夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

名探偵コナン1巻 だらだらと駄文~

こんばんは、紫栞です。

前回の記事で名探偵コナン93巻・最新刊の感想を書きましたが、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

最新刊の後にちょっと原点に立ち返ってみようって事で、今回は名探偵コナン第1巻の内容について少し。

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)

 

私は三ヶ月間ぐらいの間に全巻一気読みした訳ですが、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

やはり全巻通して考えてみても一番衝撃的なのはこの第1巻だと思います。(いろんな意味で)

 

一気読みを実施する前に幼少期にアニメで観てたり、友達の家で読んでいたりで1巻の内容はほぼ頭に入っていたんですが・・・と、いうか特に『体がちぢんでしまった!!』の箇所は日本国民の大半が知っている常識のようなものの気もしますが(^_^;)

細かい箇所は20年ほどの時を経て忘れていたので改めて読んでみて「こんなだったっけ?」となんだか驚き。あの頃の私、何の疑問も持たずにコレ観て・読んでいたのか~と。

 

 

まずオープニング部分の事件ですが“壁づたいに2メートル屋根に登る”ってけっこ~な力業ですよね?犯人の御主人、足が治っているとはいえお世辞にも身軽そうな体型していないですし。また怪我するよ。

トロピカルランドのジェットコースターでの事件・・・乗る前に知らない女性の手をいきなり握っていますが、コレ、端から見ると変質者的所業ですよね。しかも言う内容が要約すると「アナタのスカートの中、覗きました」だし(笑)どうかと思う。私ならこんな男と並んで歩きたくない。

 

このジェットコースターの事件に関してはツッコミどころ満載ですね。

殺害方法がグロすぎるのもそうですが、あんな状態だとコースターの同乗者、皆血まみれになるだろうし(特に被害者の真後ろのウォッカはね)、体操部員なら出来るとか・・・お前はどんだけ体操部員を過大評価しているんだできんわ!だし涙の後が動かぬ証拠だ」って・・・いやいや、全然動くでしょ。そんなものが証拠になるか!

ちなみにこのトリック、ワイヤーの輪っかが新一に誤ってかかってしまう可能性も大いにあるよね・・・そしたら新一の首が吹っ飛んでいたわけで・・・恐ろしい事だ(-_-)

 

・・・・・・等々。もう言い出すときりが無いですが。

 

よくこのトリックを記念すべき一話目で持ってきたもんだなぁ。一話目ならもっと熟考すると思うんですけど・・・まぁビジュアル的インパクトはかなりありますけどね。友達は「今の世ならあの死に方、規制かかっても可笑しくないんじゃね?」と言ってました。う~ん。確かにそうかも。

 

あと“いかにも怪しい二人”のジンとウォッカですが、新一に『オロオロしてるから』って理由で容疑者から外されてるの、なんかオカシイ(笑)ウォッカはともかく、ジンがこんなにオロオロしてるのは後のも先にもこの場面のみですね。

あの格好で二人で並んでコースターに乗ってるのも即職質かけられるレベルの違和感ですが(取引相手の確認の為らしい)。たなびくんでしょ。ジンの髪がさ(笑)

 

で、この後、薬飲まされて『体がちぢんでしまった!!』のですが、ちぢんだのに気付くのいくら何でも遅いですよね。どうした名探偵。それとも、混乱してるとこんなもんなんですかね。まぁ頭も殴られてるしな。

 

最初の頃は絵柄が丸っぽく、等身も短くてコメディ色が強いですね(曲線から直線になっていくのは他の漫画家さんでもよくある傾向ですが)。

お話の方もそうで、体がちぢんですぐの少女誘拐事件のところでは何故かコナンが犬を馬のように乗りこなして捜査するという信じがたい画面があるし、ヨーコちゃんの事件のときは小五郎のおっちゃんを気絶させるために灰皿蹴りつけるし。死んじゃうわよ!!(もっとも、これは今でも似たような事していたりしますが)

今と比べると絵柄もストーリー全体の雰囲気もだいぶ変化しましたね。90冊以上も描いてたらそら変わるだろって感じではありますが。殺人を扱うからにはシリアス度が増していくのは必然なのかも知れません。

 

しかし、1巻を読んでの一番の衝撃はやはり蘭のツノが無いことですかね。

いやはや、ビックリした。今や蘭といえばツノ、ツノといえば蘭ですからね。

髪型がまだ定まってなかったのですね。完成型が今のあの鋭角的なツノってのもなんたる自体だと思いますが。どういう経緯をたどったらあの着地点になるんですかね。もうこの漫画の最大の謎かも。

ちなみに、コナンの髪型もまだ定まってないですね。この髪型も謎だよなぁ・・・。

 

 

長期連載なのでコミックスの途中から読み始めたって人も多いかと思いますが、是非1巻読んでみることをオススメします。新たな発見があるよ。きっと。

 

 

 

ではではまた~

 

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)