夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

漫画

『アドルフに告ぐ』手塚治虫の最高傑作!?ネタバレ・考察

こんばんは、紫栞です。 今回は手塚治虫さんの『アドルフに告ぐ』をご紹介。 あらすじ これは アドルフと呼ばれた 三人の男たちの物語である 彼ら三人はそれぞれちがった人生をたどりながら 一本の運命の糸に結ばれていた 最後のアドルフがこうして死んだ今 …

『金田一37歳の事件簿』11巻 ネタバレ・感想 犯人との頭脳バトル!その結末は・・・?

こんばんは、紫栞です。 今回は『金田一37歳の事件簿』11巻の感想を少し。 一瞬「え?オペラ座?」ってなる表紙ですが・・・ま、違います。怪人出しまくっている漫画なので、デザインもかぶっちゃいますよね(^_^;)。 11巻も通常版のみ。収録内容は9巻から続いて…

『秘密season0』10巻 ネタバレ・感想 〈悪戯〉編、完!“イタズラ”の結末は?

こんばんは、紫栞です。 今回は清水玲子さんの『秘密season0』10巻をご紹介。 『秘密-THE TOP SECRET』 www.yofukasikanndann.pink の「スピンオフシリーズ」と銘打たれて始まった『秘密season0』も、今作で10冊目。もはや何が「スピンオフ」で、何が「se…

『金田一37歳の事件簿』10巻 あらすじ・感想 おぞましい小説見立て殺人!

こんばんは、紫栞です。 今回は『金田一37歳の事件簿』10巻の感想を少し。 この表紙絵、最初見たとき「え?高校生に戻った?」とか一瞬思ってしまった(^_^;)。37歳のシリーズが始まってからは表紙絵もずっとスーツ姿が続いていましたからね。こういう姿だと…

『岸辺露伴 ルーブルへ行く』あらすじ・感想 読んで、“見る”。アートなマンガ作品!

こんばんは、紫栞です。 今回は荒木飛呂彦さんの『岸辺露伴 ルーブルへ行く』をご紹介。 ルーブルへ行くッ! 『岸辺露伴 ルーブルへ行く』は2009年にフランス・パリのルーブル美術館が展開するBD(バンド・デシネ)プロジェクトの第五弾作品と書き下ろされたフ…

『金田一37歳の事件簿』9巻 ネタバレ・感想 オカルト事件決着。フミ登場!

こんばんは、紫栞です。 今回は『金田一37歳の事件簿』9巻の感想をまとめたいと思います。 前巻の予告では3月発売予定となっていましたが、一ヶ月遅れての4月発売でしたね。 後ろの元気そうな女性や「あ」「や」などの字が気になる表紙。当然ながら、中身を…

『The Book』(ザ・ブック) ジョジョ 小説 乙一による力作!ネタバレ・感想

こんばんは、紫栞です。 今回は乙一さんの『The Book ~jojo’s bizarre adventure 4th another day~』をご紹介。 あらすじ 2000年1月、杜王町。ぶどうヶ丘学園高等部一年の廣瀬康一と漫画家の岸辺露伴は、コンビニの前で全身が血に汚れたまま歩いている猫と…

『人間昆虫記』ネタバレ・解説 手塚治虫が描く悪女の生き様

こんばんは、紫栞です。 今回は手塚治虫さんの『人間昆虫記』をご紹介。 あらすじ 恒例の芥川賞の授賞式がプリンスホテルで行われた。受賞したのは十村十枝子(本名、臼場かげり)。十枝子の堂々とした美しい姿がテレビで放送されているのをみながら、彼女の本…

『岸辺露伴は動かない』漫画 1・2巻 あらすじ紹介 露伴の奇妙な見聞録~

こんばんは、紫栞です。 今回は荒木飛呂彦さんの『岸辺露伴は動かない』を簡単にご紹介。 『岸辺露伴は動かない』は日本を代表する漫画作品の一つで超長期連載されている『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイアモンドは砕けない」に登場する、スタンド能力…

『MW(ムウ)』ネタバレ・解説 手塚治虫が描く「同性愛」と「サイコパス」

こんばんは、紫栞です。 今回は手塚治虫さんの『WM(ムウ)』をご紹介。 あらすじ エリート銀行員である結城美知夫には、凶悪な連続殺人犯という裏の顔があった。犯行を重ねて追い詰められるたび、神父・賀来巌のいる教会に訪れて懺悔し、逃がしてもらうといっ…

『金田一37歳の事件簿』8巻 ネタバレ・感想 ポルターガイストで人が死ぬ!?恐怖の館事件

こんばんは、紫栞です。 今回は『金田一37歳の事件簿』8巻をご紹介。 今回もオマケ付きの特別版などはなく、通常版のみの刊行。なんか、丸顔に見える絵ですね…。 8巻は前巻から引き続き「騒霊館殺人事件」が収録されています。犯人を指摘する一歩手前までです…

『秘密season0』9巻〈悪戯〉感想 須田光の過去とは?

こんばんは、紫栞です。 今回は清水玲子さんの『秘密season0』9巻〈悪戯〉をご紹介。 前作から一年二ヶ月ぶりの新刊。8巻からスタートした「悪戯(ゲーム)」編 www.yofukasikanndann.pink の続きと読み切り作品の〈目撃〉が収録されています。表紙絵はこれま…

『犯人たちの事件簿』10巻 感想 今度こそ本当の完結!ありがとう犯人たち~

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一37歳の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』10巻の感想をば。 ついにホントの最終巻です! こちらの表紙はKCコミック『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(上)』のパロディ。 本家よりバックの人数が多いですが。本編を読み終…

『金田一37歳の事件簿』7巻 ネタバレ 玲香ちゃん登場!で、色々考察

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一37歳の事件簿』7巻の感想・気になる点などをまとめたいと思います。 この表紙絵のシチュエーションはなんだ!?って感じですが、作中での一コマです。前巻同様、今巻も特装版などはない通常版のみでの販売。 7巻は前巻…

『犯人たちの事件簿』9巻 感想 本当の完結まで、あと1冊!!

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』9巻をご紹介。 今巻はKCコミック『金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件』のパロディ表紙。 本家のこの頃のはじめちゃんは顔が幼い。これは『探偵学園Q』の連載を経ての絵柄の影…

秘密-トップ・シークレット6巻「コンビニ店員惨殺事件」ネタバレ・あらすじ

こんばんは、紫栞です。今回は清水玲子さんの『秘密-トップ・シークレット』 www.yofukasikanndann.pink 6巻収録の「コンビニ店員惨殺事件」をご紹介。あと「特別編」も。 あらすじ2059年8月。コンビニエンスストア店員の小島郁子が同僚である山崎正、神内…

七瀬ふたたび シリーズ三作品 小説・ドラマ・映画・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は筒井康隆さんの【七瀬シリーズ】を紹介したいと思います。 【七瀬シリーズ】(「七瀬三部作」「七瀬もの」)は1972年から1977年の間に刊行された筒井康隆さんの初期の代表的シリーズ。生まれながらに人の心を読むことが出来る精神…

金田一少年の事件簿 ドラマ 四代目まで一挙まとめて紹介!

こんばんは、紫栞です。今回は【金田一少年の事件簿】の歴代ドラマを一挙に紹介したいと思います。 私は【金田一少年の事件簿】の原作漫画は全巻所持して読破している長年のファンですが、実写ドラマの方もリアルタイムですべて観ていました。そもそも金田一…

『罪の声』ネタバレ・感想「グリコ・森永事件」をモチーフにした”まるで真実”な小説!

こんばんは、紫栞です。今回は塩田武士さんの長編小説『罪の声』をご紹介。 2020年公開の映画『罪の声』と、現在【イブニング】にて連載されている漫画『罪の声 昭和最大の未解決事件』の原作小説ですね。 あらすじ2015年夏。京都で紳士服のテーラーを営む曽…

『虚構推理』アニメ・漫画の原作小説 概刊3冊まとめて紹介!全てが嘘の屁理屈合戦小説

こんばんは、紫栞です。今回は城平京さんの『虚構推理』(小説版)をまとめて紹介したいと思います。 2020年1月から放送されていた連続アニメの原作小説。著者の城平京さんは『スパイラル~推理の絆~』を始めとした漫画原作で有名な作家さん。 www.yofukasikann…

『犯人たちの事件簿』8巻 感想 グランドフィナーレ感だが・・・?

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』8巻を読んだので感想をひとしきり。 『金田一37歳の事件簿』6巻と同じく、こちらも買うのがいつもより遅くなってしまって悔しいところですが。 www.yofukasikanndann.pink 今巻の表…

『金田一37歳の事件簿』6巻 ネタバレ感想 再びの異人館ホテル!そして、”あの”女性が・・・

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一37歳の事件簿』6巻を読んだので、あらすじや感想をひとしきり。 3月にはもう発売されていたのですが、諸事情で色々とあって発売に気が付くのが遅くなってしまいました。新刊は発売されたらすぐに読むように毎回心がけて…

「シライサン」原作小説 あらすじ・解説 戦慄の”仕掛け”徹底解剖!

こんばんは、紫栞です。今回は乙一さんの『シライサン』をご紹介。 あらすじ大学生の山村瑞紀は親友・加藤香奈の変死を目の前で目撃する。喫茶店で会話をしていた最中に突如なにかに怯えだし、両目の眼球を破裂させるという凄絶な死に様だった。しかし調査の…

『金田一37歳の事件簿』5巻 ネタバレ・感想 華道家事件決着。そして“あの”ホテル再び・・・!

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一37歳の事件簿』5巻をご紹介。 2019年10月23日に発売された今巻。通常版と特装版ありで、特装版の方は「激レアポストカードブック」付き。 金田一37歳の事件簿(5)特装版 (プレミアムKC) 作者: さとうふみや,天樹征丸 出…

『犯人たちの事件簿』7巻 感想 Caseシリーズ突入~

こんばんは、紫栞です。今回は【金田一少年の事件簿】シリーズのスピンオフ漫画『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(7)』をご紹介。 今回はKCコミックの【金田一少年の事件簿】Caseシリーズの第1巻(全体で数えるなら28冊目)の表紙パロディ。 この『…

『ばるぼら』あらすじ・ネタバレ解説 手塚治虫の芸術論~

こんばんは、紫栞です。今回は手塚治虫の『ばるぼら』をご紹介。 あらすじ美倉洋介は耽美主義をかざして文壇にユニークな地位を築いた流行作家。作品はいくつか海外にも紹介され、多くのファンを持つ。しかしその実、美倉は自身の異常性欲に日々悩まされてい…

『秘密season0』8巻〈悪戯〉感想・あらすじ ”ゲーム編”始動!

こんばんは、紫栞です。今回は清水玲子さんの『秘密season0』8巻〈悪戯〉をご紹介。 あらすじ2068年4月。小学校で給食の残りのパンに1個だけ辛子入りを混ぜて順に食べていくゲームをしていた女児のうちの一人・小岩瞳子が、その中にたまたま入っていたピー…

『犯人たちの事件簿』6巻 感想 ファイルシリーズ完結!

こんばんは、紫栞です。今回は【金田一少年の事件簿】シリーズの犯人視点スピンオフ漫画『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』6巻の感想を少し。 この表紙はKC27巻のパロディ。 27巻はFILEシリーズの最終巻なので、このような如何にも最終刊っぽい画…

『金田一37歳の事件簿』4巻 あらすじ・感想 ”ベタ”がてんこ盛りの華道家事件

こんばんは、紫栞です。今回は2019年6月21日に発売された『金田一37歳の事件簿』4巻をご紹介。 今回も今までと同様に限定版と通常版での二形態での刊行ですね。通常版は680円。 金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC) 作者: さとうふみや,天樹征丸 出版社/メ…

『奇子』(あやこ) ネタバレ・解説 子供に読ませてはダメ!?手塚治虫のタブーだらけの代表作

こんばんは、紫栞です。今回は手塚治虫の『奇子』をご紹介。 あらすじ昭和二十四年。天下仁朗は戦争から復員し、久しぶりに四百年続く大地主の旧家・天下家に帰ってきた。天下家には仁朗が戦争に行っている五年の間に「奇子」という四歳になる妹が出来ていた…