夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

小説

『濱地健三郎の幽たる事件簿』7編の感想・あらすじ シリーズ第2弾!

こんばんは、紫栞です。今回は有栖川有栖さんの『濱地健三郎の幽たる事件簿』(はまじけんざぶろうのかくれたるじけんぼ)をご紹介。 幽霊を視る能力があり、心霊現象を専門に扱う探偵・濱地健三郎とその助手・志摩ユリエが様々な怪異に相対していく連作短編集…

『太陽は動かない』映画 原作小説2作 まとめて紹介!

こんばんは、紫栞です。今回は吉田修一さんの『太陽は動かない』『森は知っている』の二作品の紹介と感想を少し。 鷹野一彦シリーズ『太陽は動かない』『森は知っている』は産業スパイの鷹野一彦を主役とした【鷹野一彦シリーズ】のうちの二作。シリーズは20…

七瀬ふたたび シリーズ三作品 小説・ドラマ・映画・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は筒井康隆さんの【七瀬シリーズ】を紹介したいと思います。 【七瀬シリーズ】(「七瀬三部作」「七瀬もの」)は1972年から1977年の間に刊行された筒井康隆さんの初期の代表的シリーズ。生まれながらに人の心を読むことが出来る精神…

犬養隼人シリーズ 4作まとめて紹介!あらすじ・概要・映画など~

こんばんは、紫栞です。今回は中山七里さんの【刑事犬養隼人シリーズ】をまとめたいと思います。 犬養隼人シリーズとは犬養隼人は警視庁捜査一課の刑事として、中山七里さんの作品に度々登場する人物。各シリーズで世界観を同じくしている中山七里作品ではお…

『罪の声』ネタバレ・感想「グリコ・森永事件」をモチーフにした”まるで真実”な小説!

こんばんは、紫栞です。今回は塩田武士さんの長編小説『罪の声』をご紹介。 2020年公開の映画『罪の声』と、現在【イブニング】にて連載されている漫画『罪の声 昭和最大の未解決事件』の原作小説ですね。 あらすじ2015年夏。京都で紳士服のテーラーを営む曽…

『虚構推理』アニメ・漫画の原作小説 概刊3冊まとめて紹介!全てが嘘の屁理屈合戦小説

こんばんは、紫栞です。今回は城平京さんの『虚構推理』(小説版)をまとめて紹介したいと思います。 2020年1月から放送されていた連続アニメの原作小説。著者の城平京さんは『スパイラル~推理の絆~』を始めとした漫画原作で有名な作家さん。 www.yofukasikann…

『啄木鳥探偵處』(きつつきたんていどころ)アニメ、原作小説 あらすじ・登場人物まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は伊井圭さんの『啄木鳥探偵處』(きつつきたんていどころ)をご紹介。 虚実が入り混じった明治探偵譚今作は1999年に刊行された本です。作者の伊井圭さんはこの本の第一話「高塔奇譚」で受賞して1996年にデビュー。2014年に亡くなら…

『富豪刑事』アニメ・ドラマの原作小説 とんでもないお金の使い方が面白い!推理小説

こんばんは、紫栞です。今回は筒井康隆さんの小説『富豪刑事』を紹介したいと思います。 ドラマ・アニメの原作小説『富豪刑事』は1975年から1977年にかけて4編発表された連作短編小説。今からおよそ40年前の作品ですね。 筒井さんは小説家としては『時をかけ…

有栖川有栖『幽霊刑事』[新版]のススメ~

こんばんは、紫栞です。今回は有栖川有栖さんの『[新版]幽霊刑事』をオススメしたいと思います。 新版こちらは『幽霊刑事』と書いて「ゆうれいデカ」と読ませるタイトルの作品。 連載されたのは1999年~2000年で、その後2000年~2003年の間に講談社から単…

森博嗣 シリーズ つながり・順番・概要まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は森博嗣さんの各小説シリーズの順番・繋がり・概要をまとめたいと思います。 森博嗣さんの小説シリーズは厄介なことに一部作品を除いて同じ世界観の時系列で繋がっています。シリーズで世界観を同じくし、人物や出来事を繋がるよ…

「巴里マカロンの謎」4編のあらすじ・感想 11年ぶり、小市民シリーズ最新刊!

こんばんは、紫栞です。今回は米澤穂信さんの『巴里マカロンの謎』をご紹介。 11年ぶり!小市民シリーズ『巴里(パリ)マカロンの謎』は米澤さんの青春ミステリシリーズ・【小市民シリーズ】の新作。1月末に刊行されていたようで、本屋で見かけて慌てて購入し…

『邪魅の雫』ネタバレ・感想・解説

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『邪魅の雫』をご紹介。 あらすじ昭和二十八年秋。探偵・榎木津礼二郎の元に三度の縁談話が持ち込まれるも、何故か本人達を引き合わせる前に最初は乗り気だった先方から軒並み断られるということが続いていた。先…

スマホを落しただけなのに3 戦慄するメガロポリス ネタバレ・感想

こんばんは、紫栞です。今回は志駕晃さんの『スマホを落しただけなのに 戦慄するメガロポリス』をご紹介。 あらすじ都内の清掃人材派遣会社に勤めている粟野有希は、公園で食事をしている最中にベンチの下で鳴りだしたスマホを拾う。無事落とし主である瀧嶋…

スマホを落しただけなのに2 続編小説 ネタバレ・あらすじ 囚われの殺人鬼のその後~

こんばんは、紫栞です。今回は志駕晃さんの『スマホを落しただけなのに 囚われの殺人鬼』をご紹介。 あらすじクラッキング技術を使い、長い黒髪の女性ばかりを狙って殺害して山中に埋めていた「丹沢山中連続殺人事件」の犯人を逮捕した神奈川県警。丹沢山中…

「百鬼夜行 陽」10編のあらすじ・繋がりまとめ ~”あの”長編はどうなっている!?な短編集

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『百鬼夜行-陽』をご紹介。 サイドストーリーズ第二弾『百鬼夜行-陽』は短編妖怪小説集で【百鬼夜行シリーズ】(京極堂シリーズ) www.yofukasikanndann.pink のサイドストーリーズの第二弾。概要は『百鬼夜行-…

「シライサン」原作小説 あらすじ・解説 戦慄の”仕掛け”徹底解剖!

こんばんは、紫栞です。今回は乙一さんの『シライサン』をご紹介。 あらすじ大学生の山村瑞紀は親友・加藤香奈の変死を目の前で目撃する。喫茶店で会話をしていた最中に突如なにかに怯えだし、両目の眼球を破裂させるという凄絶な死に様だった。しかし調査の…

『アリバイ崩し承ります』原作小説 あらすじ・紹介 上質の”アリバイ崩し”ミステリ7編

こんばんは、紫栞です。今回は大山誠一郎さんの『アリバイ崩し承ります』をご紹介。 2020年1月からテレビ朝日系の土曜ナイトドラマ枠で放送開始される連続ドラマの原作本ですね。 アリバイ崩しに特化した短編集『アリバイ崩し承ります』は数あるミステリの分…

「百鬼夜行 陰」まとめ 10編、事件・人物の繋がり一覧

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『百鬼夜行-陰』をご紹介。 サイドストーリーズ『百鬼夜行-陰』は【百鬼夜行シリーズ】(京極堂シリーズ) www.yofukasikanndann.pink の各作品に登場する人物・関わった人物を主役とした妖怪小説の短編集。【百…

『カナダ金貨の謎』感想 有栖川版国名シリーズ第10弾!

こんばんは、紫栞です。今回は有栖川有栖さんの『カナダ金貨の謎』をご紹介。 【作家アリスシリーズ】(火村英生シリーズ) www.yofukasikanndann.pink のなかの講談社で刊行している“有栖川版国名シリーズ”第10弾です。 www.yofukasikanndann.pink 2019年9月…

屍人荘の殺人 続編!「魔眼の匣の殺人」感想・解説~〇〇〇に続き、今度は予言!?

こんばんは、紫栞です。今回は今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人』(まがんのはこのさつじん)をご紹介。 あらすじ夏に起こった娑可安湖集団感染テロ事件から数ヶ月が経ち、季節は冬。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子はテロ事件に深く関わっていたと…

御子柴礼司シリーズ 4作品まとめて紹介!あらすじ・順番・他作品との繋がりなど~

こんばんは、紫栞です。今回は中山七里さんの【御子柴礼司シリーズ】(みこしばれいじシリーズ)4作品をまとめてご紹介。 御子柴礼司シリーズとはすこぶる優秀だが、被告に多額の報酬を要求する悪辣弁護士・御子柴礼司を主人公としたリーガル・サスペンスのシ…

『陰摩羅鬼の瑕』(おんもらきのきず) ネタバレ・解説

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『陰摩羅鬼の瑕』(おんもらきのきず)をご紹介。 あらすじ「おお!そこに人殺しが居る!」関係者一同が集う場面に突如躍り出た探偵・榎木津礼二郎は、事件が起こる前に威勢良く犯人を指摘した――。 昭和二八年七月…

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』弁護士・御子柴礼司 モデル・他作品との繋がり解説~

こんばんは、紫栞です。今回は中山七里さんの『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』をご紹介。 あらすじ御子柴礼司はどんな罪状で起訴されようが、必ず執行猶予を勝ち取るかわりに、被告に多額の報酬を要求することでウラの筋では有名な悪辣弁護士。かつての名前は『園部…

『バードドッグ』あらすじ・感想 極道探偵による推理はいかに?

こんばんは、紫栞です。今回は木内一裕さんの『バードドッグ』をご紹介。 あらすじ元ヤクザの探偵・矢能政男は或る日、日本最大の暴力団「菱口組」の直参組長の中でも唯一都内に本部事務所を構えている実力者、燦宮会会長・二木善治朗によって電話での呼び出…

Cocco 本のまとめ 絵本・エッセイ・小説・・・一挙に紹介!

こんばんは、紫栞です。今回はCoccoの書籍について、まとめてご紹介。 Coccoは主にシンガーソングライターとして世間的には認知されているとは思いますが、実は本も結構な数を出していまして、エッセイ・絵本・小説と作家活動は多岐にわたっています。私個人…

屍人荘の殺人(しじんそうの殺人) 感想 ネタバレ厳禁!トンデモ展開ミステリ!

こんばんは、紫栞です。今回は今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』をご紹介。 第27回鮎川哲也賞、第18回本格ミステリ大賞受賞作。 あらすじ神紅大学ミステリ愛好会。メンバーは会長の明智恭介と後輩の葉村譲の二人のみ。「神紅のホームズ」と学内で呼ばれ、謎解…

『Iの悲劇』感想 米澤穂信によるミステリ悲喜劇

こんばんは、紫栞です。今回は米澤穂信さんの『Iの悲劇』(あいのひげき)をご紹介。 2019年9月26日に刊行された新刊ですね。 増税前に本屋行っとこうと行った先で平積みになっているのを発見してそのまま購入。この単行本の著者紹介に「現在もっとも新作が待…

『ゼロの焦点』原作小説・映画2本まとめ 松本清張自らが宣言する代表作~

こんばんは、紫栞です。今回は松本清張の『ゼロの焦点』をご紹介。 あらすじ昭和三十三年。板根禎子は広告代理店に勤める鵜原憲一と見合い結婚をした。式を挙げ、信州から木曾を巡る新婚旅行を終えた十日後、憲一は仕事の引き継ぎの為に金沢へ行ってくると旅…

『影踏み』映画の原作小説 ネタバレ・感想 横山秀夫の異色の連作短編集~

こんばんは、紫栞です。今回は横山秀夫さんの『影踏み』をご紹介。 2019年秋に上映予定の映画『影踏み』の原作本ですね。 あらすじ忍び込みのプロ・ノビ師として「ノビカベ」と刑事達の間で綽名される真壁修一は、盗みのため深夜に侵入した稲村家の夫婦の寝…

映画『楽園』原作『犯罪小説集』5篇すべてにモデルの事件がある?ネタバレ・解説

こんばんは、紫栞です。今回は吉田修一さんの『犯罪小説集』をご紹介。 『犯罪小説集』というタイトルの通り、犯罪にまつわるお話が5篇収録された短篇集で、各話大体70ページほど。 実際にあった事件をヒントにして書いたものを何作かまとめて本にしたいとい…