川サラが…

『復讐の協奏曲(コンチェルト)』あらすじ・感想 シリーズ5作目。明かされる洋子さんの謎!

こんばんは、紫栞です。 今回は中山七里さんの『復讐の協奏曲(コンチェルト)』をご紹介。 あらすじ 三十年前、十四歳のときに5歳の少女を惨殺し、〈死体配達人〉と呼ばれて少年院に入った過去を持つ弁護士・御子柴礼司。〈この国のジャスティス〉と名乗るブ…

『巷説百物語』7編 あらすじ・解説 シリーズ開幕の第一弾!

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『巷説百物語』をご紹介。 江戸時代を舞台に、御行の又市率いる一味が公には出来ぬ厄介事の始末を金で請け負い、妖怪譚を利用した仕掛けで解決させていく妖怪小説のシリーズ【巷説百物語シリーズ】。『巷説百物…

『御手洗潔シリーズ』 順番・概要まとめ

こんばんは、紫栞です。 今回は島田荘司さんの【御手洗潔シリーズ】の概要・順番などをご紹介。 御手洗潔シリーズとは 占星術師だったり私立探偵をしていたり脳科学者だったりする変人秀才男・御手洗潔を探偵役とする推理小説のシリーズ。 物語りの語り手は…

『今昔百鬼拾遺-月』雑記

こんばんは、紫栞です。 今回は京極夏彦さんの『今昔百鬼拾遺-月』(こんじゃくひゃっきしゅういーつき)について少し。 『今昔百鬼拾遺-月』は2019年4月から6月にかけて「講談社」「角川」「新潮社」の3社横断3ヶ月連続刊行された『今昔百鬼拾遺 鬼』『今…

『朱色の研究』あらすじ・ネタバレ感想 作家アリスシリーズ初期の代表作!

こんばんは、紫栞です。 今回は有栖川有栖さんの『朱色の研究』をご紹介。 あらすじ 「二年前の夏のことです。・・・・・・私の知っている人が殺されたんです。犯人は、まだ捕まっていません」 夕焼けで一面朱色に染まった大学の研究室で、火村英生はゼミの生徒・…

『Another2001』ネタバレ解説!  ”あれ”から3年。最凶の〈災厄〉が訪れる!

こんばんは、紫栞です。 今回は綾辻行人さんの『Another2001』をご紹介。 あらすじ 1972年の“ある生徒の死”がきっかけとなり、関係者に死人が続出する〈災厄〉に見舞われるようになってしまった夜見山北中学三年三組。 なかでも多くの犠牲者が出た1998年の〈…

『危険なビーナス』原作小説 ネタバレ・感想

こんばんは、紫栞です。 今回は東野圭吾さんの『危険なビーナス』を読みましたので感想を少し。 あらすじ 「始めまして、お義兄様っ」 四十代、独身、獣医である伯郎。ある日、彼のもとに弟・明人の妻だという女性・楓から電話がかかってきた。 楓の話による…

『望み』映画の原作小説をネタバレ紹介! 息子は被害者か、加害者か?

こんばんは、紫栞です。 今回は雫井脩介さんの『望み』をご紹介。 あらすじ 石川家は建築デザイナーの一登と、在宅で校閲の仕事をしている貴代美夫妻に、高校一年生の息子・規士、中学三年生の娘・雅の四人家族。 とくに大きな問題もなく、平穏に暮らしてい…

【御手洗潔シリーズ】スピンオフ三作品、まとめて紹介!

こんばんは、紫栞です。 今回は島田荘司さんの【御手洗潔シリーズ】のスピンオフをまとめてご紹介。 【御手洗潔シリーズ】は御手洗潔を探偵役に、主に石岡和己がワトソン役として語り手を務めるシリーズ。 www.yofukasikanndann.pink スピンオフとはいうもの…

『ウォーターゲーム』感想 ”太陽は動かない”の【鷹野一彦シリーズ】完結!?

こんばんは、紫栞です。 今回は吉田修一さんの『ウォーターゲーム』をご紹介。 あらすじ 福岡の相楽ダムが突如決壊。濁流が町を呑み込み、数百人の死者をだす大惨事となった。 このダム決壊は水道事業自由化の利権を勝ち取るために計画された爆破テロなのか…

『沈黙のパレード』ネタバレ・感想 ガリレオシリーズ、再始動の長編!

こんばんは、紫栞です。 今回は東野圭吾さんの『沈黙のパレード』をご紹介。 あらすじ 町の人々から愛された定食屋「なみきや」の看板娘・並木沙織。彼女は十九歳の時に突如行方不明となった。 三年後、彼女の遺体は縁もゆかりもないはずのゴミ屋敷から老女…

ガリレオシリーズ 9冊一挙に紹介! 順番、ドラマ・映画との違い諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。 今回は東野圭吾さんの小説シリーズ【ガリレオシリーズ】をまとめてご紹介。 概要 【ガリレオシリーズ】は帝都大学理工学部物理学科助教授(准教授)の湯川学が探偵役を務める推理小説のシリーズ。 パターンとしては、警視庁捜査一課の…

『生ける屍の死』あらすじ・ネタバレ感想 特殊設定ものの名作~

こんばんは、紫栞です。今回は山口雅也さんの『生ける屍の死』をご紹介。 あらすじ 1990年代末、アメリカ各地では不可解な死者の蘇り事件が頻発していた。ニューイングランドの片田舎・トゥームズヴィルでバーリイコーン一族が経営している大規模な霊園「ス…

『濱地健三郎の幽たる事件簿』7編の感想・あらすじ シリーズ第2弾!

こんばんは、紫栞です。今回は有栖川有栖さんの『濱地健三郎の幽たる事件簿』(はまじけんざぶろうのかくれたるじけんぼ)をご紹介。 幽霊を視る能力があり、心霊現象を専門に扱う探偵・濱地健三郎とその助手・志摩ユリエが様々な怪異に相対していく連作短編集…

『太陽は動かない』映画 原作小説2作 まとめて紹介!

こんばんは、紫栞です。今回は吉田修一さんの『太陽は動かない』『森は知っている』の二作品の紹介と感想を少し。 鷹野一彦シリーズ『太陽は動かない』『森は知っている』は産業スパイの鷹野一彦を主役とした【鷹野一彦シリーズ】のうちの二作。シリーズは20…

七瀬ふたたび シリーズ三作品 小説・ドラマ・映画・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は筒井康隆さんの【七瀬シリーズ】を紹介したいと思います。 【七瀬シリーズ】(「七瀬三部作」「七瀬もの」)は1972年から1977年の間に刊行された筒井康隆さんの初期の代表的シリーズ。生まれながらに人の心を読むことが出来る精神…