夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

狂骨の夢 ネタバレ あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。
今回は京極夏彦さんの狂骨の夢を紹介したいと思います。

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

百鬼夜行シリーズの第三作目ですね。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

あらすじ
「妾は人を殺したことがあるんでございますよ」

釣り堀屋の主人・伊佐間一成は逗子の海岸で朱美という女と出会う。風邪を引き、熱で朦朧としている伊佐間を介抱しつつ、朱美は自信の半生を語り出す。そして伊佐間に「妾は人を殺したことがある」と、告げるのだが――。

一方、元精神神経科の医師で、現在は逗子にあるキリスト教会に寄宿している降旗弘とその教会の牧師・白丘亮一もまた、朱美という女から、死んでいるはずの前夫・伸義が自分の前に何度も訪れ、その度に自分は伸義を絞め殺し、首を切っているという話を告白される。

彼女は大物作家・宇田川崇の妻だった。関口巽は宇田川から記憶喪失の妻の言動についての相談を受ける。「死人が何度も蘇る」といった妄想としか思えぬ内容だが、ただの妄想とは断言出来ぬ事柄が多々あった。宇田川は探偵の榎木津に調査を依頼したいので紹介してくれと関口に頼むのだが、後日、事態は思わぬ展開に。
さらに“海に漂う金色髑髏”“山中での集団自決”と、怪事件が続発して――。

夢と骨と首にまみれた怪事件の数々は、どのように繋がるのか。京極堂は関係者の「憑き物」を落とせるのか。

「今回は高いぞ」

 

 

 

 

(本の厚さが)薄い?
狂骨の夢』はシリーズ二作目の魍魎の匣と、四作目の鉄鼠の檻の巨大長編に挟まれていて、本棚に並んでいるのを見てみると(本の厚さが)薄く思えて、京極作品経験者からすると「楽勝」とか錯覚してしまったりするかも知れませんが、それはあくまで“錯覚”であり、最初の講談社ノベルス版で600ページはあるのだから普通に考えれば十分超大作なのですよ。コレを見て薄いとか感じるなら、それはもう京極作品に毒されてきている証拠ですね、きっと。
実際、私も初読のときは『魍魎の匣』読み終わった直後に『狂骨の夢』の厚さを見て「魍魎読みきれたんだからこのこれぐらい楽勝だよね」とか変な自信を持って読み始めたものの、心理学や宗教のウンチクで(と、いうか降旗に)結構苦しめられた記憶が(^^;)

とはいえ、今回久しぶりに再読してみたところ、やっぱり短いというか、コンパクトに纏まっているお話だって気が(あくまで当社比なんでしょうけど)。ウンチク部分もさほど苦にならずに読めました。私も長年京極作品を読んできて鍛えられたのかしら(笑)

 

また、『狂骨の夢』は前作における重要人物の葬儀の場面が最初の方に入るので、『魍魎の匣』の後日談とも位置づけられます。

 

 

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

この葬儀の部分も一見無関係に思えますが、京極堂の長話の中に今作への“仄めかし”になるヒントが語られているので要注意。

 

 

 

ミステリイズ
狂骨の夢』は、夢と現実の境界が曖昧になるような幻想小説的な印象が先に来ますが、シリーズ内ではミステリ色が強い作品でもあります。
金色髑髏事件逗子湾生首事件二子山集団自殺事件兵役忌避者猟奇事件朱美の家族が焼死した事件各地を掘り歩く謎の神主事件、これら数々の事件は全部繋がったひとつの事件であり、終盤で一気に絵解きされる京極堂の「憑き物落とし」は圧巻です。こういった面白さはミステリの醍醐味ですね。前半、京極堂の出番は極端に少ないですが、後半での存在感の強さは圧倒的(いつものことかもですが^_^;)

 

 

 

登場人物達
榎木津も出番は少なめですが、『狂骨の夢』では秀逸な発言をいくつも残しております。
例を挙げると、
「ふん。僕が引っ込んだらつまらないと云うことが後で君たちに解っても、その時は知らないぞっ」
「信じるんだね。出番が少ないのだから間違いやしないさ。僕を疑うなど以ての外だ!」
「僕も神だ」
などなど。榎木津の「神だ」発言はシリーズ内で度々出て来るものですが、言い出したのは『狂骨の夢』が初です(たぶん)。
あと、榎木津と木場の幼馴染み・降旗の視点、幼少期の回想で「将来はなにになりたいか」話で

レイジロウはひと言、王様になると云った。

コレ、個人的に凄くウケるんですが(笑)


降旗の語りはどこか傲慢で、ウジウジしていて、常に深刻な感じなのですが(ホント、この作品を読みづらくしている元凶はコイツだと思う)、そんな文章の中にポンッとこんな発言が入るのが凄いセンス。


榎木津と木場とのやり取りもコミカルで面白い。妙な具合の仲良し感が伝わってきます。木場は『魍魎の匣』では複雑な心境を抱えていましたが、今作では本来のスッパリした性格が気持ちよく描かれていますね。
榎木津をパシリに使って「榎さんはあれでどうして役に立つ」発言をしたり、銃を突き付けられての恫喝もまったく通用しない京極堂には改めて“凄み”を感じる(笑)
関口も今回は事件に強く関わってない分、語りがいつもより(多少)イキイキしています。地の文に所々笑える箇所がありますね。
キャラクターの特徴は勿論、シリーズ独自のシリアスとコミカルの塩梅もこの『狂骨の夢』で完全に安定・明確になった印象を受けます。

そして前作『魍魎の匣』の最後でほんの少し登場したいさま屋(伊佐間一成)が、今作から立派にシリーズの仲間入りです。いさま屋の飄々とした、つかみ所の無い感じって読んいでて癖になるんですよね~(^^)

 

 

加筆部分
狂骨の夢』は文庫化される際に大幅な加筆があります。その量、原稿用紙にして四百枚以上。京極さんの場合はいつも文章がページを跨がないように本の形態が変わる度に修正がされるのが常ですが、これほどの加筆は京極作品の中では異例です。

加筆された箇所は主に
●元精神神経科の医師・降旗の経歴
●降旗の記憶や夢について
●終盤、お話の鍵を握る“ある人物”の記憶の混同について

これらの加筆はノベルス版

 

狂骨の夢 (講談社ノベルス)

狂骨の夢 (講談社ノベルス)

 

 

が出た当初、医学博士の斎藤環さんが専門家の観点からムック本の中で指摘した部分に答える形のものらしいです。
降旗の経歴については、日本に精神分析が輸入された経緯に誤解があったための修正ですね。他、記憶や夢については「意味記憶」だの「エピソード記憶」などの点で、専門家から見ると指摘したくなる箇所を“説得”するように加筆されています。人間心理などは物理法則みたいに明確な答えがある訳ではないので、やっぱり難しいんだろうと思います。いずれも専門家じゃなければ気にならない箇所ではありますが、指摘に誠実に答え、かつ作品に反映されているといったところでしょうか。
なので、読むのなら文庫版がオススメですね。

電子書籍も↓

 

狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】

狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下がっつりとネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朱美
今作で何とも魅力的なのは、お話の冒頭部分でいさま屋が出会う“朱美”。
海岸での初登場部分の描写がとにかく怪しげで美しいです。

 

少し上気しているのかもしれぬ。

綺麗な顔だった。

女は伊佐間に気づくと、にんまりと笑った。

 

魔性の者だ。

 

伊佐間は直感的にそう感じた。

 

怪談話に登場する幽霊のような印象深さと、話し振りから解る気っ風の良さがいさま屋のみならず、読者を魅了します。

いさま屋が出会った“朱美”と、宇田川崇の妻である“朱美”とは別人だというのがこのお話の核心部分なのですが、この二人の“朱美”、中身は混同するように描かれている訳では無く、しっかり書き分けがされています。


“朱美”だと名乗っている人物の独白部分や、降旗視点で語られる“朱美”には、いさま屋が出会った“朱美”にあった魅力がまるで感じられず、最初から読者に「同じ人物では無いのでは?」と、漠然とした思いを抱かせる。しかし、いかんせん漠然としていて、どうして“そうなるのか”が解らない。このモヤモヤが最後、京極堂の絵解きで綺麗に明かされてスカッとします。

 

この『狂骨の夢』は最後、朱美の言動でお話が締められますが、この場面でまた心をわしづかみにされるんですよねぇ~。
この朱美ですが、『塗仏の宴』で再登場します。

 

塗仏の宴 宴の支度(1)【電子百鬼夜行】
 

 

再登場してくれたときは個人的に凄く嬉しかったなぁ。また登場させて欲しい(^^)

 

 


立川流
狂骨の夢』を読んで何に一番驚くって、真言立川流の説明部分である。髑髏本尊の健立方法がとにかく凄まじい。作中で木場もドン引きしていましたね。


ひ――百二十回?


ですよ。

“性を中心とした忌まわしい密議と、この世のものとも思えない冒瀆的な本尊”で、「淫祠邪教」として糾弾されて江戸時代には絶えたと云われているらしいです。
作中ではこの立川流が実は絶えていなくって~・・・云々といった話で、儀式の為に女性が酷い目にあったりする。
しかし、この『狂骨の夢』では【真言立川流】に対して否定的な意見ばかりでは無く、肯定的な見解も述べています。


作中の京極堂のセリフ↓


「(略)いいですか、これ程確乎り女性を認めている宗教はない。男女揃わぬ限り悟りには至り得ないのですからね。それなのにあなた達はその悟りに至るための神聖な伴侶を単なる道具と考えましたね?誘拐したり軟禁したり、剰え麻薬を売って洗脳したり、それで悟りに至れる訳はない。世界一男女平等の教義に男性理論だけで臨むから失敗するのです。あなた達は愚か者だ。そのお陰で何人の人が死に、不幸になったと云うのです」

 

真言立川流は仏教に欠けている女性原理を大胆に導入したもの。邪教的な展開を遂げてしまったが、元は疾しいところは何もない教義。仏教に限らず、様々な宗教は大抵女性を蔑ろにしていますからね。
立派な教義の宗教活動のはずが、教義をまったく解っていない男性達のせいでただの卑しい犯罪行為に成り下がる。

女性としては読んでいて色々と考えさせられますね。

 

 

 


首を切った理由
が、解らないよね。って、話(笑)
自身のことを“朱美”だと思い込んでいた民江。先天的な脳疾患で顔の区別がつかず、家に訪れる人物を伸義の亡霊だと“ある人物”に思わされ、その度に毎回殺害してしまったのですが、何故殺害の度に首を切っていたのか、具体的な説明はありません。


関口がこの疑問について、京極堂にきいていますが


「関口君。それを尋くのは野暮天と云うものだ。まあフロイトにでも尋くんだね」


「でも君はとっくに答えを知っているさ」


と、返されて終わる・・・・・・わからーん!


いや、関口が云うようにね、解るような気もするんですけど、腑に落ちない気もするというのが正直なところ。うぅむ。フロイトに尋くしかないのか・・・。しかし、明確な答えを出すのも野暮天って気がするのでこのままで良いんですかね(^^;)

民江の犯行には他にも疑問があって、はたして普通体型の女が大の男を絞殺出来るかな?とか、遺体一人で運べるかな?とかあるんですが・・・・・・。これも野暮天ですかね。

 

 

 

間抜けな事件
狂骨の夢』の真相は実は大変馬鹿馬鹿しいというか、間抜けなモノ。

京極堂も作中でそのように述べており、事件の概要を大まかに説明するなら、“皆でフットボールのように髑髏の取り合いをしていた”ってことなのですが。


“深刻さ”と“馬鹿馬鹿しさ”が混在して描かれているのは「狂骨」という妖怪の二面性からとられているらしいですが、この“深刻さ”と“馬鹿馬鹿しさ”は登場人物の降旗白丘の抱え続けてきた悩みにもいえる事ですね。


降旗は幼少期にみた夢の〈解釈〉に半生を捧げて心理学を学んだり、フロイトにのめり込んでみたりと心血を注いできたが、実はその夢は実体験そのもの。〈解釈〉の必要などまったく無用でしたというオチ。なんか、お疲れ様でしたって感じ・・・(^^;)

 

牧師の白丘は長年、自身の〈信仰〉について小難しく苦悶していましたが・・・・・・

「信仰と云うのは――」


「信じる事です。解ることではない。彼らは信じていたのです」


闇に浮かび上がった牧師の顔は、以外にきっぱりとしていた。


「僕も信じれば良かった訳か。信じる者には約束される――それだけのことだった訳だ」

と、まぁこのように京極堂に憑き物落としされます。
悩んでいたのが馬鹿馬鹿しい程の単純な答えですね。〈信仰〉とは“理解”ではなく、“信じる事”。白丘もオツカレ!って感じですね(^^;)


二人ともこう云ってしまっては不憫ですが、深刻ぶっていたが、とんだお間抜けさんだでしたみたいな。しかし、人間は皆、単純な事で悩んでいる間抜けな生き物なのかもしれないですけどね。

 

 

 

映像化
姑獲鳥の夏

 

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

 

 

魍魎の匣

 

 

と続けて実写映画化されていますので、次は『狂骨の夢』も・・・と、思ってしまいますが。
狂骨の夢』はお話の作り・メインの仕掛けが小説での表現ならではのものなので、百鬼夜行シリーズの中でもたぶん一番映像化が難しい作品です。なので、映画化は今後も望み薄かなと思われ。
が、しかし、志水アキさん作画による漫画はあります↓

 

 

ので、工夫次第でどうにかなる・・・かも(笑)

 

 

 


最後に
この『狂骨の夢』ですが、京極さんの別シリーズである後巷説百物語収録の短編「五位の光」との繋がりがあります。是非あわせて読む事をオススメします↓

 

 

後巷説百物語 (角川文庫)

後巷説百物語 (角川文庫)

 

 

※ 他、シリーズ同士の繋がりについてはこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

ではではまた~

 

 

 

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

 

 

三島由紀夫『命売ります』あらすじ・感想 ドラマとの違いなど

こんばんは、紫栞です。
今回は三島由紀夫命売りますを紹介したいと思います。

命売ります (ちくま文庫)

BS JAPANで放送中の連続ドラマ「命売ります」の原作本ですね。

 

 

あらすじ

目を覚ましたら病院だった。どうやら自殺に失敗したらしい。

羽仁男はトウキョウ・アドという会社に勤めるコピイ・ライター。それなりに才能もみとめられ、会社から相当の月給をもらって満足している、精励なまじめな社員だった。別に失恋した訳でもなく、金にもさしあたり困っていない。
いつも夕食をするスナックで夕刊を読んでいるあいだに、急に死にたくなったのだった。ピクニックへでも行こうというような感覚だった。
それから、終電車国電の中で大量の睡眠薬を呑んだのだが・・・・・・。

自殺をしそこなった羽仁男の前には、カラッポな、自由な世界がひらけた。
トウキョウ・アドには辞表を出し、退職金を沢山もらって、新聞の求職欄に次ぎのような広告を出した。

命売ります。お好きな目的にお使い下さい。当方、二十七歳男子。秘密は一切守り、決して迷惑はおかけしません」

命を売り出した羽仁男のもとに、次々と訪れる奇妙な依頼人達。やがて事態は予期せぬ方向に。危険な目にあううちに、ふいに羽仁男は“ある念”におそわれて――。

 

 

 

三島由紀夫のエンタメ小説
命売りますとは何ともインパクトの強いタイトルですが、哲学や思想的な部分を全面に出して書かれている訳ではなく、ユーモラスで娯楽要素の強いエンターテインメント小説になっております。
私は三島由紀夫作品を読むのはこの本が初です。三島作品には勝手に純文学や政治的思想の強いイメージを持っていたのですが、このようなエンタメ小説も書いていると知って面白そうだと思い、読んでみました。(人によっては「初めて読むべき三島作品はコレじゃない」って意見もあるかも^^;)


命売ります』は1968年刊行の小説。年代的なこともあって、ちょっと読みにくいかもとか懸念していたんですが、読んでみると全然そんなことは無く。文章もストーリーも現代でも十分楽しめるものです。
最近、2015年に突如人気が出て2016年にベストセラーになるといった現象が起こった事も、この作品の現代に通用する面白さを証明していますね。今年連ドラマ化されるくらいですし。


1968年当時、『週間プレイボーイ』に連載されていたという事で、男性が喜びろうな要素が多いです。ポンポンと都合の良い美女が出てきたり、ハードボイルド調だったり。

 

 

 

命を買いに来る依頼人達
依頼人と依頼内容は以下の通り。


老人。50歳年下の若妻・るり子が秘密組織のボスの愛人になってしまったので、羽仁男にるり子の間男になってもらい、現場を目撃されて二人そろってボスに殺されて欲しい。

図書館の女司書。得体の知れない外国人に、呑めば自殺したくなる薬の製法が載っている稀覯本を高額で売ったが、羽仁男にその薬の実験台になってもらい、再びその外国人から金を貰おうと考える。

井上薫という学生の少年。吸血鬼である母親の愛人となって、毎晩母親に血を吸わせてやって欲しい。

B国と対立するA国大使のスパイ。B国大使館に潜入して毒の塗られた人参ステックの中から暗号解読に必要な人参を見つけてもらいたい。

元大地主の娘で未婚の三十女・玲子。玲子は妄想による思い込みから、自分は将来発狂すると信じきっており、薬物に溺れる自堕落な生活をおくっていた。羽仁男に自分と恋人になって心中してくれと言い出す。

 

 

と、まぁこんな具合に一癖も二癖もあるような依頼が持ち込まれる訳ですが。
最初の二つまでは“死を恐れぬ男”としてある意味勇ましかった羽仁男ですが、三つ目の依頼・吸血鬼のお母さんに~の辺りから何だか調子が狂ってくる。依頼内容もスパイだの暗号解読だの、きな臭いことに・・・。後半は予測が出来ないストーリー展開となっていきます。

 

 


ドラマとの違い
1968年の小説ですが、ドラマは現代が舞台なので設定は現代風に直されています。長編小説とはいえ、300ページに満たないお話で、連ドラとしてそのままやるにはボリューム不足ですから、お話は膨らましてありますね。まだ二話目まで観ただけですが、各依頼人達の背景や描写が深くなっている感じです。


官能ドラマ風味の仕立てになっているらしいので、毎回女優さんがゲストで登場して、色っぽいシーンを演じてくれるパターンなのでしょうか。


今のところ、主要キャストは主役の山田羽仁男(中村蒼)、喫茶店のマスター・京子(YOU)、その喫茶店の常連客・宮本(田口浩正)の三人のみですかね。井上薫(前田旺志郎)少年も今後レギュラー入りするのかな?


喫茶店の二人はドラマオリジナル。なんか、良い味出していますね(笑)


第二話が吸血鬼お母さんのお話で、原作の女司書さんのお話が飛ばされていたのですが・・・(原作でも、女司書さんのお話は結末が唐突過ぎて読んでて疑問でしたが)。今後やるのか、飛ばしたままなのか微妙なところ。第三話は「天使過ぎる女医の医療ミスで死んでくれ」という依頼内容らしく、コレは原作には無いエピソードなので、ドラマの完全オリジナルですね。
原作で後半のストーリー展開に大いに関係してくる胡散臭い秘密組織ACS(アジア・コンフィデンシャル・サーヴィス)の話題もドラマでは出て来ないので、ドラマは結構オリジナル色が強くなるかも知れません。


美輪明宏さんのナレーションや人間椅子によるオープニングなどが印象強くて良い感じ。低予算ながらもこだわりのあるドラマ作りをする傾向があるテレ東系(注:個人的なイメージです)なので、オリジナル要素が入ってもドラマとしてちゃんと良作にしてくれるのではないかと思います。

 

 


以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話は前半、死を恐れぬ男・羽仁男の、言うなれば“究極の世捨て人”としての強みが描かれています。生き物にとっての最大級の恐怖、“死の恐怖”を克服している(ようにみえる)羽仁男に対し、依頼人達は畏怖の念を抱く訳です。
しかし、お話が進むにつれて羽仁男の心境は変わっていき、終盤はハッキリと“死の恐怖”を感じるようになる。


そもそも、羽仁男が最初に自殺を決意したきっかけは、夕刊を読もうとしたら活字がみんなゴキブリに見えたからという、解るような解らないような理由が発端。勿論、背景には判で捺したような怠惰な日常への嫌気があるのですが。仕事の能力が高く、女に困る事も無い、世間的には順風満帆な羽仁男だからこそ、日常がつまらないものに思えてしまう。贅沢な話ですけどね。
平凡な日常の中では自分の命を軽んじる事が出来た羽仁男ですが、秘密組織に追われるような非日常の中では強く死を恐怖する。

 

以下は最後の羽仁男と警察官との会話


「あなたは人間はみんな住所を持ち、家庭を持ち、妻子を持ち、職業を持たなければいけないと言うんですか」


「俺が言うんじゃない。世間が言うのさ」


「そうでない人間は人間の屑ですか」


「ああ、屑だろうな。一人ぼっちでヘンな妄想を起こして、警察へ駆け込んで、被害を訴える。そんな男はめずらしくないさ。君一人だと思ったら大まちがいだよ」


「そうですか。そんなら立派な犯罪者扱いをして下さい。僕は不道徳な商売をしていたんです。命を売っていたんですよ」


「はあ、命をね。そりゃ御苦労なこった。しかし命を売るのは君の勝手だよ。別に刑法で禁じてはいないからね。犯人になるのは、命を買って悪用しようとした人間のほうだ。命を売る奴は、犯人なんかじゃない。ただの人間の屑だ。それだけだよ」

 

 

結局、羽仁男は退屈な日常に一過性のヒステリーを起こして「命売ります」と言って、アウトローな気分に浸っていただけ。最後には愚かなことをしていたと思い知らされるのでした。


原作はこのような部分で終わっていて、秘密組織だのとの決着や、羽仁男がこの後どうなったのかは書かれずじまいですが、ドラマではどのような結末になるのか気になるところですね。原作の雰囲気を損なわない最終回を期待したいです。

 

ドラマ観て気になった人にも是非読んで欲しい本ですね。

 

命売ります (ちくま文庫)

命売ります (ちくま文庫)

 

 

 

 ではではまた~

京極夏彦『百器徒然袋シリーズ』あらすじ・ラジオ・ドラマCD・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。
このブログ『夜ふかし閑談』も今回でちょうど100記事目です。早いのか遅いのかよくわかりませんが(たぶん遅い)
記念すべき100記事目は京極夏彦さんの【百器徒然袋シリーズ】についてまとめようと思います。“百”からの安易な連想ですが。

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)


前説
「それじゃあ探偵を紹介しましょう」
知人・大河内の言葉に唆されて「僕」は神保町の薔薇十字探偵社に訪れた。
大河内が云うには、その“探偵”はまともな男ではない。誰が見たって奇人変人の類で、探偵と云っても調査も推理もしない。それどころか、普通の人間がやるようなことは何もしない。ただ、秘密を暴く力――他人の頭の中を覗く特技を持っていると云う。
戸惑いつつも仕事を依頼した「僕」だったが、何故か依頼人であるはずの自分も“探偵”にこき使われ、気がつけば依頼内容終了後もそれは続き・・・・・・。このまま「僕」は“探偵”の下僕一味の仲間入りをしてしまうのか!?

救いようの無い八方塞がりの状況も、ワールド・ワイドな無理難題も、判断不能な怪現象も、仕掛けられた巧妙な罠も、全てを完全に粉砕する男!
眉目秀麗、腕力最強、天下無敵の探偵・榎木津礼二郎が「下僕」を引き連れ、京極堂店主・中禅寺秋彦を引きずり出して、快刀乱麻の大暴れ!
推理無用、全ての謎を見通して、解決せずに混乱させる・・・!!
「そうだ!僕だ。お待ちかねの榎木津礼二郎だこの馬鹿者!」

 

 


【百器徒然袋シリーズ】とは
京極夏彦の【百鬼夜行シリーズ】(または京極堂シリーズ、妖怪シリーズ)

 

www.yofukasikanndann.pink

 のスピンオフ小説の中編集。

百鬼夜行シリーズでの主要人物の内の一人・探偵の榎木津礼二郎が、薔薇十字探偵社に持ち込まれる様々な事件を完全粉砕していく様が描かれる。


『百器徒然袋』のタイトルは鳥山石燕の妖怪画集から取られています。身近な道具類が元となる妖怪達が描かれている画集ですね。


上記の「前説」からもわかると思いますが、本編の百鬼夜行シリーズよりもだいぶ破天荒な、ふざけた、コメディな、笑える内容になっております。公共機関では読まないことをオススメ。噴き出しちゃうんで。※私は新幹線内で読みながら終始ニヤニヤしっぱなしでした(^^;)

しかしながら、ミステリ的部分(と、いうか妖怪小説部分?)は通常の京極夏彦作品同様、しっかりしているので御安心を。

 

このシリーズで語り手を務めるのは、平凡な小市民で電機配線の図面引きである「僕」。シリーズの第一番『鳴釜』で、薔薇十字探偵社に仕事を依頼して以降、色々といいように仕掛けに利用される羽目に。そもそもこのシリーズは、語り手の「僕」が榎木津の立派な「下僕」になるまでを描いたお話――と、いう見方も出来る(笑)

 

とにかく豪華
榎木津が中心のお話なので、必然的に薔薇十字探偵社の益田龍一(バカオロカ)と安和寅吉(和寅)の出番が多いです。他に京極堂こと中禅寺秋彦関口巽木場修太郎鳥口守彦青木文蔵伊佐間一成(伊佐間屋)、今川雅澄(待古庵)、中禅寺の妹・敦子・・・等々、オールキャスト揃い踏みで大変に豪華なスピンオフシリーズであります。


よくあるスピンオフものだと本編の主要人物はほんのオマケ程度しか登場しなかったり、一人以外はスピンオフのオリジナルキャラクターで占められていたりで、つられて読んでもある部分では不服だったりしますが、この【百器徒然袋シリーズ】では本編以上に主要人物達が登場してくれるので普通のスピンオフでは味わえない満足感が得られます。


特に榎木津と京極堂が全編にわたって登場してくれるのは、本編で虐げられる事に慣れているファン(本編だと主要人物のくせに二人とも出し惜しみ感ハンパないからね・・・)としては「こんなに飴ばっかりもらっちゃって良いのですか」みたいな変な気分になる(笑)
特に京極堂は本編より行動してくれるし、本編よりだいぶ楽しそうでイキイキしています。榎木津はいわずもがな。

 

“解決”ではなく、“粉砕”
榎木津が主役だと読む前に聞いたときは「え!榎木津が主役でまともに話が出来るの!?」と困惑したものでしたが、実際読んでみて当初思った通りというか、「やっぱり“まとも”じゃないな、全体的に」なのですが。
講談社ノベルス版の裏の説明に“全てを完全粉砕する”と書いてありますが、これが凄く納得。榎木津は事件を解決させている訳じゃ無いのですね。じゃあ何をするんだというと、“粉砕しているのだ”という説明が一番しっくりくる。
圧倒的な個性(榎木津)が大暴れして事態を混乱させるので、必然的に京極堂が引きずり出されて出番が多くなる。榎木津を扱えるの、京極堂だけなんでね(^_^;)

 

 

 

読む順番
順番といっても『百器徒然袋―雨』『百器徒然袋―風』の二冊しか刊行されてないのですが、コレが番号じゃなく“雨”“風”なので、どっちが先だったか後だったか意外とごっちゃになる(のは私だけじゃないと思いたい)。
【雨】が先!【風】が後です!※順番通りに読むと楽しめる仕掛けがあるので間違えないよう注意して下さい。


一冊につき三話収録されています。
『百器徒然袋―雨』

 

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

目録
●鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱
『塗仏の宴』の事件後に当たります。お話には後日談的要素もあり。

●瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤
『陰魔羅鬼の瑕』の事件直後のお話。

●山颪 薔薇十字探偵の憤慨
邪魅の雫の後に当たるお話。※このお話が書かれた時は『邪魅の雫』はまだ未刊行だった為、事件についてはほのめかす程度。
鉄鼠の檻に登場した僧侶・桑田常信が出てきます。

 

『百器徒然袋―風』

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)


目録
●五徳猫 薔薇十字探偵の慨然
『絡新婦の理』で織作家のメイドだった奈美木セツと、別シリーズ『今昔続百鬼―雲』の語り手・上蓮が登場。

●雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑


●面霊気 薔薇十字探偵の疑惑

 

 


【雨】に収録されている三つの事件はそれぞれ独立したものですが、【風】収録の三つ事件には『塗仏の宴』に登場する羽田製鐵の会長兼取締役顧問・羽田隆三が関わっていて三つ併せて一つの事件ともいえる作りになっています。
さらに、【風】の最終話「面霊気」には巷説百物語シリーズ

 

www.yofukasikanndann.pink

 の又市達の仕掛けを匂わせる記述が出てきます。必見!

 


人物の言動や事件の事柄が奇天烈なので、読者も途中まで気付かなかったりしますが(^^;)語り手である「僕」は、【雨】の時点ではずっと名前が伏せられた状態でお話は進行します。【雨】の最後で上の名前が、【風】の最後で下の名前が明らかになりますね。最後の最後でのフルネームの明かされ方が綺麗で上手いです。なんか、“ほっこり”するのですよ(^^)

 

 


ラジオドラマ
2006年10月から2007年3月にラジオドラマが放送されました。
主なキャスト
榎木津礼二郎佐々木蔵之介
益田龍一石井正則
「僕」田口浩正
中禅寺秋彦髙嶋政宏
関口巽上杉祥三
木場修太郎ゴルゴ松本
鳥口守彦島田敏
榎木津幹麿京極夏彦
ナレーション夏木マリ

 

榎木津のお父さん、榎木津幹麿元子爵を原作者の京極さんがやっています。


著名な俳優さんが多く使われていて豪華ですが、私は中禅寺の声が受け付けなくって早々に離脱しました(^^;)他にも「合ってないんじゃ・・・」て思うキャストは多々ありましたが・・・。個人的には音声ドラマは基本、声優さんがやった方が良いとか思ってしまうタチなので、違和感を覚えてしまうのは色々な先入観が邪魔しているのもあるのでしょうけど。

CDブックとして発売されています。

 

京極夏彦原作『ラジオドラマ百器徒然袋』CDブック (CD BOOK)

京極夏彦原作『ラジオドラマ百器徒然袋』CDブック (CD BOOK)

 

 


ドラマCD
お馴染み志水アキさん作画のコミックス

 

 

 との連動企画で2013年からドラマCD化されています。

百器徒然袋1 雨 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱

キャスト

榎木津礼二郎小野大輔

「僕」細谷佳正

益田龍一神谷浩史

安和寅吉坂口大助

中禅寺秋彦津田健次郎


こちらはラジオドラマとはうってかわってほぼ声優起用。
アニメ『魍魎の匣

 

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]

 

 

のキャストともまったく違っての総入れ替え。


アニメも、ラジオも、ドラマCDも・・・・・・ぶっちゃけ、どのキャストもいまいちピンとこない。制作の方もそう思っているのか、いつまでもキャストが安定しないですね。う~ん。思い入れが強すぎてハードル上げすぎなのかな?


こちらのドラマCDも榎木津幹麿元子爵の役は京極さんがやっています。京極さんもう出るのが当たり前っぽくなってる・・・。

 

 

ペーパーバック
デスノート』の小畑健さんとのコラボで、講談社ペーパーバックスKから二冊刊行されています。

薔薇十字探偵(1) (講談社 Mook)


一冊目は【雨】の「鳴釜」

 

爆裂薔薇十字探偵 (講談社 MOOK)

二冊目は【雨】の「瓶長」です。


中身の小説はノベルスと同じなのでお間違えなく。小畑さんの絵も表紙のみで挿絵などは無いです。
個人的に小畑さんの絵は大好きなのですが、この榎木津は綺麗だけどなんだか腹黒そうに見えるね(笑)

 


次はあるのか?
タイトルに使われている鳥山石燕の百器徒然袋は三部作なのですが、はたして京極さんの『百器徒然袋』は第三弾が出るのだろうか。今のところ不明なのですが、【風】で綺麗に終わっているから無いのではってな気が・・・。勿論、刊行されれば全力で買いますけど。まぁ、その前に『鵺の碑』だよね・・・・・・。

 

 


本編を知らなくとも読んで欲しい
百鬼夜行シリーズ』を読んでからの方が楽しめるのはそりゃ間違いないですが、このシリーズ単独で読んでも十分楽しめるし、笑えると思います。
私自身、「本編より好きかも知れない」と時たま思ってしまいますし。
私は最初この二冊を読み終わった後、この面白さを共有したくって、本編を読んだ事ない友達に無理矢理読ませたという過去があります(若気の至り)
職場の先輩と「五徳猫」に出てきた豪徳寺に行ったりもしましたねぇ。先輩と二人で「猫招き。猫招き」とはしゃいだもんです。

 

 

最後に榎木津大明神のお言葉を


「絶対的判断基準は個人の中にしかないのだ。だから一番偉い僕の基準こそこの世界の基準に相応しい。探偵は神であり神は絶対であって一切相対化はされない!」

 

無茶苦茶だなぁと感じますが、読後は「あぁ、榎木津は神なんだなぁ」と納得するしかなくなります。

 

観榎木津懲悪、とくとご覧あれ。

 

ではではまた~

 

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

 

 

 

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

乾くるみ『リピート』あらすじ・ドラマと原作との違いなど~

こんばんは、紫栞です。
今回は乾くるみさんの『リピート』をご紹介したいと思います。

リピート (文春文庫)

只今、読売テレビ日本テレビ系で放送中の連続ドラマ『リピート』の原作本ですね。


実は私、この本ずっと前に買って読まずに放置していたのですが(そういう本が何冊もある・・・)、今回ドラマ化されると聞いてやっとこさ、読んでみました。

 

 

あらすじ
「今から約一時間後の午後四十五分に、地震が起きます。三宅島で震度四、東京は震度一です」
九月一日、日曜日の午後。大学生の毛利圭介のもとに見知らぬ男から、いきなりこのような奇妙な電話がかかってきた。不審に思いつつも、大して気にもとめなかった圭介だったが、一時間後、電話の男が告げていた通りの午後四十五分に地震が起きる。
驚愕する圭介のもとに、再び先ほどの男から電話がかかってくる。男は未来から来たと言い、時間旅行のゲストの一人としてあなたをお誘いしたい。詳しい説明は九月二十九日、横浜中華街にある《回龍亭》という店でするので、是非来て欲しいと告げる。
言われた通りに二十九日にその店に行ってみると、集まったのは九人の見知らぬ男女だった。皆、圭介と同じように地震予知の電話をうけ、ここに来るように言われたという。
地震予知電話の男は風間と名乗り、店に集まった皆を“現在の記憶を持ったまま十ヶ月前の自分に戻れる「リピート」”にお誘いしたいと提案する。
戸惑いつつも人生のやり直しに挑む男女達。しかし、「リピート」した先で一人、また一人と不審な死を遂げていき――。

 

 


タロット・シリーズ
この『リピート』は乾くるみさんの代表シリーズ【タロット・シリーズ】の内の一冊です。タロットカードの十番・運命の輪がモチーフになっていますね。


他に
●塔の断章(16番・塔)

 

新装版 塔の断章 (講談社文庫)

新装版 塔の断章 (講談社文庫)

 

 

イニシエーション・ラブ(6番・恋人)

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 

セカンド・ラブ(2番・女教皇

 

セカンド・ラブ (文春文庫)

セカンド・ラブ (文春文庫)

 

 

●嫉妬事件(3番・女帝)

 

嫉妬事件 (文春文庫)

嫉妬事件 (文春文庫)

 

 

が、あります。

イニシエーション・ラブ』については前にこちらの記事でも少し触れましたね↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 


タロット・シリーズに共通しているのは“天童太郎”という人物が必ず登場するところです。が、この天童さんが探偵役で活躍するようなミステリシリーズものではなく、各作品は完全に独立している作品で、ストーリーや人物に繋がりは一切ありません。“天童太郎”というキャラクターも連続しているものではないので、作品によって違う“天童さん”で、役割も異なります。主要人物でガッツリ登場するときもあれば、ほんのチョイ役でしか出て来ないことも。


『リピート』では主要人物としてかなり活躍していますね。ドラマだと主要三人の内の一人ですし。

 

 

 

原作小説の率直な感想
え~、正直言いますと、私的にはいまいちでしたかねー(^_^;)


肝心の時間旅行「リピート」をするまでが何だかやたら長いです。「どうしよう」「ああしよう」「いやでも」とか逡巡しまくって、図書館で調べ物など仕始めたり、ペテンを疑ったり、競馬の詳しい話が入ったりする始末。これらのシーンは後半で何か意味を持ってくるのかといったら別にそうでもない。前半は「この部分は必要なのか?」という疑問が常に付きまといます。さっさとその「リピート」とやらをしたらどうだ。と、イライラしてくる。

6章でやっと「リピート」をした後はドンドンとスリリングに展開していきます。アガサ・クリスティそして誰もいなくなったみたいな展開ですね。

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 しかし、主人公の圭介を筆頭に登場人物皆、そこまで好感を持てる人がいない(むしろ反感を抱くような人ばっか)ので何だかどう展開してもどうでもいいような気になってしまうんですね~。ハラハラドキドキ出来ない。
別に感情移入出来る人物がいない小説は沢山あるし、悪人ばっかでもかまいやしないのですが、読んでいて関心を寄せられないというのはちょっと。どうも人物が表面的にしか描かれていないような印象を受けます。
真相部分も演出のせいなのか、そこまで驚きを感じる事が出来ません。読後、思い返してみるとよく考えられたアイディアだって気はするんですが・・・。

しかし、「リピート」前の“前説”が長いのは『リプレイ』

 

リプレイ (新潮文庫)

リプレイ (新潮文庫)

 

 や他タイムトラベルものの名作へのオマージュ的意味合いがあるのかも知れません。私はSF小説あんまり読まない人間なので詳しいところはわかりませんが・・・(^_^;)


文庫版の大森望さんの解説を読んでいて思ったのですが、この『リピート』という小説はゲーム感覚で楽しんでもらうのが狙いで書かれているのかも。

十人の男女が時間旅行するというのはゲームの設定っぽいですし。それならキャラクターを掘り下げて書いていないのもわざとそのようにしているとも考えられます。


あと、他のタイムトラベルものとは違って、“タイムトラベルし続けることが出来た者が勝ち”といった方向にストーリーを持って行くのが斬新ですね。

 

 

原作とドラマとの違い
ドラマの第一話を観たのですが、時間旅行「リピート」の大まかな設定以外は原作とは違うところだらけですね。同じところの方が少ないぐらいに感じます。


まぁ、原作の設定の面白さを活かしつつ、他は大胆にいじって、各キャラクターを掘り下げた人間ドラマを描いた方が見応えのあるドラマになるかなと思います。


とりあえず、原作での長いくだりをすっ飛ばして、第一話でさっさと皆が「リピート」したのはストーリー展開として正解・・・って、いうか、「そうだよね、ここ飛ばすよね」って感じ(笑)


1番大きな違いは、主人公が毛利圭介(本郷奏多)から篠崎鮎美(貫地谷しほり)に変わっているところです。

原作はひたすら圭介視点で語られているので雰囲気はガラッと変わりますね。この篠崎さん、原作だと男に全力で寄っ掛かることしか考えていないような女性で、お話が進めば進むほど強引で打算的な面が目立ってくるので、人によってはかなりの嫌悪感を抱くかと思います。ちなみに、私は大っ嫌いです。「なんだぁ?この女」とか思う。まぁ良くも悪くも表面的にしか描かれていないので、腹立たしさが持続する訳ではないのですが。圭介もなかなかの最低野郎なので、どっちもどっちというのもある。


ドラマは各キャラクター、性格も設定も原作とは大幅に異なるので、原作のキャラクター像はドラマを観る上ではまったく当てにしない方がよさそうです。


原作では篠崎さんは司書じゃないし、恋人もいない設定で、特別おとなしい性格ってこともない。


圭介はバイト内容と由子(島崎遥香)という女性が出て来るのは同じですが、原作だと表面的には社交的な性格で、「リピート」仲間のまとめ役をしたりしますが、ドラマの圭介くんはそんなことしなさそう。社交性の欠片もないというか(笑)由子も原作ではあそこまでヤベー女ではないです。


天童さん(ゴリ)はまだ何とも言えないですが。でも天童さんは原作とはあんまり変えないかも。職業は違いますけどね。原作だとシナリオライター

 

他に気になる違いは大森さん役を安達祐実がやっているところですかね。原作だとこの大森さんは男性なんですが。横沢さん(手塚理美)も男性。二人とも原作ではほぼ触れられないような脇役。


あと「リピート」仲間が一人少ないですね。池田さんがドラマだといないです。

 

このような変更からも、ドラマでは「リピート」仲間一人一人にスポットを当ててお話を展開していきそうな予感がしますね。特にラブストーリーを前面に押し出してになるのかな。原作だと表面的でどーでもいいラブストーリーしか展開されないですが(^^;)

 

原作の設定を使って、原作にはない“深み”がドラマでプラス出来れば、思いがけない良作に化けるかも知れません。ハラハラドキドキ感もドラマ演出の方が上手く表現されてエンタメ性が増すかも。

今後に期待ですね(^o^)

 


『リピート』みたいにSFとミステリが融合したお話が好きな方はこちらの小説とかもオススメ↓

 

七回死んだ男 (講談社文庫)

七回死んだ男 (講談社文庫)

 

 


ではではまた~

 

『魍魎の匣』 原作 あらすじ・映画・アニメ・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。
二〇一八年一発目の記事は、京極夏彦さんの【百鬼夜行シリーズ】

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

二作目の魍魎の匣を紹介したいと思います。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

第49回日本推理作家協会賞受賞作。


年末年始とみごとに風邪を引いてしまい、記事の更新が停滞してしまっていたのですが(^^;)仕事以外の時間は寝床にいるしか無い、しかし、何だか寝付けない!で、『魍魎の匣』文庫版を丸々読み返していた訳なんですが「あぁ、やっぱり面白いよね~。ずっと読んでいたいっ!」←いや、寝ろよ。みたいな状態に陥って、奇しくも今年の正月は『魍魎の匣』に憑かれていた私。せっかく面白さを再認識したので、この作品について少しまとめようかと。

 

 


あらすじ
匣の中には綺麗な娘がぴつたり入つてゐた。

日本人形のやうな顔だ。勿論善く出來た人形に違ひない。人形の胸から上だけが匣に入つてゐるのだろう。
何ともあどけない顔なので、つい微笑んでしまつた。

それを見ると匣の娘も
につこり笑つて、
「ほう、」
と云つた。
ああ、生きてゐる。

何だか酷く男が羨ましくなつてしまつた。

昭和二十七年八月、武蔵野小金井駅で十四歳の少女・柚木加菜子がホームから転落して重傷を負う。現場に居合わせた木場は転落時に加菜子と一緒にいた同級生・楠木頼子に事情を尋ねるが、放心状態の為かいっこうに埒が明かない。そんな中、木場の前に加菜子の姉・陽子が現れる。陽子は木場が熱烈なファンである引退した元女優の美波絹子だった。重態の加菜子は巨大な“箱”のような奇怪な建造物[美馬坂近代医学研究所]へ運ばれるが――。
一方、関口はカストリ雑誌編集者の鳥口とともに「荒川連続バラバラ殺人」の現場取材をしていた。バラバラの四肢は箱詰めにされており、さらに事件には「穢れ封じ御筥様」という霊能団体が関係しているらしく――。

箱を祀る霊能力者、箱詰めにされた少女達の四肢、巨大な箱型の建物「美馬坂近代医学研究所」――これら“箱”と加菜子転落事件、バラバラ殺人事件にはどのような繋がり・関係があるのか。果たして事件関係者に憑いてしまった“魍魎”は落とせるのか――?

「今日――物語に終わりを告げるために、ある陰気な男がここに来ることになっているのです」

「今日は、魍魎退治に伺いました」

 

 


シリーズ代表作
『魍魎の箱』はシリーズ二作目にして最大の代表作、シリーズ最高傑作との声も多いです。この作品ばっかり推されている意見を目の当たりにすると「魍魎だけじゃないよっ。他の作品も面白いわよっ」とか変な反発心(?)が芽生えたりしますが・・・(^^;)しかし、私も思い返してみると決定的にこのシリーズにはまったのは『魍魎の箱』からだったかなって気がします。ので、やっぱり大好きな作品ですね。
シリーズ第一作目で京極さんのデビュー作でもある姑獲鳥の夏はミステリー界に波紋をもたらした衝撃作ですが、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

 

この二作目の『魍魎の箱』は、前作とはまた違う衝撃・度肝を抜かすストーリーと真相で、これぞ“超絶”。一作目の『姑獲鳥の夏』の段階では読者には半信半疑だったシリーズの世界観が明確になり、各キャラクター性も強まって読者を一気に惹きつけた作品です。

 

 


メディアミックス
魍魎の匣』は代表作なだけあって舞台、映画、テレビアニメ、漫画と四種の媒体で表現されています。
一九九九年の「劇団てぃんか~べる」による舞台は今では観ることは叶いませんが・・・

映画

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]

二〇〇七年公開。
二〇〇五年に公開された姑獲鳥の夏から主要キャストはほぼ引き継ぎ。

 

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

 

 

関口役のみ、前作の永瀬正敏さんが御病気の為降板で椎名桔平さんに交代しています。(個人的には原作の関口に近いのは永瀬さんの方だと思う)
キャスト以外の監督やスタッフは総入れ替えですね。まぁ実相寺監督が亡くなってしまったのでしょうがないんですけど・・・。
で、この映画、どうかというと、これがまったくダメダメである。
かなり大胆にストーリーが改変されていて原作の良い部分が全て無い。長い話なので映画の二時間で全て表現するのは難しいのはわかりますが、もうちょっとやりようがあるだろう・・・と。「折角のシリーズ最大の代表作がこんな事になっちまって」とファン的には唯々悲しく残念なかぎりです。観終わった後の呆然感と沸き上がる怒りといったら・・・もう、ね(笑)
前作の『姑獲鳥の夏』もそんなに評価が高い映画ではありませんが、コレに比べれば大分マシだし原作に忠実です(忠実なのが良いって訳じゃないですけどね)。実相寺監督が『魍魎の匣』撮っていたらどうだったかな~とか今でも時々考えます。

 

 

テレビアニメ

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]

 

二〇〇八年、日本テレビ系。
キャラクター原案がCLAMPだけあってキャラクターが皆美麗。関口も綺麗です。綺麗な関くん(笑)
全体的にお耽美な雰囲気に。作者の京極さんも「宝塚みたい」と雑誌インタビューで言っていましたね~。
“黒衣の男”で京極さんが少し声の出演をされています。いっそ京極さん本人が京極堂の声やれば一番ファンからの文句出ないのでは・・・?とか思う(笑)
全十二話。

これが、前半はやけにダラダラと展開していたくせに後半で巻きが入るという訳のわからなさ。原作での解決編の素晴らしい場面演出とセリフ回しが台無し・・・前半はやたら丁寧にやっていたのに何故だ・・・。あと、絵柄がお耽美なせいか原作のコミカルなシーンが薄らぐのが残念。
とはいえ、実写映画の方と比べれば大分マシですけどね。ちょこちょこ観るより一気に観た方が良いと思います。

 

※お馴染み、志水アキさん作画による漫画もあります。

 

[asin:B0093GCIMK:image:large]

 

結局、原作のお話を手っ取り早く知りたいならこの漫画読むのが一番良いのかな・・・。(ファンとしては勿論原作小説を読んで欲しいですけどね)
全五冊。

 

 


百鬼夜行シリーズ”の確立

 

www.yofukasikanndann.pink

 

京極夏彦作品がことごとく映像化に恵まれないのは、ファン的には比較的毎度の事で半ばあきらめの境地ですが(笑)
魍魎の匣』はシリーズファンには特に思い入れが強い作品なので色々文句をつけたくなってしまうところ。あと、まぁ単純に原作が良すぎるのが問題。
この作品に思い入れが強くなる要因としては事件の面白さもさることながら、シリーズの基礎パターンがこの作品から確立されたというのが大きいとも思います。

第一作の『姑獲鳥の夏』は比較的(当社比)シンプルな構成で、読み終わった後は「これをシリーズでどう続けるんだ?」とか思いますが(関口とか、姑獲鳥のみの登場キャラクターかなぁとか読後思ったの私だけじゃないハズ。魍魎に普通に登場して何だか驚きだった)姑獲鳥の夏』で示された“規格外”でインパクトが強いストーリー要素を引き継ぎつつ、数々の事件が各視点で平行して語られ、絡み合い、最後に全てが解き明かされる百鬼夜行シリーズお馴染みのパターンが『魍魎の匣』で確立されています。

 

 

見所の“退治”シーン
魍魎の匣』には「御筥様退治」「魍魎退治」の二つの退治シーン、“似非霊能者との対決”“科学者との対決”が描かれています。


まさに対決。憑き物落とし。


このシリーズならではの、唯々のミステリーでは味わえない言語によって相手をやり込める、まるでアクション小説を読んでいるかのようなゾクゾク感と娯楽感が、シリーズの中でも屈指の出来で傑作です。

終盤の、通常のミステリーでは真相解明部分にあたる「魍魎退治」は勿論ですが、その前にある「御筥様退治」もかなりの見所。中禅寺(京極堂)のペテン師っぷりにニヤリとさせられます。中禅寺、榎木津、関口の連係プレーが見られるのも良い。※関口はオロオロしているだけですけどね(お約束)

 

 


キャラクター性の強化
前作の『姑獲鳥の夏』は関口視点で語られる部分が大半で、関口本人が大いに関わる事件だったので全体的に鬱々した印象が強いですが、この作品からはコミカルなシーンも多く見られるようになり、キャラクターの個性も高まって、シリーズの面白味が一気に上がっています。
前作ではほんの脇役だった木場にスポットが当てられ、青木の存在感が増し、「うへえ」で今後のシリーズでも大活躍なカストリ雑誌編集者の鳥口守彦が登場するのもさることながら、突出すべきはやっぱり榎木津ですかね。
前作では「ちょっと変わった人かな」ぐらいの印象だったのが、この作品から「まったく奇天烈だな」レベルに、飛躍的に昇格!作中での榎木津のセリフ「何てイカレているんだろう。普通じゃないね」が何だかウケる(笑)『魍魎の匣』には、シリーズ内では貴重な榎木津視点の語りがあるので必見。榎木津視点の語りはコレと百鬼夜行―陽』収録の「目競」のみですね(たぶん)

 

 

 

定本 百鬼夜行 陽 (文春文庫)

定本 百鬼夜行 陽 (文春文庫)

 

 

関口の不憫感と、中禅寺の悪魔的な話術も磨きがかかっています。

 

 


他に
この作品はとにかく匣、筥、箱でハコまみれ。各部分で語られ、現れる“ハコ”がお話を印象的にしています。この“ハコ”要素、京極さんの他作品でもよく表現に出て来ます。京極さんはハコ好き・・・?


あと、頼子が加菜子に抱いている複雑な心理は、あの年齢の頃の女子間では結構陥りやすい心理だなぁと思います。勿論大小がありますけどね。特定の友人を偶像視してしまうのって、成人すると勝手に幻想を押しつけてなんだか失礼だったなぁとか気づきますが、十代の頃(特に女子は)相手も普通の人間だって事を無視して突っ走りがち。歯止めがないと、このお話のように取り返しのつかない事態になってしまうので要注意ですね。


お話の合間に入る久保竣公『匣の中の娘』という作中作は怪奇小説じみてモヤモヤとした不安な雰囲気を作品全体にもたらしていますが(特に冒頭部分の“ぴつたり”とか“ほう”とか)、これが唯々の雰囲気作りではなく、真相にモロに関係していることが明かされるシーンは驚愕。冒頭を読んだ段階ではまったく予想出来ないですからね~。あぁ、凄い・・・!
私は終盤の久保の語り部分が妙に好きです。何度も読み返しちゃいますね。

 

 

 


以下ネタバレ注意~

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品で個人的に思想に影響をもたらした部分は
“科学者が幸福を語る時は、科学者の貌をしていてはならない”
“肉体の衰えが、精神の衰えに繋がるのは当たり前”
“意識は脳だけで造り出されるものじゃない。人間は人間全部で人間なんだ”
“脳が人間の本体だなんて考えは、魂が人間の中に入っていると云うのと変わりのない馬鹿馬鹿しい考え方だ”
などなどの部分ですね~。


世間一般では、どうも脳味噌第一主義みたいなのに囚われがちですよね。そりゃ大事な器官に違いはないんだけど、だからって脳だけ取り出したって駄目なんだと。脳に人間の本質や全てが詰まっているなんて唯々の妄想。肉体と精神は切り離して考えるものではないのね~と。当たり前の事なんだけど、改めて指摘されると目から鱗の思い。うへえ。

そして余韻溢れる最後の
「〇〇は、今も幸せなんだろうか」
「それはそうだろうよ。幸せになることは簡単なことなんだ」
京極堂が遠くを見た。
「人を辞めてしまえばいいのさ」
で、冒頭の
“何だか酷く男が羨ましくなってしまった”
の、一文に繋がる終わり方が綺麗。


彼岸に行き着いてしまわなければ得られないモノがある。おかしくなっちゃえば楽なんだろうけど・・・。複雑な思いを抱えつつも、関口同様、何だか羨ましいって気もしてしまいますね。

 

 

 


とにかく読んで欲しい
この『魍魎の匣』は代表作なのもそうですが、シリーズの今後に関係してくる“戦時下での研究実験”が出て来るので、シリーズ内ではやはり重要な位置を占める必読の作品です。
また、シリーズを知らない人でも十分に楽しめる作品であることも間違いありません。この作品だけ百鬼夜行シリーズから単独でアニメ化されているのもそれを証明していると思います。
麻薬的作用のある、中毒性の高い作品なので「ずっと読んでいたい」と思ってしまったが最後、【百鬼夜行シリーズ】に取り憑かれてしまうのは必至でしょう。


長大な作品で本自体がまさに箱のようですが、臆せずに蓋を開けてみて下さい(^o^)

 

ではではまた~

 

 

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

 

 

 

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

『名探偵コナン』 94巻 感想 ※『犯人の犯沢さん』感想も

こんばんは、紫栞です。
今回は名探偵コナン』94巻の感想を少し。

名探偵コナン 94 (少年サンデーコミックス)

 

コナン界隈、ただいま色々と賑わっております。映画情報の公開、長期休載の発表、休載直前話での黒の組織“あの方”の正体判明・・・・・・。

ぶっちゃけ、新刊の内容より気になることが多すぎて読んでもしっかり頭に入ってこない状態ですが(^^;)

 

94巻には前回93巻での大阪の剣道大会の事件解決編が1編。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

他にカフェでの事件と、灰原のストラップ探しの話、そして修学旅行編が途中まで。


以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 


では一応順番に。

 

 

剣道大会の事件
コナンが普通に大人達の前で推理披露していますね。佐藤刑事も完全に頼ってるし。まぁ、今さらかもしんないですけど。小学一年生だぞ?
もはや皆、コナンが事件推理するのに疑問抱かなくなっているから“毛利小五郎の推理ショー”ってホントする必要なくなってきているな~と、実感する。沸き上がる、作品への疑問。今さらですけど。ファンタジーだと思って許容すべきだって事でしょうね(^^;)
最終的には平次が解決させていますね(ある意味、蘭が決着つけていますが)
毎度の事ですが、犯人、殺す前に事実確認しろよと思う。犯罪計画は慎重に。

 

カフェでの事件
世良ちゃん登場。小五郎のおっちゃん、蘭の尾行に何故コナンを連れて行くのか疑問。
カフェ関係者の異常に複雑な人間関係が4ページほどで濃縮されているのはさすが(笑)殺されアピール前回の被害者で読んでて苦笑してしまいますね。
トリック自体はさほど目新しいものではないです。犯人が誰かも容易に解るし。随分大量のペットボトルをロッカーに入れていましたけど、遅かれ早かれ捜査の過程で部屋中のロッカー調べただろうから、そのとき何て言って刑事さんかわすつもりだったのかなぁ~と思う・・・。

 

灰原のストラップ探し
安室さん登場。沖矢さんも少し。安室さんはまだ“おっかけ”やってたんですね~。仕事的にはもう探る必要って無いだろうし、これは私怨での行動なんですかね。暇なのか?「車で仮眠」という良い訳は大分厳しい(^^;)
劇場版の名探偵コナン 純黒の悪夢に登場した公安の風見さんが登場。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

逆輸入というヤツですね。子供のストラップ探しに公安の捜査官使うのはちょっとどうかと思うぞ。
ストラップ、「左目が取れてたからマジックで描いといてやったぜ」って・・・描くにしてももう少しちゃんとやって欲しいよね(笑)

 

修学旅行編
連載1000回目のカラー部分がそのまま収録されていますね。修学旅行か・・・ここから、漫画世界の時間、一気に進めるんですかね~。
平次との入れ替わり方法がオイオイオイオイ~って感じ(^_^;)イヤイヤ、無理でしょ。
剣道大会に引き続き、紅葉さんも登場。胸が、デカイ・・・。
新一が登場するのって個人的にはもうレア感が無いんですが、新一の「アレレ~」には吹いた(笑)ラブコメ全開話ですが、相次ぐ発表のせいでラブコメを楽しむような気分じゃない(^^;)私、灰原派だし・・・。

 


修学旅行編は途中ですが、長期休載に入ったので次巻はいつ出ることやら見当もつきませんね。年単位で待たされるのかしら。先生にはしっかり養成して頂きたいところですが、“充電期間”とも言っているので、連載再開したら終焉に向かってお話が加速するのかもしれないですね。楽しみ(^^)

 

以下、またネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

黒の組織“あの方”・・・。

サンデーで明かされた訳ですが・・・。ネットの考察サイトなどでは必ず出て来る名前だったんで、私はそこまで驚きは無いです。個人的にはエドワード・クロウ説の方を推してたんだけどな~。だって、“あっちの方”は考察サイトでも名前がそれっぽいってのと、年齢だけが根拠でしたからね。
しかし、すでに故人になっている設定なので『誰かに化けてる・入れ替わっている』などの二転三転がまだあるかもしれないですよね。ラムの正体もまだ明かされて無いし。連載再開が待ち遠しいです!

 

 

この新刊と一緒に、スピンオフの『犯人の犯沢さん』も買いました。

 

名探偵コナン 犯人の犯沢さん 1 (少年サンデーコミックス)

感想としては「う~む」って感じ。何か思っていたの違った・・・。先に金田一少年のスピンオフ読んでいたのでそちらとどうしても比較してしまうのもありますが

 

www.yofukasikanndann.pink

 

「米花町」という犯罪多発地区での珍道中(?)が描かれています。蘭のツノがど真ん中に描かれていたりするのが可笑しい。悟りきった発言が多くって、個人的に本編の蘭より好きです(笑)

 

 


色々モヤモヤしてしまうところではありますが、連載再開を気長に待ちたいと思います。


ではではまた~

 

名探偵コナン 94 (少年サンデーコミックス)

 

[asin:4091278833:detail]

 

ドラマ『今からあなたを脅迫します』最終回 感想 ※原作との違いなど

こんばんは、紫栞です。
日本テレビ系の連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』が12月17日に最終回を迎えましたね。

今からあなたを脅迫します 透明な殺人者 (講談社タイガ)


ドラマ開始前に原作を読んだので、このブログで何回か記事をまとめた訳ですが。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 


今回はドラマ全九話、観終わってみてのドラマと原作との違いについて少し書こうかと思います。

 

(全体を通しての)ドラマと原作との違い
と、いっても、ドラマ初回から(特に終盤は)原作とは違うところの方が多くって、もはや原作ってよりは“原案”って感じだったんですが・・・(^^;)
終盤の方の大筋は原作【脅迫屋シリーズ】の2作目『今からあなたを脅迫します 透明な殺人者』からとられていますね。

 

今からあなたを脅迫します 透明な殺人者 (講談社タイガ)

今からあなたを脅迫します 透明な殺人者 (講談社タイガ)

 

 

まぁ、この2作目は現在3冊刊行されている【脅迫屋シリーズ】の中での唯一の長編なので、最終にこのお話を持ってくるのは容易に予想出来る事だったんですが、放送前は私的にはするかどうか微妙だなぁ~と思っていました。それというのも、この長編、原作では千川さん(ディーン・フジオカ)がほとんど登場しないお話なので・・・。
原作は(武井咲)とナンパ師のスナオ(間宮祥太郎)の二人が事件を調べていく過程が中心に描かれているんですが、ドラマでは大胆に改変して、千川さんとスナオの二人が主に調査していく流れになっていましたね。
ここら辺の改変は、澪役の武井咲さんの体調などへの配慮で出番を減らすためだと思いますが(まぁ、普通に考えて、妊娠中で主演級の撮影はキツいよね・・・^^;)代わりに澪の穴埋め的に、スナオが大活躍でしたね。


スナオが千川さんに弟子入り志願したりなどの一連の流れは全てドラマオリジナルで、キャラクター設定も原作とは大分異なります。原作はもうちょっとクールで何だかつかみ所の無い人物像ですね。年齢ももうちょっと高め。
最終回前の第八話は千川さんと恋人の来栖稚菜(松下奈々)との回想シーンでほぼ一時間でしたが。この来栖稚菜さん、実は原作ではまだ名前が出てきているのみで詳細は全然明かされていません。シリーズ三作目で最新刊の『今からあなたを脅迫します 白と黒の交差点』

 

今からあなたを脅迫します 白と黒の交差点 (講談社タイガ)

今からあなたを脅迫します 白と黒の交差点 (講談社タイガ)

 

 

で明かされるのを期待していたのですがスルーでして。

なので、第八話は観ながら「稚菜さんの回想丸々一時間やるの!?」と少し驚きでした。原作も稚菜さんの詳細はドラマと同じ感じなのかなぁ~と気になるところですが。殺された理由とかもあんな感じなのだろうか・・・。シリーズ4作目に期待!


スナオと稚菜さんの二人はどちらも原作小説の2作目から登場する人物ですね(いや、稚菜さんは名前だけだけど)

 

 

雨垂れの会
最終回、個人的に不満が残る点としては“雨垂れの会”の会のあり方というか、犯罪行為のやり方をもうちょっと丁寧に描いて欲しかったな、と。原作は“善意の第三者達が無意識に犯罪に荷担する”っていう方法がこのお話のメインでして、そこの部分が空恐ろしく、ミステリなんですけど。ドラマではミステリ的部分は軽く流されて、アクションなどを取り入れたエンタメ作品になっていましたね。せっかくの長編なのに・・・ミステリ好きとしてはチト残念です(-_-)


原作はまだまだ雨垂れの会には黒幕がいるんだぜ!って感じで期待持たせる書き方されていますが、ドラマの方は富永絢子(真野響子)ラスボスでスカッと終わらせていましたね。まぁドラマ続編は無いだろうしな・・・(^^;)

 

 

最後に
個人的、率直な意見としてはドラマ『今からあなたを脅迫します』の全体通しての感想は・・・微妙でしたかね(^_^;)もの凄く悪いわけでは無いが、もの凄く良い訳でも無い。と、いう・・・。


ライトなドラマなのはわかっているので、主演二人の会話やコメディシーンをもっとテンポ良く、笑えるものにして欲しかったです。

 

 

 

今期のドラマもほぼ終了しましたね~。このドラマ以外にも『奥様は、取扱注意』『ブラックリベンジ』『監獄のお姫様』『刑事ゆがみ』なども欠かさず観ていたんですが。

個人的には今期のドラマ最終回は『ドクターX』が凄く良かったですね。晶さんのシーン、もらい泣きしそうになった・・・(T_T)

 

今年ももうじき終わり。来年のドラマもまた期待したいところですね。

 

 

ではではまた~

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink