夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

高遠遙一 登場・関連事件まとめ

こんばんは、紫栞です。
今回は【金田一少年の事件簿シリーズ】の「地獄の傀儡師」こと高遠遙一が登場する事件をまとめて御紹介したいと思います。

高遠少年の事件簿 (講談社コミックス)


地獄の傀儡師・高遠遙一とは
金田一少年の事件簿シリーズ】及び『金田一37歳の事件簿』内においての登場人物。母親を死に追いやった人物達を殺害する事件を起こし、金田一一に真相を看破され逮捕されるも脱獄。
その後、「地獄の傀儡師」として殺意を持つ人々を独自の嗅覚で見つけ出し、殺害を唆して殺人計画を提供するという犯罪コーディネーターを生業にして芸術犯罪を追求。
金田一一とは度々事件でわざわざ招待したり、偶然遭遇したりして、その度対立・挑発しあうが、お互いに能力を認めているので稀に共闘して事件を解決させることもあるといった典型的なライバル関係にある。
犯罪に手を染める前はマジシャンを目指して修行していた経験から、計画する犯罪内容にはマジック要素が盛込まれた物が多い。

 

 


では登場する作品を刊行順にご紹介。
以下、大いにネタバレを含みますのでご注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


第Ⅰ期
FILEシリーズ
ファイル15『魔術列車殺人事件』

 

 

高遠さんの初登場作で【金田一少年の事件簿シリーズ】のファンなら絶対に外せない1冊。私も特に好きな作品です。

高遠さんはこの時は「幻想魔術団」のマネージャーをしており(母親の死の真相を探るために潜り込んでいた)、立場を利用して魔術団のメンバーをマジックショウさながらの奇抜で大胆な計画を用いて3人を殺害。計画から実行まで全て自身で行った事件はコレのみで、この事件の段階では犯行理由は母親の復讐という私怨によるものです。
マネージャーとして気弱な人物を演じていたのが一転、解決編で金田一に犯人として指摘されると徐々に態度を豹変させるところが圧巻です。明らかにコレまでの犯人達とは一線を画す存在感。初読のときは通常運転で別段特別感もない事件と思っていたので、解決編を読んでいて「おおお」と興奮しました。

名言の、
「君と同じですよ金田一君!ただ僕は人を欺くことに快感を覚え――君はそれを見抜くことに“使命感”を感じているようですがね・・!」
や、
「血ノヨウニ紅イ薔薇」
とか、
「Good Lack!!」
など、オキマリのセリフもこの時点ですでに出て来ます。

ラストに母親である近宮玲子が仕掛けた罠に気が付いて身を引くところがまた良いですよね。
復讐が成就した直後、刑務所から脱獄します。

 


ファイル19『速水玲香誘拐殺人事件』

 

 

金田一に「犯罪コーディネーター」としての顔を見せる最初の事件。

この事件はFILEシリーズの最後で一端ここで一区切りなので(実際はコミックスのデザインをリニューアルさせただけなんですけどね)満を持して高遠さんを登場させた感じ。
高遠さんは変装して芸能プロダクションの社長秘書・小渕沢秀成として潜り込み、事件の経過を観察。最後の最後、駅の反対側のホームから金田一に電話をかけてくるまで正体は明かされませんが、怪人名が「道化人形」だったり、シルエット部分でマリオネットをいじっている場面があったり、途中で犯人が「血ノヨウニ紅イ薔薇」と言ったりなど、作中で色々と匂わせています。
犯行には直接手を貸しませんが、せっかくの計画を台無しにしたということで、自供中に犯人を自殺に見せかけて毒殺します。

 


Caseシリーズ


Case5(ファイル24)『露西亜人形殺人事件』

 

 

コミックスの著者のコメント欄で「原作者一押しの最高傑作がコレです」と当時天樹さんが仰っていた作品。

最高傑作かどうかはさておき、高遠さんを語る上では『魔術列車殺人事件』の次に外せない作品で重要です。
今作では高遠さんは金田一同様、暗号解読レースの助っ人として参加して事件に巻き込まれる立場で加害者側じゃありません。『速水玲香誘拐殺人事件』のときはあんなに完璧な変装をしていたのに、何故か今作ではいつもの恰好に仮面を被っているだけで隠す気ゼロ。奇術師のスカーレット・ローゼスというふざけた偽名を名乗り、金田一にもすぐに見破られます。

金田一と“どっちが先に犯人を突き止めるか”の賭けをし、「自分が勝ったら犯人を殺す」と明言して「よし!二人の推理対決だ!」といった運びに。
が、最終的に犯人特定の為に金田一の提案した芝居にノリノリで応じてくれるし、犯人に同情したのか、自殺を止めて改心の言葉を投げかけてくれるし、金田一との約束を守ってくれるし、オマケにマジックも披露してくれるしで、結果的に金田一と協力して事件を解決させた形になっています。この事件ではやっている事だけ見るとかなりいい人っぽい(笑)。単純な殺人鬼ではない、高遠さんの人間味が垣間見られる作品ですね。今作では誰も殺傷せぬまま逃亡。
「私と君は決して交わることのない平行線―――だが平行線は交わりこそしないがいつも隣にある・・!」
の、お馴染みの平行線ウンヌン発言は今作のラストで出て来ます。以降、平行線平行線と事あるごとに発言するように。

 

 

短編集
明智警視の優雅なる事件簿
FILE4『幽霊ホテル殺人事件』

 

 こちらは明智警視が主役の短編集。

『魔術列車殺人事件』より2年前、明智さんのロサンゼルス時代に遭遇した事件で、高遠さんは謎の東洋人マジシャン「マスクマン」としてホテルのディナーショーに出て来ます。何故か演目が終わってプライベートで飲んでいるときまでマスクを被っています。この時はまだ素顔を隠す必要なんてないはずなのですが・・・。バーでマスク被って飲んでいたら目立ってしょうがないですよね(^^;)
手品で明智さんに事件解決のヒントを与えてくれます(いい人・・・)。『魔術列車殺人事件』で警視庁に挑戦状を送りつけてきたのは、この事件で明智さんを“観客の一人”として目を付けたからなんじゃないか、とのこと。まぁ実際は明智さん休暇中だったんだけど・・・。
明智さんは元々近宮玲子と親交があったし、明智さんも高遠さんと奇妙な縁があるんですねぇ。この後の事件でも何回か明智さんをガッツリ巻き込む計画を立てていますから、高遠さんにとっては明智さんも金田一と同等に意識する存在なんですね。
明智さん単独の短編集なので見逃されがちかも知れないですが、決死行への伏線が仕込まれていますので、このお話を先に読んでおいた方が決死行をより楽しめます。

 

 


Case7(ファイル26)『金田一少年の決死行』

 

 

Caseシリーズの最終事件で第Ⅰ期完結編。

完結編ということで色々と作者の気合いを感じる作品。トリックについては色々物議がありますけどね・・・(^_^;)
新聞広告で明智さんや金田一を誘き出すという方法なのですが、細やか過ぎてちょっとどうかと思ってしまいますね。海外だし。普通は「さあ行ってみよう!」とはならないんじゃ。
最後はやっぱりハッキリとした対立構造ってことで、高遠さんは今作では王道を行く悪役っぷりを発揮してくれます。実行犯のことを思ってちょっと黄昏れたりもしますけどね・・・。剣持警部に化けるところも完結編スペシャルを感じる。冒頭で一人殺しているのが思わぬ伏線になっています。
高遠さんはここで金田一に正式に敗北を認めてお縄に。その後、夏休み前の金田一の元に謎の手紙が届いて、金田一が自転車で旅に出るところで第Ⅰ期幕引き。さて、気になる手紙の主は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


不定期連載
(ファイル27)『吸血鬼伝説殺人事件』

 

金田一少年の事件簿 File(27) (講談社漫画文庫)

金田一少年の事件簿 File(27) (講談社漫画文庫)

 

 前作から四年ぶりの作品。この時は金田一もまだ夏休み旅行続行中です。
高遠さんの姿は出て来ませんが、やはり第Ⅰ期最終回でのあの手紙は高遠さんからだったことが明かされます。新たな事件の「温床」になりかねない場所が書かれている手紙なんだそうな。

 


(ファイル29)『獄門塾殺人事件』

 

 久しぶりに高遠さんが本格的に登場する事件。

コレの直前の作品『オペラ座館第三の事件』のラストで高遠さんは脱獄済みです。脱獄後、金田一に送った手紙と同じ内容もものを明智さんに送っています。
「犯罪コーディネーター」として再始動で、塾講師の赤尾一葉というまたもや安易な偽名と、スケキヨみたいなゴムマスクを被っているだけという雑な変装(この頃は絵柄も雑ですね・・・)で関係者の中に紛れ込んでいます。
実行犯の一人を茎に毒が塗ってある薔薇を投げて殺害という、必殺仕事人みたいなことをやってのけています。

 


(ファイル31)『黒魔術殺人事件』

 

 「犯罪コーディネーター」続行中。

黒魔術師の黒瓜鬼門として潜入。また仮面被っています。いつもは最後まで変装のことはスルーなのに、今作では途中でちゃんと皆の前で正体を暴こうとする金田一。今作ではちゃっかり役者の代役を用意している高遠さん。ちなみにその役者さんは毒仕込まれて高遠さんに殺されちゃいます。今作では唯々非道な殺人鬼ですね。
この時の高遠さんなんですが、顔が・・顔が変・・・!ショッキングな崩壊っぷりです(T_T)中身も容姿も今までと違う・・・つまり別人!と、思いたいけど別人ではない(-_-)

 


(ファイル32)『剣持警部の殺人』

 

 少年法などがテーマの社会派な作品。

被害者達が外道過ぎて胸くそが悪くなるので、個人的には再読がキツい事件(^^;)。
今作では高遠さんのシナリオによる事件だということは最後でわかります。剣持警部が容疑者として追われるように仕組んだ模様。素顔のまま牧師に扮して少年院に通い、犯人を唆しています。大胆ですね・・・指名手配とは?

 

 


20周年記念シリーズ
(ファイル37)『薔薇十字館殺人事件』

 

 「地獄の傀儡師」宛に脅迫状が届いてお話が始まるという珍しいパターン。

しかも高遠さん、人を守るのは苦手だとかで条件出して言いくるめ、金田一を助っ人に連れて行こうとします。どういう神経してんだって感じですが、まぁ能力は認めているってことですかね。
今作ではなんとずっと素顔のまま。フラワーアレンジメントをしている遠山遙治と名乗って、金田一君と七瀬さんとは友人として昔から仲良くさせてもらっています」とか言っちゃう。
金田一と美雪と三人で事件捜査するのが新鮮すぎて面白い。息の合った捜査で美雪を呆れさせています。女子のスカートに手を突っ込むシーンが衝撃的。『露西亜人形殺人事件』に続き、ファンとしては外せない作品で、『露西亜人形殺人事件』同様に今作では誰も殺傷していません。
最後は金田一との約束を守って警察に出頭するも、間髪を入れずにすぐに脱獄。どこかの廃墟に向かっています。

今作では高遠さんに腹違いの兄弟である妹がいたことが発覚し、建築家だったらしき父親の謎(育ての父親とはまた別らしい)なども出て来て、ここから新章ともいうべき“高遠さん、自身のルーツ探し”が始まります。

 

 


金田一少年の事件簿R
(ファイル39)『亡霊校舎の殺人』

 

 「犯罪コーディネーター」再開。

ですが、父親が建てたと思しき建築物を探るルーツ探しの方が主な目的らしく、芸術犯罪への意気込みは薄いような(Rに入ってからは全部そんな感じ)。事件現場にはおらず、無線で実行犯とやり取りしています。解決編はモニターでワイン片手に観察していて、まるでテレビ視聴しているかのような気楽さ。ここで高遠さんは思いがけない資金を手にしています。使い道が気になるところ。

 

 


(ファイル41)『蟻地獄壕殺人事件』

 

 「犯罪コーディネーター」続行中。ルーツ探しも続行中。
途中で高遠さんが絡んでいるとわかる事件ですが、今作もやっぱりルーツ探しが主で犯行計画にはさほど執着していないように感じる。珍しく本気の変装で巳月七生(男)という高校生の振りして紛れ込んでいます。終盤で、消去法で金田一に正体を見破られるも、ページが足りないのかというくらいに思いの外あっさり逃亡します。

 

 

(ファイル47)『金田一二三誘拐殺人事件』

 

 唐突に【金田一少年の事件簿】最後の事件。

第Ⅰ期最終回と比べるとまったく特別感がない事件なんですが、最後は最後。解決編で高遠さんが事件に関わっていたとわかる事件で若干後付けっぽい。詳しくはこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

Rになってからちょこちょこ登場していた「Caféふくろう」の店主が高遠さんだったことが最後に明かされます。

 

 

 

 

 

 

 

スピンオフ
『高遠少年の事件簿』

 

 遂に出た!な、高遠さん主役のスピンオフ。詳しくはこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

明智さんと高遠さんは出身高校が一緒。ここでもまた明智さんと高遠さんとの奇妙な縁が。

 

作者は違いますが、
『犯人たちの事件簿』4巻もついでに読むべし↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 


今後どうなる?
さて、順番に紹介した訳ですが、こうやって順に思い返してみると高遠さんも結構キャラクターとしてその時々で変動していることがわかりますね。
高遠さんが登場する事件ばかり集めて紹介しましたが、シリーズ全体での事件順番が気になる方はこちらをご参照ください↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

第1期だの、短期集中連載だの、20周年記念シリーズだの、Rだので、ややっこしいですよね(^^;)

 

金田一少年の事件簿】の方では結局高遠さんの“自信のルーツ探し”がどうなったのかわからずじまいに終わっていますので、【金田一37歳の事件簿】で明かされるのかどうか気になるところ。2巻に長髪の白髪姿で登場しましたけどねぇ。どうも変なことになっているようですし・・・↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

今後もやっぱり高遠さんから目が離せませんね!

 


ではではまた~

『ポイズンドーター・ホーリーマザー』読むには注意が必要!?な短編集。

こんばんは、紫栞です。
今回は湊かなえさんの『ポイズンドーター・ホーリーマザー』をご紹介。

ポイズンドーター・ホーリーマザー

第155回直木賞候補作。

単行本の表紙がちと怖めですね。文庫版も不気味さが漂っていますが。

 

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

 

 

『ポイズンドーター・ホーリーマザー』は短編集。イヤミスの女王として名高い湊かなえさんらしく、期待を裏切ることのない、後味が悪く、“リアリティがあり過ぎるエグみ”に溢れたお話が詰まった短編集です。これぞ湊かなえ作品といった著者の王道を行く1冊。やっぱりこういう短編が抜群に上手い作家さんだと久しぶりに読んで実感しました。

この本を原作としてWOWOWプライムでの連続ドラマ化が決定しています。キャストや演出など、どの女優さんがどの様に演じられるのか気になるところ。
私は文庫本で読みましたが、文庫本の方だとドラマの脚本を担当される清水友佳子さんのあとがきが収録されています。同じく湊かなえ原作のドラマ『リバース』の制作にも関わっていた脚本家さんですね。

 

www.yofukasikanndann.pink

 


目次
●マイディアレスト
●ベストフレンド
●罪深き女
●優しい人
●ポイズンドーター
ホーリーマザー

の、6編収録。
湊さんの作品は連作短編なども多いですが、この短編集は4編までは独立した作品で、終わりの2編「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」は繋がったお話。本の表題もこの2編のタイトルを繋げたものになっていますね。
全話主役は女性で6人の女それぞれの物語が描かれます。

 


まずは表題作以外の4作をご紹介。

 

●「マイディアレスト」
姉と妹のお話。異性関係に厳格な母親の言いつけ通りに過ごしてきた結果、異性との交際にコンプレックスがある姉が語り手。妹は姉とは対照的に好き勝手に奔放に楽しんでいて、自分には厳しかった母親は何故か妹に関しては放任気味。妹に子供ができて結婚が決まると、今度は妹を優遇するようになる母親・・・。姉からすると言いつけ通りにしてきた自分が阻害され、好き勝手してきた妹の方が優遇されるというのは如何にも納得いかないですよね、ホント。
しかし、こういう状況というのは家庭内で往々にして起こる出来事。上の子には厳しくあたったのに、下の子には甘くなるというのも、今まで問題を起こしまくっていたのに、子供を産むとなったとたんに全てが帳消しになるというのも。何というか分かり見が過ぎる(^^;)
桜庭一樹さんの短編でも同じような設定のお話がありましたね↓

 

 

ゾッとするようなラストですが、個人的にはこの「マイディアレスト」が一番短編として纏まっている感じがして好きです。

 


●「ベストフレンド」
脚本家になる夢を追い続けている主人公が、ライバルへの嫉妬に苦しみ、失脚を願うようになるが・・・な、お話。読んでいる最中はなんで「ベストフレンド」というタイトルなのかと疑問でしたが、結末を読んで納得。う~ん、でも、ちょっとこの結末への持って行き方は強引かなぁとも思いましたけど。今作の中では一番ミステリ色が強い作品ですかね。
湊かなえさんは脚本家を経ての作家なので、脚本賞などの詳細が描かれているのは興味深いです。受賞するまでも大変ですが、脚本家を職業とするにはその後の立ち回りが大切なんですねぇ。

 


●「罪深き女」
無差別殺傷事件を起こした犯人がいて、このような事件を引き起こさせたのは自分のせいだと警察に訴えに来た女性の証言が中心に描かれるお話。
タイトルの通り、「罪深いんだよこういう人が」と、いった感じ。自分を中心に物事を捉えて、主役気取りで浸っているという。端から見ると独りよがりで滑稽。
しかし、こんな風に自分の言動が周りに多大な影響を与えているのだと思い込んでしまうというのは大なり小なり皆あると思います。こっちは相手にした事をいつまでも気に病んでいたのに、いざ相手に訊いてみると覚えてもいないなんてことありますよね。まぁ逆もしかりですけど。
知らぬうちに自意識過剰になってしまっている状況は多々あります。本来はみんな自分の事で手一杯で他人のささいな言動なんて気にも止めていないことが殆どだったりするんですけどね~。
この作品にも異性関係にやたらと厳しい母親が出て来ます。

 


●「優しい人」
「誰に対しても優しくするように」という母親の教育によって対人関係や自己主張が上手くいかない女性が主役で“優しさ”とは何かを考えさせられるお話。
主人公は母の教えのままに最初のうちは“優しい人”として相手に接するが、いつも相手に一番ダメージを与える状態の時に抑圧された気持ちが爆発してしまい、反発し、拒絶してしまうので結果的に相手からも、その様子を見ていた他の人々からも「酷いじゃないか」と言われてしまう何だか貧乏くじを引き続ける人生を歩んでいます。
とはいえ、私も主人公の行動はちょっと頂けないんじゃないかと思ってしまいましたね。コレはコレで「罪深き女」だなと。
“優しく”と言いますが、行動は母親の強制によるもので主人公の意思は無視されているので、結局“優しくしている”んじゃなくって、命令に従っているだけなんですよね。職務を遂行しているようなもの。“優しさ”なんて際限のないもの、自発的じゃないと対人関係では無理がくるに決まっていますよね。
“優しい”ことは美徳ではあるのでしょうが、ただ唯唯諾諾と優しく接するだけでは“優しい人”ではなくただの“便利な人”になる。利用する人が悪いのは勿論ですが、主張することをまる放棄して“優しい人”ぶるのもまた問題なんじゃないかと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

毒親
「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」は毒親がテーマ。タイトルは直訳すると「毒娘」と「聖母」ですね。
「ポイズンドーター」は母親のことを毒親だと告発する娘視点で描かれるが、「ホーリーマザー」では一転して母親は聖母のような人だったという友人視点で描かれ、娘は友人に「あんたは毒娘だ」と糾弾される。

この話で最後に出される結論がですね、親に苦しめられたと感じている人には不愉快になったり怒りが込み上げてきたりすると思うので、注意が必要ですね。物議を醸す作品です。

 

私も読み終わっての率直な意見としては「納得がいかないな」と思いました。

関係の浅い友人に「あんたの母親は聖母のようで、お前の母親に対しての考えは間違いだ」なんて糾弾されても納得なんてできる訳がない。と、いうかそんなことを断言して言える立場にないだろうと。友人は外での母親の姿しか知らないからです。

外での振る舞いと家の中での振る舞いは変わるに決まっているし、家族間でのことは家族にしかわからないのも当たり前。たまに近所で擦れ違う程度でしかない他人が、一緒に暮らしていた娘よりも知っていて理解しているなんてことある訳がない。それを!正論述べている顔をして「毒娘」だの言って糾弾するなんて、何様だ!ほんとに!!

 

と、思う訳です。

 

 

とはいえ、娘の方も納得できる行動ばっかりとっている訳でもないんですけど。それにしても、やっぱり友人の視点は穿って見過ぎだと感じます。どの言動も悪く捉えていて、最初っから全否定する気しか無いように見える。まぁ、学生時代に腹いせで好きな人横取りした奴に優しくしようとは思わないかもですが。

 

他にも、“極端に酷い目に遭っている人しか声を上げてはいけない、軽度の人が大勢声を上げると本当に酷い目にあっている人が埋もれてしまうから”と、いった意見も「線引きはどうするのか」と疑問。犯罪レベルじゃないと駄目ってこと?結局比較論?
あと、最後の子供を産めば分かるといった意見も、女は子供を産まないと成熟しないと言われているようで、独身には気分が悪いです。

と、まぁグチグチと思ってしまったのですが。
今作ではどのお話も母親が深く関わっています(「ベストフレンド」はちょっと違うかもですが)。父親は完全に無視状態で、描かれるのは母娘。女性作家さんは母親と娘の関係を描く人が多いですね。それだけ影響が強いってことなんでしょうけど。

 

 

 

 

 

 


母と娘
どんな親が“毒親”なのかはハッキリ断言できるものではありません。全ての子供が親を憎むからです。コレはもうどんなに恵まれている人でもそうで、頻度の問題。親が違えば別の人生が、もっと違った人間になれたかも、なれたハズと夢想したことがない人なんていないと思います。親の場合も同様で、どんな出来た親だって、子供を疎ましく思う瞬間というのは必ずある。

尊敬や感謝、愛情を抱きつつ、負の感情も抱く。家族とは、人とは、そういうもの。だから結局折り合いを付けていくしかない。

 

個人的な意見としては、自己主張が思うように出来ない家庭環境というのはやはり健全な状態ではないと思います。聖母のように愛情を持って育てていたと、いくら周りに思われていたとしても、受け取り側である当人に伝わっていなければ、愛情を注いだ事にはならない。
伝わることが大事で、極端な話、伝わっているなら大抵は大丈夫。


「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」の娘・弓香と母・佳香の間違いというのは伝える事を放棄したことだと思います。弓香は先に母親に訴えるべきことを「毒親」として世間に公表したこと。それにたいし、佳香は娘に反論することをせずに死を選んだこと。たとえ糾弾するような形になったとしても、それによって断絶する結果になったとしても、相手にぶつけるべき。
母娘だけでなく、どんな対人関係でも相手に伝える努力は必要だと思います。
まぁ職場などはともかく、家でくらいは言いたいことを言いたいものですよね(^_^;)


ともかく色々考えさせられる短編集です。自分ならどう思うか、是非読んでお確かめください。

 

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

 

 

 

ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 


ではではまた~

『絡新婦の理』(じょろうぐものことわり) ネタバレ・考察

こんばんは、紫栞です。
今回は京極夏彦さんの『絡新婦の理』(じょろうぐものことわり)をご紹介。

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)


あらすじ

「あなたが――蜘蛛だったのですね」
低い、落ち着いた声だった。
一面の桜である。
満開の桜の只中である。

昭和二十七年五月二日、信濃町で矢能妙子という娘が平野祐吉という男に殺害される事件が発生。平野が捕まらないまま、十月に新たに二人目の犠牲者として川野弓栄、そして年の暮れには山本純子という三人目の犠牲者が出た。被害者達はいずれも両目が潰されており、平野祐吉は『目潰し魔』と呼ばれ世間を騒がせることになる。
翌年、東京警視庁の木場修太郎は『目潰し魔』によるものと思われる四人目の犠牲者が出た事件の捜査にあたる。しかし、事件を追ううちに捜査線上に木場の友人である川島新造の名が浮かぶ。本人に問い質そうと川島の元を訪れた木場だったが、川島は「女に、蜘蛛に訊け」と言い残してその場から逃走してしまう。

聖ベルナール女学院の生徒・呉美由紀と渡辺小夜子は“ある理由”から学院内の噂話を探り、悪魔「蜘蛛」とそれを崇拝する「蜘蛛の僕」の存在を知る。小夜子は勢いにまかせ「蜘蛛」に自身の“願い”を叫んでしまう。その後、美由紀と小夜子は「蜘蛛の僕」の一員だった麻田夕子と接触するが、夕子が二人に語った「蜘蛛」と「蜘蛛の僕」についての内容は信じがたいものだった。しかし、夕子の話を裏付けるように殺人が起こり――。

房総に釣りに来ていた伊佐間一成は呉仁吉老人と意気投合。蒐集品を売りたいという仁吉に鑑定のため今川雅澄を紹介し、仁吉宅に訪れた近在の旧家・織作家の使用人である出門耕作から「ついでに織作家の大黒柱であった雄之介の遺品の精算をして貰いたい」と請われて翌朝、伊佐間と今川は連れだって「蜘蛛の巣屋敷」と渾名される織作の屋敷へ赴く。そこで事件が発生。二人は目撃者となり、織作家の事件に巻き込まれることに。
伊佐間の意思により今川は「織作家の呪いを解いて欲しい」と、陰陽師である中禅寺秋彦に正式に憑き物落としの依頼をする。依頼を引き受けた中禅寺は事件の舞台である聖ベルナール女学院、そして織作家へと向かうのだが――。

数々の事件は八方に張り巡らされた蜘蛛の巣となって関係者達を搦め捕り、眩惑する。巣の中心に陣取る「蜘蛛」とは果たして何者なのか?その目的とは?

女は、静かに、毅然として云った。

「それが――絡新婦の理ですもの」

 

 

 

 

もっとも華やかな作品

『絡新婦の理』は百鬼夜行シリーズ】(京極堂シリーズ)の五作目。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

お坊さんばかりで、男性ばかり、山奥のお寺が舞台で必然的に女っ気と耽美さが薄かった前作鉄鼠の檻

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

鉄鼠の檻(1)【電子百鬼夜行】

鉄鼠の檻(1)【電子百鬼夜行】

 

 

とはうって変わって、今作『絡新婦の理』は“女性”が大きなテーマで、女学院と女系一族である織作家が舞台。キリスト教における女性と悪魔、売買春、フェミニズムなどなどが絡む事件。そして、これでもかと登場する絶世の美女達・・・。艶っぽく、怪しく、耽美全開!で、シリーズの中ではもっとも華やかな印象を受ける作品だと思います。私は【百鬼夜行シリーズ】は基本全作好きですが、この『絡新婦の理』は特に好きな作品の一つです。

 

絡新婦の理(1)【電子百鬼夜行】

絡新婦の理(1)【電子百鬼夜行】

 

 

 


女郎蜘蛛・絡新婦
タイトルにある“絡新婦”ですが、“じょろうぐも”なら通常は“女郎蜘蛛”と書くはずで、“絡新婦”でそう読ませるのは納得がいかないですよね。漢字変換でだってこんな字での変換候補は出て来ません。
何故この表記なのかというと、このシリーズでは毎度お馴染み、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に目次には“女郎くも”と書いてあるものの、目次の対項目での記載は“絡新婦”に“じょらうくも”と、振り仮名が振ってあるため。作中での中禅寺の説明によると、
「斑蜘蛛、一名女郎蜘蛛は中国名を絡新婦(ロスインプウ)と云うと『和漢三才図会』に記されている。それを書いた石燕は三才図会を善く引いたからね」
とのこと。
作中ではこの後に女郎蜘蛛は元が巫女だったが、神性を失って娼婦に、そして妖怪へと転落していったものだと中禅寺は語ります。
社会・歴史における女性のありさま「女性から神性を搾取することで成り立った近代男性社会」を先読みするような妖怪で、今回の事件ではこれらの歴史的背景が事件に深く関係しています。
織作家が機織で財をなした家だという設定も、蜘蛛が糸を紡ぐところからくる暗示ですね。ちなみに“機を織る”という行為も近代男性社会での女性のありかたの面で重要な側面を持っています。

 

 

 

読みやすい?
この『絡新婦の理』、蜘蛛の巣ミステリなだけに事件構造の複雑さも登場人物の多さもシリーズの中ではトップクラス級で、もちろんページ数だって通常通りの千ページ越え。さぞ読むのには時間がかかるんでしょう?と、思うところですが、「前四作に比べると凄く読みやすい」という感想を抱くシリーズファンは結構います。


それは何故か・・・
たぶん・・・
関口が、いないから・・・


(^^;)


いや、登場はしているのですが、今作ではエピローグ部分のみで関口は事件に直接関係していません。これは第一作から続けて読んできたシリーズファンにとっては結構な衝撃なんですよね。【百鬼夜行シリーズ】は主の語り手は関口が務めるのが“おきまり”なんだと、ファンはそれまで思い込んでいたので。前四作では三分の一は関口が語り手でしたからね。
エピローグでも鳥口に
「関口先生、今回は何だって出番がないんですよ」
とか言われちゃっています。
これ、もうホント、読者の気持ちそのまんまなセリフなんですが(笑)

 

なんで今作では不在なんだというと、まぁ単純にこの物語には不要だからなのですが(こういったとこ、京極さんはシビアですからね)。

で、じゃあ誰が語り手を務めているのかというと、主に木場と伊佐間屋と今作のゲスト(?)・女学生の呉美由紀です。
この美由紀ちゃんなんですが、酷い状況に追い込まれても女学生ながらに奮闘し、聡明さと啖呵を切る豪胆さもありと、なかなか気骨のある女の子で、読んでいて非情に好感が持てます。個人的にまたシリーズに登場させて欲しい人物の一人なんですがどうでしょう?(笑)。


木場は行動派で、伊佐間屋は飄々とした人物。主な語り手三人が皆割とサバサバした語り口なので、いつも迷っていて頼りなく、湿度が高い(?)語り口の関口とはかなり異なる。
しかしまぁ、この関口の客観的になりきれない、ある種陰気な語りがシリーズの持ち味の一つになっているという意見もあり、「関口の語りじゃないから読みにくい」という真逆の声もあります。
私は木場も伊佐間屋もゲストの呉美由紀も個人的に好きなキャラクターなので、単純にこの三人の語りは読んでいて面白かったし嬉しかったです。特に木場は前作の『鉄鼠の檻』では不在でしたから、序盤で語り手として登場したのは嬉しかったですね。

もちろん関口の語りが嫌いな訳ではないですよ(^^;)関口のあの語りだからこそ醸し出される雰囲気というのは【百鬼夜行シリーズ】の基盤みたいなとこありますからね。関口の語りを存分に味わいたい方は姑獲鳥の夏をどうぞ↓

 

 

姑獲鳥の夏(1)【電子百鬼夜行】
 

 



 

 

登場人物・繋がり
関口は最後にチラッとですが、『絡新婦の理』は【百鬼夜行シリーズ】のレギュラーメンバー総出演のお話です。
シリーズ的に大きな出来事の一つが、前作『鉄鼠の檻』では刑事だった益田龍一が榎木津に弟子入り志願して『薔薇十字探偵社』の一員になるところです。
榎木津の破天荒な性質に憧れてってことなんですが。榎木津に弟子入りしようとして刑事辞めるとはなんと愚かな…と、最初読んだときは驚いたものです(^_^;)
榎木津にも弟子入り志願を聞いた後の第一声で「オロカ」と言われています。以後、彼は「バカオロカ」という綽名で呼ばれ続ける訳ですが。
益田は探偵社の一員になってからは予想以上に活躍するというか、シリーズ内での出番が多いキャラクターとなります。榎木津があの調子なので、依頼人の話を聞いたり調べたりする“通常の探偵的役割”がそのまんま益田に振られるんですね。益田が一員になったことで『薔薇十字探偵社』の登場も増えたような気がします。榎木津はともかく、和寅は益田が来てくれたことで職場環境が改善されたんじゃないかと思います。話し相手兼味方ができて良かったね!って感じ(^.^)最初は益田のせいで辞めさせられそうになっていたけども・・・。
織作家のメイドで奈美木セツという娘が出て来ます。脇役にしてはキャラが濃すぎる愉快な女の子で印象的。憑き物落としの前に織作家を去って行くのですが、スピンオフシリーズの『百器徒然袋』の「五徳猫」で再登場し、

 

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

 

 

百鬼夜行-陽』の「蛇帯」では榎木津の兄が経営している榎木津ホテルで働いています。

 

 

「蛇帯」は次作長編予定『鵺の碑』(ファンがいいかげん待ちくたびれている幻の次作ですが^^;)に関係してくる短編。『鵺の碑』は榎木津ホテルが舞台の一つになるらしいので、この奈美木セツも登場することが予想されます。楽しみですね!(いつになるのかは分かりませんが・・・)


前作の鉄鼠の檻以外にも、姑獲鳥の夏

 

www.yofukasikanndann.pink

 

魍魎の匣

 

www.yofukasikanndann.pink

 

狂骨の夢

 

www.yofukasikanndann.pink

 

に登場した人物や事件での出来事が今作では関係しています。
オールキャスト総出演に加え、今までの全ての事件も関係してくるということで、発売当初は“百鬼夜行シリーズの集大成”なんて風に捉えられたりもしたそうな。そんな思いは次作でひっくり返されるんですけどね・・・・・・。

 

 

 

美しき蜘蛛の巣ミステリ
『絡新婦の理』はシステムのお話。なのでトリックらしいトリックもないんですけど。

一つの事件をたどっていくと、いつの間にか最初の地点に戻り横糸を一周する。しかし、事件を追っていた過程で発見された事実によって交差する糸・縦糸をたどると次のステージの別の事件へ。横糸を一周し、縦糸をたどってまた別の事件を一周・・・と、いった蜘蛛の巣構造。なので、この蜘蛛の巣を張った真犯人を作中では「蜘蛛」と呼ぶのです。「蜘蛛」は巣の中心にいる。糸を辿り続けて、行着く先は「蜘蛛」。そして、「蜘蛛」に辿り着くと待っているのは冒頭のあの台詞・・・・・・。

 

今作の突出した点は「あなたが――蜘蛛だったのですね」という台詞から始まる冒頭部分。この冒頭部分ではすでに事件は収束しており、黒衣の男(中禅寺)は「蜘蛛」である真犯人と対峙しています。この最初の数ページで真犯人は女であること、この女性がどのような体系の仕掛けを用いて事件を発生させたのかが早くも明かされます。
この衝撃的な書き出しがオープニングで、その後は事件の経過が順を追って描かれ、最後まで読むと「あなたが――蜘蛛だったのですね」の冒頭に戻ることになる。と、いう円環構造にもなっています。まるで読者までもが蜘蛛の巣に捕らえられて抜け出せなくなるような物語構成。そこもまた美しい点ですね。

それにしても今作の冒頭部分は圧巻の美しさです。【百鬼夜行シリーズ】の数ある名場面の一つなのは間違い無いと思いますので必見。

 

 

 

憑き物落とし
前作『鉄鼠の檻』はお話の都合上、このシリーズでは謎解き部分にあたる憑き物落としの場面にあまりページが割かれていないのですが(もちろん当社比です)、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

今作は憑き物落とし“中禅寺が着替えてから”が長いです。全体の4分の1を占めていますね。
何故かというと、聖ベルナール女学院での憑き物落とし後に新たな局面が現われ、次のステージとして今度は織作家での憑き物落としをするといった二段構えになっているからなんですが。私はこのシリーズを読む際は「中禅寺が着替えたら、そこからは一気読みする」というふうに決めているのですが(一番面白いとこだから)、『絡新婦の理』は長くってですねぇ~~初読の時は朝方まで読んでしまって、睡眠時間二時間のフラフラ状態で職場に行ったという馬鹿馬鹿しい思い出があります(^^;)
とはいえ、憑き物落としの場面がなんといっても好きなので、単純にいつもより長くって嬉しかったです。
今作では特に、憑き物落としでの中禅寺の登場シーンが凄くカッコいいですね。美由紀ちゃんという少女視点だからというのがあるかも知れないですが、シリーズの中で一番カッコいい登場シーンなんじゃないかと思いますね。“ただ者じゃない感”が凄まじいです。読んでいて盛り上がります(笑)とにかくイチオシ!ポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレ~(犯人の名前も書いているので注意)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジェンダー
登場人物の一人、織作葵は女性権利向上運動の活動をしているという設定。葵の他に美江という葵に影響されて同じ運動をしている女性も出て来ます。
女性権利向上論者達の主張はごもっともな面もあるのですが、何とも物言いが高圧的なところがあり、女性としても読んでいると閉口してくるというか、息が詰まってくるところ。

美江のことを話すと増岡は、
「ああ私はね、彼女達の理屈は判るが、あの臓躁的(ヒステリック)な態度が厭だな。何とかならぬものかと思うね」
と云った。
中禅寺は空かさず、
「馬鹿なことを云うな増岡さん。彼女達をそうさせているのは、我我男じゃないか」
と、云った。増岡は勿怪顔になる。
「君は――女性崇拝者(フェミニスト)なのか?」
「勿論僕は女権拡張論者(フェミニスト)ですよ」

上記は中禅寺と弁護士の増岡との会話。意味合いが擦れ違っているんですけども。


“小説の登場人物の意見がイコール作者の意見ではない”というのは作者の京極さんは何度もインタビューなどで仰っていることですが、私は作者の京極さん自身もフェミニストなのではないかと思います。作品全体的にそういった雰囲気が漂っているんですよね。
よく、京極作品は女性が乱暴されたという設定が多く、女性にはシビアな内容だと言われたりします。確かに過去の出来事として男に襲われたというのは頻繁に出て来ます。今作でも出て来ますし。これは時代設定が大きいのかなとも思うんですけど(現在の時代設定だとそういった事柄は余りない)。でも、京極作品の場合は本当にシビアに扱われているのは女性に狼藉を働いた男性側の方です。なんせ、そういった行為をした男は9割方死なせていますから。容赦なし。
何というか、“もっとも愚かしい人間”として描かれているのではないかと。狼藉者とまでいかないスケベも必ず痛い目にあうのが常なので、男性の方が読んでいてキツいんじゃないかと思いますね。男性作家さんでこういう風に描く人は珍しいです。女性読者が多いのもそういった部分が少なからず影響しているんじゃ。女性としては読んでいると気持ちいいですもん(笑)

今作ではさらに突っ込んで、性差について大いに語られています。テーマの一つですね。

「人間は誰しも男性性と女性性の両方を持ち合わせているのです」

ものごとは「男だから」「女だから」と簡単に分けられるものではない。考え方や行動を性別で区分することは出来ないはずで、女性的な部分が強い男性もいれば、男性的な部分が強い女性もおり、ようはバランスの問題。どっちが良いも悪いもない。

性差などと云うものは文化的社会的に決定されたひとつの局面でしかない

お話の終盤、葵は自身が半陰陽だと明かし、そのことがあったからこそ婦人運動に走ったのだと述懐しています。
伊佐間はその葵を見て、

気高い。半陰陽ではない。両性具有だと、伊佐間は思った。
どちらでもないのではなく、どちらでもある――。
なる程人とは本来こう云うものなのだ。人は本来、男でも女でもあるのだろう。それは決定されているものではなく、己で決めるものなのかもしれない。

ようは、“自分は自分だ”ってことですね。

 

 

 

 


作者には勝てない

 

「(略)敵は――事件の作者だ。君たちは登場人物だ。登場人物が作者を糾弾することは出来ないぞ」

 

「真犯人は、種を蒔き、畑を耕し、水を遣りはするものの、何が生るか、誰が刈り取るかまでは関知しないのですよ。それが敵の遣り方なのです。踊り子は興行主を知らずに舞い、役者は演目を知らずに演ずる。小説の登場人物の殆どはその小説の題名を知り得ない――僕等は踊り子であり役者であり、登場人物なのです」

 

上記は榎木津と中禅寺の作中での台詞。
まるでメタ発言をしているかのような発言内容ですよね。あくまで今作での犯人についてを語っているのでずが、この事件の真犯人「蜘蛛」は、もはやこの小説の作者・京極夏彦その人であり、登場人物達は京極夏彦と対峙しているように見えるように意図的に描かれています。

中禅寺も榎木津も「作品は作者のもの」だと解っており、自分たちが何をしても駒の一つにしかならぬ事を知っています。つまり、最初から負けが見えている闘いなんですね。

「――僕は寧ろ――ここにその真犯人の計画の完遂を早めに来たようなものだと、そう認識しています」

「蜘蛛」の目的は“家を崩壊させること”。中禅寺の憑き物落としによって家は解体され、崩壊する。

憑物が落ちれば家は滅ぶ。
それが、この世の理(ことわり)である。

 

 


茜・動機
『絡新婦の理』はシリーズの中でも死者が多い作品。十五人も亡くなっており、憑き物落としの最中には四人命を落しています。
「蜘蛛」の正体は貞淑で、自己主張をせず、唯唯諾諾と亭主に従っていた次女の茜ですが、何故ここまでの事を仕掛けたのかの動機は明確には解りません。ラストの中禅寺と茜の会話

「本田と云う人は――あなたに――」
「あまり聞きたい名ではありません」

 

志摩子さんと云う女性は、実に律儀な女性だったようです。最後の最後まで、あなたと八千代さんの名前を、誰にも、決して云わなかったそうだ」
「――あの人は――潔い人だった」
「信じてはいなかったのですか?」
「信じません」

 

などのやり取りから、本田は学生だった頃の茜に小夜子と同じように暴行をしたから、八千代と志摩子はかつての売春仲間だったから、そして、“織作家“は茜をもっとも縛っているものだから、標的になったのだと推察することが出来ます(あくまで推察ですが)。
茜がこの計画を練り上げたのは、「あらゆる制度の呪縛から解き放たれ、個を貫き、己の居場所を獲得する」ため。全ての呪縛から解放されるために、己を縛っている要因を持っている物を全て、人ごと排除しようという計画。
とはいえ、おそらく娼婦になるきっかけを与えたと思われる本田や、自分を縛り続ける“織作家”を標的にするのはまだ解りますが、八千代や志摩子まで殺害する必要はないと思えるし、他にも直接関係ない人も巻き込んで、最終的に十五人も死なせるのはいくらなんでもやり過ぎですよね。


この計画はそもそも、実行するからには半端は許されない計画。なので、妥協はせずに非道にするに決意したのと、多くの部分は他人任せでの計画なので、思いもよらず上手くいきすぎるシステムを創造主の茜も止めることが出来なかった、または引くに引けなくなったというのが正直なところなのかな?と。作者の云う「キャラクターの一人歩き」に近い感覚というか。

 

茜がもっとも排除したかったのは、全ての元凶となった本田と、三女の葵なのではないかと思います。一時娼婦として活動し、家に戻って貞淑な妻として振る舞っていた茜にとっては、婦人活動のリーダーとして胸を張って生きていた葵の存在は、自身を卑屈にさせる大きな要因だったのではないかと。
茜は次作の『塗仏の宴 宴の支度』の一作で語り手として登場しますが、その中でも葵に対しての記述が何度もあります。

事件から時間が経ち、茜がどのような心境になっているのかも描かれているので、『絡新婦の理』を読んだなら次作の『塗仏の宴 宴の支度』

 

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

 

 

 

塗仏の宴 宴の支度(1)【電子百鬼夜行】
 

 

も読まなきゃ駄目ですね。終われません。しかもあんな展開になりますしねぇ・・・・。

 

 

 

 

あと、茜の父親ですが、これは状況や記述から鑑みるに、呉仁吉なのではないかと。美由紀が難を逃れたのも仁吉の孫だからじゃないかなんて意見もあったりしますね。しかし、これ程無慈悲な計画を練った茜が“父親だから”という理由で標的から外すのも何だか納得がいかないような気も・・・・・・。

小夜子の妊娠もあやふやなままでしたが、これは想像妊娠だったとしか思いようがないですね。検視で妊娠の事実が出て来ないというならそう考えるしかない訳ですが・・・。他はあえて真相をぼかしているにしても、コレに関しては作中で確りとした記述がないのはひたすら奇妙です。

 

 

と、まぁ色々と書きましたが、あくまで個人的な推測ですので悪しからず。
次作でのどえらい展開から、『絡新婦の理』は長すぎる序章ともとることが出来ます。ファンなら絶対に読まなくてはいけない作品ですし、京極作品の醍醐味が詰まった作品で読みやすさもあるので、初めての人にもオススメです。是非是非。

 

 

絡新婦の理(1)【電子百鬼夜行】

絡新婦の理(1)【電子百鬼夜行】

 

 

 

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

 

 ※漫画もあります↓

 

 


ではではまた~

 

メゾン・ド・ポリス 小説 あらすじ・感想 シリーズ2作をまとめて紹介

こんばんは、紫栞です。
今回は加藤実秋さんの『メゾン・ド・ポリス』のシリーズ2作をまとめてご紹介。

2019年1月11日からTBS系で放送予定の連続ドラマの原作本ですね。

 

第1作目
『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

あらすじ
牧野ひよりは警視庁柳町北署の刑事課に配属されて三ヶ月の新米刑事。努力を重ねて晴れて憧れの刑事になり意気込むものの、任される仕事はお茶汲み、コピー取り、資料作りなどの雑用ばかり。
そんなある日、動画配信サイトに人が焼かれる様子を映した映像が投稿されるという事件が発生。事件は四年前に発生した『デスダンス事件』の模倣犯によるものと思われた。ひよりは課長に四年前に『デスダンス事件』を担当していた元刑事の夏目惣一郎に話しを訊いて来いと指示される。渡された住所の場所に行ってみると、そこは退職した警察官専用のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」だった。夏目はこのシェアハウスで雑用係をしていたのだ。
夏目に四年前の事件を訊きに来たものの、警察を辞めた自分にはもう関係ないと協力を拒む夏目。すると、事件の話を訊かせろとシェアハウスのおじさん四人に迫られて――。

老眼、腰痛、高血圧。しかし、捜査の腕は超一流のおじさん達に導かれ、首を突っ込まれて事件を追っていくひより。やがて、夏目が刑事を辞めたきっかけとなった事件と、失踪したひよりの父の謎の繋がりが明らかになり――。

 

 

 

 

異色で“今どき”な連作ミステリ
作者の加藤実秋さんは一般的にドラマ・舞台化もされた『インディゴの夜』などが有名だと思います。

 

インディゴの夜 (集英社文庫)

インディゴの夜 (集英社文庫)

 

 

 

インディゴの夜DVD-BOX 1

インディゴの夜DVD-BOX 1

 

 

私は原作を読んでいないものの、『インディゴの夜』のドラマは当時観ていたので、今回『メゾン・ド・ポリス』がドラマ化されると知り、興味があって読んでみました。

 

こちらのお話、退職した元警察官のおじさん達にご教授されながら、新米女性刑事が事件を解決していき、刑事としても人としても成長していくハートフルでコメディな連作短編ミステリ。
第1作『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』が2018年1月に発売、第2作『メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視』は2018年10月に発売。そして2019年1月には連続ドラマ化・・・と、続編が出るのもドラマ化が決定するのも早いシリーズ作品ですね。
小説はどちらも最初から文庫での刊行で、1作目は5話、2作目は4話収録。1話の長さはどれも70~90ページほどでコミカルなやり取りも多く、読みやすい作品なので普段小説を読まない人にもオススメです。

 

近年はメディア展開されるものの作品内容が対象年齢の高いものが格段に増えていますよね。数年前まではドラマ・映画の主役といったら十代か二十代、俳優も女優も二十代が終われば「旬は過ぎた」「主演をする年齢じゃない」などと言われていたものですが、今やテレビドラマの主演は四十代五十代の俳優女優務めているものが半数を占めています。
国民の平均年齢が上がっていることや、現役バリバリで元気な高齢者が増えたこと、ライフスタイルの多様化などが要因なのかなぁと思いますが、『メゾン・ド・ポリス』は退職した平均年齢六十代のおじさん達が活躍する新米刑事視点のお話。昨今の流れの最たるもので、ある意味、これ以上ないほど“今どき”なミステリシリーズなのです。

 

 

登場人物
この小説はシェアハウスの住人達の個性や役割分担が確りしているところが何とも魅力的な作品。シェアハウスに居るのは五人のおじさん達で以下の通り。

●夏目惣一郎
元警視庁捜査一課の刑事。取り調べをしていた事件関係者が自殺してしまった事をきっかけに警察を辞めるも、いまだにその事件の謎を追う。今は『メゾン・ド・ポリス』で高平の補佐として使用人をしている。52歳。ぶっきらぼうだが渋めのイケメン。

●高平厚彦
元警務課事務員。『メゾン・ド・ポリス』の管理人を務めていて家事全般を担当している。住み込みではなく家からの通い。家では女性に囲まれて生活しているので挙動がおばちゃん臭い。いつもバラエティ豊かなアームカバーを着けている。60過ぎ。

●迫田保
元所轄の刑事。現場主義で行動派の熱血漢で、捜査への意気込みはシェアハウスのメンバーの中でも強い。仕事に打ち込みすぎたせいか、退職と同時に奥さんに離婚を切り出されて『メゾン・ド・ポリス』に。いつも扇子を持っていて如何にも「たたき上げのデカ」風味。60代半ば。

●藤堂雅人
科学捜査研究所勤務の研究者。結婚離婚を三回繰り返して今は独り身。どんな状況でもいつも白衣を着るのがポリシー。女性が大好きでキザな言動が目立ち、毎回ひよりに胸中でドン引かれている。60過ぎ。

●伊達有嗣
警察庁のお偉いさん。『メゾン・ド・ポリス』の管理人兼オーナーで大変な資産家で大地主。白髪頭でいつも凝ったニットを着ており、好々爺な雰囲気を醸し出しているが、今でも警察にはそれなりの力があり、伊達が電話するだけで事件捜査への参加が許可される。最年長。


このような愉快で優秀なおじさん達に新米刑事・牧野ひよりが振り回されつつ、いつしか奇妙な絆が芽生えていく~・・・と、いったストーリー展開になっております。

 

 

 

ドラマ
上記を踏まえてドラマのキャストをみてみると・・・

 

キャスト
牧野ひより高畑充希
夏目惣一郎西島秀俊
高平厚彦小日向文世
迫田保角野卓造
藤堂雅人野口五郎
伊達有嗣近藤正臣

 

はい。ピッタリなキャスティングですね~(^_^)。


原作があるものがドラマ化される際はどうしても原作のイメージと違うキャストになってしまったりするものですが、今作は非常に原作を尊重した配役になっていると思います。ドラマへの期待が高まりますね。

他にひよりが通っているバー「ISE MOON」の店主・瀬川草介(竜星涼)や先輩刑事の原田(木村了)、新木(戸田晶宏)などの名前は公式サイトにありますが、バーの常連客でひより恋のライバルであるナナの名前がありませんね。

ナナちゃんは女子力が高い見た目なのに酔っぱらうと方言になるという楽しい人物。ドラマに登場しないとなるとちょっと残念なんですが・・・どうなのでしょう?

 

 

 

 


第2作
『メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視』

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

登場人物達もストーリーもそのまま引き継ぎの続編。今作の最初のお話で藤堂さんの二番目の元奥さん・杉岡沙耶が登場します。杉岡さんは四十過ぎのはずだが、まったくそうは見えないモデル体型の美魔女風(?)美人の鑑識課員。ひよりのいる柳町北署に赴任してきて、以後、何かと捜査に協力してくれることに。ドラマでは西田尚美さんが演じられるそうな。
ひょっとしたらドラマではナナちゃんの役割は杉岡さんに振られるのかもしれないですね。ひよりの相談役ではっぱをかける役割。

 

サブタイトルにあるエリート警視とは間宮朝人のこと。夏目さんの現役時代の後輩で今は警視。前作にも地味に登場していますが、今作では適役としてひよりにプレッシャーをかけてきます。

第1作のラストでは夏目さんが追っていた事件の大部分や事件関係者の自殺の真相が明らかになるものの、この事件を理由に失踪したと思われるひよりの父は依然出て来ずじまい。そして、事件の大元に警察組織が関わっていた可能性が浮上して・・・・・・と、いったところで終了していました。
第2作では事件を掘り返されたくない警察組織が間宮を使ってひよりに夏目さんをスパイするよう命じ、さらに父かららしき謎の地図が載ったメールが送られてきたり云々。はたしてひよりはどう行動する!?ってなストーリーが展開されます。

 

 

 

 

 


以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


続編
2作目ラストで晴れて夏目さんが追っていた事件は完全に解明され、ひよりの父も無事帰還します。見方によってはこの2作目で綺麗に終わっている状態。
なので、今後シリーズの続編が刊行されるのかどうか気になるところ。別にシェアハウスやひよりの現状は変わらずに終わっているので、いくらでも続けられるとは思うのですが・・・。

続編があるとしたら、個人的に最も気になるのは恋愛部分です。
誰と誰のかというと、ひよりと夏目さん。
ひよりは店主の草介さん目当てにバーに通っているのですが、同じく草介さんを狙っているナナちゃんは会ったこともないのに夏目さんをひよりに薦めてくるんですね。

 

ライバルを減らすための作戦なのは明らかなのだが、焚きつけられるとついシミュレーションしてしまう。これまで一緒に解決した事件で優秀な刑事だったことはわかっているし、見た目もおじさんにしてはカッコいい方だと思う。でも、惣一郎の歳はひよりの二倍。その事実を確認する度に、膨らみかけた胸がしゅんとしぼむのだ。

 

そう、ひよりは26歳。夏目さんは52歳。二人の歳は倍違うのです。
ひよりはなんやかんや夏目さんのことを意識しているのは明らかなのですが(夏目さんの心情はあんまり出て来ない)、この年齢差のせいでいつも思いとどまってしまうんですよねぇ。
うーん・・・どうなのでしょう?確かに、簡単に恋愛対象となる年齢差ではないのでしょうが・・・(^^;)でも決してあり得ないといったものでもない。
2作目の最後では夏目さんに頭ポンポンされて胸がときめいていたひより。小説の続編を望むのはもちろんですが、ドラマでは必ず、絶対に、この頭ポンポンを原作同様に再現して欲しいものです。

 

とりあえず、ドラマも続編も楽しみに待ちたいと思います(^o^)
ドラマで原作が気になった方は是非。

 

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

 

 

 

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

 

 

ではではまた~

『どろろ』アニメ前に予習! 手塚治虫の打ち切り?未完?作品。

 

こんばんは、紫栞です。
手塚治虫さんの漫画作品どろろが約50年ぶり(!)に再アニメ化で2019年1月に放送予定、さらに舞台化もされるとのことなので、今回はこの漫画について少し纏めようとかと思います。

どろろ(1) (手塚治虫文庫全集)

あらすじ
室町時代。武士の醍醐影光は、ある夜「地獄堂」に出向き、彫ったのちに彫刻師が発狂して死んでしまったという曰く付きの四十八体の魔像に天下取りを祈願する。影光は願いを聞き入れてくれてくれるならば「あさって生まれる予定のわしの子どもをやろう。わしの子の目、耳、口、手、みんなおまえたちでわけるがいい。四十八ぴきで四十八か所、好きなところをとれ」と、我が子を生け贄に差し出すことを約束する。
予定日の通りに産まれてきた影光の子は、身体の四十八か所が欠けた異形の状態で誕生した。魔神達が願いを聞き入れてくれたのだと歓喜する影光は、「この子は育たん」と言って嫌がる妻に産まれたばかりの子供を捨てるように命じ、眼前で子供を川に流させる。
その後、赤ん坊は医者に拾われる。医者はこの子を育てることを決意し、長時間の手術をし、義手や義足を作り、見た目上は並みの人間と変わらぬ身体を与える。子供は生まれつき不思議な力をそなえているらしく、やがて自由に走り回れるようにまでなった。
医者の元で生活すること14年。子供の不思議な力に引き寄せられるものか、医者の住居は沢山の妖怪が連日集まる化け物小屋のようになってしまう。子供は医者の元を離れることを決断し、“百鬼丸”という名を医者に与えられて出奔する。出て来た矢先、「おまえは四十八ひきの魔物に出会うだろう」「四十八ひきの魔物と対決せよ。もし勝つことができれば、おまえのからだはふつうの人間に戻れるかもしれぬ」との謎の声に導かれ、百鬼丸は自分の身体を取り戻す旅に出る。
道中、百鬼丸は複数の大人から袋叩きにされていた“どろろ”という幼子と出会う。どろろは幼子ながらに人は騙す、物は盗む、嫌がらせはするといった厄介者だという。百鬼丸どろろを助けるが、どろろ百鬼丸の義手に仕込まれた刀を欲しがり、絶対に盗んでやると言って百鬼丸にしつこくまとわりついてくる。脅かしても恐ろしい目に遭っても百鬼丸の元から離れないどろろ百鬼丸の一人旅はいつしかどろろとの二人旅へとなり、旅の中で二人は次々と魔物と対峙していく――。

 

 

 

 

 

妖怪漫画
どろろ』は1967年~1969年に発表された作品。スポ根意外は全てのジャンルの漫画を描いたなんていわれている手塚治虫大先生。妖怪漫画も描いていたのでした。
この時代は水木しげるさんの墓場鬼太郎など、妖怪漫画が台頭してきた時代だったらしく、創作意欲が刺激された・・・のかどうか定かではありませんが。『どろろ』の作中でもどろろ水木しげるに聞かせたいな」なんてセリフを言っていたりしますので(笑)、大なり小なり意識していたのではと思います。作者本人もインタビューでそう語っているんだそうな。


出て来る妖怪はほぼ手塚治虫のオリジナルで、鳥山石燕の『画図百鬼夜行などを参考に考えられたとのこと。(まぁ、どんな“妖怪もの”も基本は『画図百鬼夜行』なのですが)

「四化入道」という妖怪が出て来ますが、コレほぼ鉄鼠ですね。息子さんのスケッチも参考にしたらしいですけども。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

ユニークなデザインや特性のある妖怪ばかりで楽しませてくれます。百鬼丸の両腕が刀となって戦う姿が印象的なアクションシーンも、かなり凝った構図で映画を観ているようなダイナミックさがあって見物です。

 


打ち切り?未完?
実は『どろろ』は連載や刊行にあたり中々複雑なことになっています。1969年に【少年サンデー】で連載が始まったものの、1968年に「第一部・完」というかたちで一度連載終了、1969年にテレビアニメ化を受けて掲載雑誌を秋田書店【冒険王】にうつし、設定の一部変更にともなってそれまでの原稿は描き直しされ、その後新作が発表されますがテレビアニメ終了と共に雑誌掲載も終了。どろろ百鬼丸の因縁の相手とは一応の決着がついた状態で終了していますが、四十八の魔物との対決が半端なため百鬼丸の身体も当然全部揃ってないので、なんとも中途半端な印象を受ける。
掲載雑誌がうつり、描き直しなどがされている関係で秋田書店サンデーコミックス版(全4巻)と

 

どろろ (第1巻) (Sunday comics)

どろろ (第1巻) (Sunday comics)

 

 

講談社手塚治虫漫画全集

 

どろろ(1) (手塚治虫漫画全集)

どろろ(1) (手塚治虫漫画全集)

 

 

では編集内容などが異なるようです。

全集版の方が最終稿で正当な扱いになりますかね。現在手に入れやすい文庫サイズのものは秋田書店講談社とも全集版と同様です。文庫だと全3巻。

 

どろろ 手塚治虫文庫全集(1)

どろろ 手塚治虫文庫全集(1)

 

 

私は秋田書店の文庫サイズのもので読みましたが、

 

どろろ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)

どろろ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)

 

 

最終話を読んだ後はしばらく「ポカーン」(゚Д゚)でした。

だって最終話の直前まではなにも匂わせてなかったのに、最後の一話で怒濤の展開をしたあげく、無理矢理なモノローグで終了。それまで面白く読んでいただけに、この終わりかたはショックでした。

 

ショックのあまり調べたのですが、打ち切りのようになってしまった理由は、どうも乱世が舞台の陰惨で重く、救いのない内容が読者にウケなかったのと、作者自身が漫画の展開に迷いがでたりしていたのもあってこのような終わらせかたになったようです。「四十八の魔物」とかいうくらいだから長期連載のつもりで設定作ったんだと思うんですけどね。
まぁ、サンデー向きではないよなぁというのは判ります。50年前なら特に。もし今やるにしても内容は青年誌向きですね。しかし、当時もテレビアニメ化されたのだし、

 

どろろ Complete BOX [DVD]

どろろ Complete BOX [DVD]

 

 

単純な不人気とは違うんじゃないかと思いますね。派生作品もいまだにどんどん出て来る状態ですし、魅力的な作品なのは疑いようもない事実でしょう。

 

 


“あの”作品に繋がっている?
作者自身、ストーリーへの迷いがあったとのことですが、なんと当初はどろろ百鬼丸から取られた四十八か所の身体の部分をこねくりまわして作られた人間で、どろろを殺せば百鬼丸の身体は元に戻る」という設定だったのだとか。


なんだその恐ろしい設定は。読み終わった後で知ってびっくりしました。良かった設定変更されて・・・。


それはともかく、設定が抜群に面白い漫画なので、こんな消化不良のような状態で終了してしまったのは勿体ないとどうしても思ってしまいます。作者もそう思ったものかどうか、『どろろ』は後の代表作のブラックジャックの前進的作品だとも言われています。

 

 

確かに、百鬼丸が医者の技術でまともな姿形にしてもらう過程は『ブラックジャック』のピノコに関する設定とほぼ同じだし、ブラックジャックピノコの人物造形や二人のやり取りの雰囲気も『どろろ』があったからこそ産まれたものだという風に感じます。
かくいう私も元々『ブラックジャック』のファンでして。だからこそ『どろろ』はドストライクだったのだなってな気が。なので『ブラックジャック』好きな人にはオススメですね。

 

 

映画・アニメ
私が『どろろ』を読んだきっかけは2007年の映画を観たからでした。

 

どろろ(通常版) [DVD]

どろろ(通常版) [DVD]

 

 

原作とは違い、成人男性と成人女性とのコンビでストーリーもかなり異なるので“原作”というよりは“原案”と言った方が良いくらいですが、コレはコレで別作品として楽しめて私は好きです。

原作とはかけ離れた容姿の柴咲コウさんがどろろ役をしていますが、キャラクターの中身は比較的原作通りで奔放で逞しいどろろが描かれています。妻夫木聡さん演じる百鬼丸は原作よりクールな部分が強調されていました。二人の対比をハッキリさせる為ですかね。
友達はこの映画観て「面白いけど映像が気持ち悪い、グロい」と言っていました。通常はグロいの苦手な私は平気だったんですがね。

監督は三部作にする予定だったらしいのですが、予算など、大人の事情で頓挫してしまったのだとか。当時は主演二人に交際・破局報道などもありましたからねぇ・・・。

続編、是非観たかったので残念です。原作漫画だけでなく映画も不遇な結果になってしまった訳ですね。

 


2019年1月から放送予定のアニメですが、公式サイトを見てみたところ絵柄は近代風になっていますね。髪型がふつうだ・・・。この絵も良いですけど、原作のどろろ可愛いから原作も読んで・・・(^^;)
百鬼丸がかなり無表情ですね。目が死んでる・・・(まぁ入れ目だからなんでしょうけど)映画版の雰囲気のほうに寄せてクールな感じなのでしょうか。

サイトのあらすじだと「十二体の鬼神像」になっています。かなり減ってる・・・!この数からして、今回のアニメでは百鬼丸が身体を全て取り戻すところまでやってくれるのではないかって気がしますね。結果的に原作とはストーリーがかなり違うものになりそうな予感。どうであれ、ハッピーエンドが良いなぁ・・・(^_^)

 

 

 

 

以下若干のネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子
どろろですが、男の子のように描かれているし、どろろ自身も男だと言って振る舞っていますが、実は女の子です。
作中何度も匂わせぶりなシーンがあるものの、直接的な言及などは無いままにお話が進み、最終話でやっとハッキリとしたかたちで明かされます。乱世に根無し草で生きていくには男だと周りに思わせておいた良いという判断なのか、両親はどろろを男の子として育てたということのようです。


原作ではどろろは五才ぐらいという設定ですので、どろろ自身、女だと気が付いていたかどうかもハッキリとしません。個人的には意地で「男だ」と言い張っているだけで本能的なところでは自分の性別のことはわかっていたんじゃないかと思うんですけどね。
人によっては「何のための設定なのかわからない」「男の子で別にいいじゃないか」といった意見があったりします。

私はこの設定が凄く好きなんですけどねぇ。どろどが嫉妬したり頬染めたりするのが可愛いんですよ~(^_^)


ストーリー上は無意味な設定に感じるかもですが、二人の関係性にアクセントが加わって面白味が増していると思います。ひょっとしたら、作者としてはちゃんとどろろが女の子だということが大いに関係してくる展開を用意していたのかもしれないですね。
ゲーム版だとラブロマンスぽくなっているんだそうな。

 

どろろ

どろろ

 

 

ラブロマンスはまぁいいですが(^^;)、今度のアニメでもこの“実は女の子”設定は変更せずに作って欲しいです。

 

 


結末
悲惨な結末が多い手塚治虫作品ですが、『どろろ』では“未完ですよ臭”漂う無理矢理な結末への消化不良と、百鬼丸どろろが別れてしまうラストシーンは悲しいものの、メイン二人が死んでしまうような手塚作品お馴染みの「絶対に続けようもない結末」にはなっていません。
前にインタビューで「僕はキャラクター主体の漫画は描けなくって、いつもストーリーが大前提の漫画しか描けない」と手塚先生が語っているの映像をテレビで観ました。(だいぶうろ覚えですけど・・・)
だからこそ、いつも「キャラクターに容赦ないけども絶対的な結末」というのが迷いなく描けたのだと想像するんですが、『どろろ』には手塚先生も未練や迷いがあったんじゃないかなぁと思います。この作品にもキャラクターにも愛着が湧いていたからこそ、非情でスッパリとした結末には出来なかったのでは・・・・・・と、思いたいところですがどうでしょう(^_^;)

 

未完だというのが通説になっている作品ですが、この終わりかただったからこそ派生作品が産まれ続けていることもまた事実だと思います。今度のアニメや舞台ではどのような結末にもっていくのか気になりますね。出来れば二人が離れない結末にして欲しいもんですが。

 

メディアミックスで気になった方は是非是非原作を。

 

どろろ(1) (手塚治虫文庫全集)

どろろ(1) (手塚治虫文庫全集)

 

 

ではではまた~

 

 

  

『マスカレード・ナイト』あらすじ・感想 映画化作品の続編!

こんばんは、紫栞です。
今回は東野圭吾さんの『マスカレード・ナイト』を読んだので感想を少し。

マスカレード・ナイト

あらすじ
警視庁からの委託を受けた民間団体が設置している「匿名通報ダイヤル」からの情報提供によって、練馬のワンルームマンションで独り暮らしの若い女性の他殺死体が発見される。被害者女性は妊娠しており、被害者宅に出入りする男性の姿が複数の人物に目撃されていた。警察は被害者の周辺を徹底的に捜査するも、いまだにその男性の身元を特定することは出来ずにいた。
そんな中、警視庁に密告状が届く。密告状の文面は次のようなものだった。
『警視庁の皆様
情報提供させていただきます。
ネオルーム練馬で起きた殺人事件の犯人が、以下の日時に、以下の場所に現われます。逮捕してください。
12月31日 午後11時
ホテル・コルテシア東京 カウントダウン・パーティ会場
密告者より』
密告状の内容を受けて「ホテル・コルテシア東京」に潜入捜査をすることを決定した警察。以前に同ホテルにフロントクラークとして潜入経験のある新田浩介はその経験を買われて再度潜入捜査官に任命される。
潜入捜査官にあたり、フロントクラークからコンシェルジュとなった山岸尚美にも再度捜査への協力が求められた。
奇しくも再びホテルでの事件捜査に関わることになった新田と山岸。二人はホテルに訪れる様々な仮面を被った客の中から殺人犯を見つけ出すことが出来るのか――。

 

 

 

 

 

シリーズ3作目
この『マスカレード・ナイト』は『マスカレード・ホテル』

 

www.yofukasikanndann.pink

 

から続く【マスカレードシリーズ】の第3作目。

2作目の『マスカレード・イブ』

 

www.yofukasikanndann.pink

 

は1作目の『マスカレード・ホテル』の前日譚にあたるお話が収録された短編集なので、『マスカレード・ホテル』の続編という点ではこちらの『マスカレード・ナイト』が正式な長編2作目となります。


お話は『マスカレード・ホテル』での事件から数年後。新田は相変わらず警視庁の刑事で、尚美はホテルの受付業務であるフロントクラークの仕事からお客様の様々な要望を聞く係であるコンシェルジュになっています。
コンシェルジュ業務ということで、宿泊客の要望は前作よりかなり突っ込んだものになっています。読んでいるとですね、ホント大変な仕事だなぁと思うのは勿論なんですが、こんな個人の込み入ったこと、ただ宿泊しているってだけでホテルの人間に頼むかな・・・高給取りはそうなのか・・・?とか疑問。尚美は「ホテルマンに『無理です』は禁句」という信念のもと、無理難題にも果敢に健闘しますが、果たしてここまでする必要があるのか・・・と。まぁ、これらの無理難題にも実は訳があるというのが終盤には明らかになるんですけどね。

公式の作品紹介のページなどを見ると“あのホテルウーマンと刑事のコンビ再び”とか書いてありますが、新田は前回の経験からまたフロントクラークへの潜入捜査で、氏原という新たな男性のホテルマンが指導係につき、尚美は尚美でコンシェルジュですので、さほど二人で話す場面も無く、コンビでどうこうといった印象は前作よりだいぶ薄れています。

 

 

進展は・・・?
警察関係者やホテルの上層部などの人間関係は前作からほとんど同様。能勢さんが所轄から捜査一課に栄転しています。今回も情報を掴むたびにホテルにいる新田にビールの差し入れ持って報告しに来てくれます。個人的に能勢さんが好きなので栄転していて嬉しかったです(^^)新田の能勢さんへの信頼度もだいぶ上がっていますね。
今作で登場するフロントクラークの氏原さんですが、最初は頭でっかちのいけ好かない人物といった感じですが、この人はこの人でプロフェッショナルなのだなというのが段々とわかってきて最終的には好感がもてる人物となっています。

 

前作『マスカレード・ホテル』を読んだ人なら、新田と尚美の仲は恋愛として発展しているのかというのがまずは気になるところだと思うのですが、これがなにも起こっていない(^^;)前作の最後で二人で食事していたのにねぇ・・・。どうもあれっきりで特に連絡も取り合ったりしていなかったようです。だから今作で二人は数年ぶりの再会。何だか肩透かしな感じ・・・。

 

 

 

以下がっつりとネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想
今作は登場する宿泊客の大半がお話の主軸の事件に関わっているので無駄が少なく纏まっており、華やかな仮装パーティ会場がクライマックスの舞台になっているところはシリーズのテーマである“仮面”とマッチしていて良いです。


しかし、お話の盛り上がりに欠けるというか、前作よりもエンタメ的楽しみが少なくなっている印象を受けました。尚美が殺されそうになるのも「またか・・・」と思ってしまいましたし(^_^;)ドキドキする間もなく比較的すぐに助かるのも若干拍子抜け。腕時計の伏線は「あ~」と感心しましたが。

 

メインのトリックは宿泊客の仲根緑が実は女装した男性だったというものですが・・・これは前作のトリックを踏襲しているものですが、前作よりわかったときの驚きが・・・「はぁ、男性だったの。それで?」てな感じで一気に謎が解明される爽快感がないんですよね。(頭の良い人は違うんでしょうけど^^;)


犯人達の行動も何だか不自然で無理矢理感が否めません。女性二人の方ですが、取引にこんなに大々的に警察を巻き込もうとするのは、ただ脅して金を巻き上げるのが目的なだけなのにリスクが高すぎて普通はしないでしょうし、仲根緑(森沢光留)はいくらなんでも偽装のストーリーを作る過ぎというか、悪ふざけが過ぎると思います。接触している時間が長ければ長いほど女装がばれるリスクも高まるのに・・・。「年末にシティホテルに何泊もする女など不自然で怪しまれるだろうから」とのことですが、仕事などを装えば大丈夫なのでは?今のご時世、皆が皆年末休んでいるって訳でもないのだし。

日下部が実はホテル側の人間で尚美をテストしていたというのも最後に明かされますが、従業員のテストに一般の宿泊客である仲根緑を巻き込むのも不自然ですよね?ホテルの人間ならばお客に無駄な時間を過ごさせることは職業倫理に反するのでは。本気で仲根緑がタイプで「あわよくば・・・」と考えていたとしか思えない(笑)

 

450ページほどあり、通常のボリュームは十分あるお話なのに、終盤が急ぎ足になっていると感じてしまう点も少し残念ですね。犯人達にはそれぞれ結構な込み入った事情があるぶん、丁寧な描写がないと薄っぺらく感じてしまうと思います。

 

 


今後
尚美がロサンゼルスに勤務することが決まったところでお話が終わっていますが、今後このシリーズは書くつもりあるのでしょうか。書くとしたら今度の舞台はロサンゼルスになるんですかね~。
そして、最後にまた食事の約束している新田と尚美。進展は・・・う~ん・・・。この二人は恋愛とかそういった関係性のものではないのかも知れないですね。そういった想いの寄せ方は双方していないのが現状です。このラストの食事の約束も、食事したらその後はまた機会が無ければ連絡取り合ったりとかしなさそう。
次作でいきなり恋愛関係になっていたらビックリしますけどね~。どうなんでしょう。気になるところですが。


色々と好き勝手に感想を述べましたが、シリーズの第1作、第2作を読んだ人はやっぱり読むべき作品だと思います。映画が公開されれば文庫も発売される・・・と、思いますので(^^;)、映画で気になった方も是非是非。

 

マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

 

 

 

ではではまた~

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

『犬神家の一族』小説・映画・ドラマ・スケキヨ・足・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。
今回は横溝正史犬神家の一族についての色々をまとめて御紹介。

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

 

あらすじ
「御臨終です」
昭和二十X年二月十八日。信州財界の一巨頭、犬神財閥の創始者で日本の生糸王といわれる犬神佐兵衛は、犬神家一族が固唾を呑んで見守る中息を引き取った。
佐兵衛には、松子、竹子、梅子と女ばかり三人の子があったが、三人が三人とも生母を異にしており、その生母らのいずれも佐兵衛の正式な妻ではなかった。佐兵衛は生涯正室というものを持たなかったのだ。佐兵衛は娘たちに対して、どういうわけか微塵も愛情をもっておらず、娘の婿たちのこともまったく信頼していなかった。
佐兵衛の死後、財閥の機構は誰によってうけつがれ、莫大な遺産はどのように分配されるのか――。一族の皆は焦燥し、懸念していた。遺言状は犬神家の顧問弁護士・古舘があずかっており、戦争からまだ帰らぬ松子の息子・佐清が復員し、皆が出揃ったときはじめて開封、発表されることになっているという。
佐兵衛が亡くなってから八ヶ月ほどたった十月十八日。金田一耕助は犬神家の本宅のある那須湖畔に訪れた。古舘の法律事務所に勤務する若林から「近くこの犬神家の一族に、容易ならぬ事件が勃発するに違いないので、未然にふせぐために調査をして欲しい」との手紙を受け取ったためであった。しかし、金田一に会う前に若林は何者かの手によって殺害されてしまう。知らせを聞いて金田一の元を訪れた古舘は、若林は犬神家の誰かに買収されるかして、事務所の金庫に保管していた佐兵衛の遺言状を盗み見たのではないかと言う。
そんな中、佐清が復員してくる。とうとう遺言状を公開するにあたり、強い不安に苛まれた古舘は金田一に遺言状発表の場に立ち会ってくれるよう依頼する。
公開された佐兵衛の遺言状の内容は、一族を互いに憎みあうように仕向け、血で血を洗う渦のなかへ投げこむような条件を課したものだった。
そして、この遺言状に導かれるように恐ろしい殺人事件が次々と起き――。

 

 

 

 

 


シリーズ屈指の人気作
犬神家の一族』は金田一耕助シリーズ】のうちの一つで、長編五作目。順番としては『八つ墓村』の次に描かれた長編小説となります。
最近ではAXNミステリーで実施された「あなたの好きな金田一耕助作品」アンケートで一位も獲得した人気作ですね。
金田一耕助シリーズ】は一般的にこの『犬神家の一族』と八つ墓村

 

www.yofukasikanndann.pink

 

の二作品が有名でシリーズ自体のイメージを固めていると思うのですが、『八つ墓村』は小説ですと終始事件関係者の一視点で描かれており、怪奇冒険譚的側面が強い作品なので、金田一耕助の活躍や探偵小説部分というのは実はさほど感じることが出来ません。そもそも金田一耕助の出番自体が少ないですしね。
犬神家の一族』は金田一耕助が事件を追っていく過程がお話の中心で探偵小説の王道をいくものですし、金田一耕助が推理で大いに活躍もしていますので【金田一耕助シリーズ】の醍醐味を味わいたいのなら『犬神家の一族』が代表作品として相応しいかと思います。

もちろん、濃厚すぎる人間関係や因習にまつわるアレコレ、猟奇的な事件内容、見立て殺人、トリックなど、【金田一耕助シリーズ】の特色がたっぷり味わえる点でも、やはりシリーズ代表作といって間違い無し!です。

 

映画・ドラマ
犬神家の一族』は今までに映画が三作、テレビドラマが五作品公開されています。シリーズ内では『八つ墓村』に次いで二番目に映像化の多い作品ですね。
テレビドラマは今年2018年12月24日に主演・加藤シゲアキさんで放送予定です。なんだか今までに無い金田一耕助作品になりそうな予感がしますが・・・どうなのでしょう?

 

映画
●1954年 東映 金田一役:片岡千恵蔵
●1976年 角川春樹事務所 金田一役:石坂浩二
●2006年 東宝 金田一役:石坂浩二

 

テレビドラマ
●1970年 日本テレビ系列 金田一役:なし
●1977年 TBS系列 金田一役:古谷一行
●1990年 テレビ朝日系列 金田一役:中井貴一
●1994年 フジテレビ系列 金田一役:片岡鶴太郎
●2004年 フジテレビ系列 金田一役:稲垣吾郎

放送予定
●2018年 フジテレビ系列 金田一役:加藤シゲアキ


犬神家の一族』はなんといっても1976年公開の市川崑監督、石坂浩二さん主演の映画が有名です。

 

犬神家の一族(1976)

犬神家の一族(1976)

 

 

金田一耕助シリーズ】の作品イメージを印象づけているがもうこの映画によるものが大きいのではないかと思います。この映画には作者の横溝正史先生も那須ホテルの主人として登場していますので必見。

当時はこの映画がきっかけとなって爆発的横溝正史ブームが到来したのだとか。三十年後2006年に同じ監督・主演コンビで再映画化。

 

犬神家の一族(2006)

犬神家の一族(2006)

 

 

この映画は市川崑監督の遺作となりました。三十年後に同じ主演で同じ映画を撮るというのはかなり珍しいことだって気がしますね。私は世代的にこの2006年版の映画の方が印象は強いです。豪華なキャストで話題でしたが、主演以外にも年齢が合わないのでは?というキャストは何人かいました。ですが設定が昭和なせいかさほど気にならない不思議。

 

金田一耕助シリーズ】の映像化作品は一般的にはやはり映画は石坂浩二さん、ドラマは古谷一行さんというのが二大巨頭でしょうね。

 

犬神家の一族 上巻 [DVD]

犬神家の一族 上巻 [DVD]

 

 

どちらも最初に撮った金田一耕助作品はこの『犬神家の一族』です。

 

テレビドラマの方ですが、片岡鶴太郎さんのものと稲垣吾郎さんのものはリアルタイムで観たことがあるのですが、中井貴一さんが主演をしたものがあるとは知りませんでしたね~。
中井貴一さんバージョンの金田一耕助は洋装でハンチング帽に丸メガネで女性の助手を連れているらしいです。54年の片岡千恵蔵さん主演の映画も洋装らしいですが、これは江戸川乱歩明智小五郎を意識したものなのですかねぇ・・・(明智小五郎は原作だと恰好が時代によって変わるのですが)。

1970年版は設定を70年代になおされていて、登場人物も全て名前が変えられており、金田一耕助も登場しないとのこと。まったく別物の人間ドラマって感じなんですかね。

 

 

モデル
八つ墓村』が史実の「津山事件」を一部モデルにしていることは知っていましたし、前にこちらの記事でも書きましたが↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

ネットで『犬神家の一族』を検索するとこちらも検索候補に“モデル”と出て来る。
え?『犬神家の一族』で史実の事件を元にしている部分があるなんて何だか信じがたい・・・とか思ってちょっと調べてみたのですが、事件がどうこうではなくって、犬神財閥のモデルとして使われているのが戦前に製糸業で財をなした片倉財閥なのではないかと言われているらしいです。
片倉家は信州生糸王の財閥で特に二代目の片倉佐一は「日本のシルクエンペラー」と呼ばれているのだとか。
対して『犬神家の一族』の書き出しをみてみると

“信州財界の一巨頭、犬神財閥の創始者、日本の生糸王といわれる犬神佐兵衛が”

と、ある。
“信州”“生糸王”という部分と人物名の“佐”の字が被っていますね。たしかに財閥のモデルとして片倉財閥が使われている可能性は高そうです。
この片倉財閥、『犬神家の一族』のような血で血を洗う骨肉の争いなどはもちろん起こっていないのであしからず。

  

 


斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)
犬神家の一族』は『獄門島にあったような“見立て殺人”が展開されるお話です。犬神家の家宝「斧(よき)、琴(こと)、菊(きく)」になぞらえた三つの殺人が順番に起こる訳ですが・・・これ、人によっては「“斧(おの)”をなんで“よき”って読むの?」と疑問に感じるのではないかと・・・と、いうか私自身が疑問だったのですが(疑問に思ったのは私だけではないと信じたい)
日本では古くから斧のことを“よき”ともいい、今でも林業の人などの間では斧のことを“よき”と呼ぶ人はいるのだとか。「斧琴菊」というのは元々判じ物として有名な和柄の名称で

※こんな柄↓

 

 

縁起担ぎで「良きこときく」と読ませるために“よき”としているらしいです。

本来は縁起が良い意味で使われる言葉が『犬神家の一族』では松子、竹子、梅子がいじめ抜いた青沼菊乃の呪詛の言葉として使われるのがなんだか空恐ろしいところ。

 

 

 

スケキヨ・足
犬神家の一族』といったらこの足↓

犬神家の一族  ブルーレイ [Blu-ray]

インパクトがありすぎて有名ですよね。もう犬神家といったらコレを連想する人が多いですし、色々な作品でオマージュされていたりします。
まぁたしかに「何事だ」って感じの画なんですけど(^^;)コレは白いゴムマスクを被っているのがこれまた衝撃的な印象の佐清(スケキヨ)の遺体の足です。

ちなみに、映像化作品だと得体の知れない白いゴムマスクですが、原作ですと佐清のゴムマスクは顔に負傷をする前のもとの端整な顔立ちを忠実に再現したもの。佐清は美形の設定なんですね~。佐兵衛翁もかつてはかなりの美貌の持ち主だった設定で血を受け継いでいるのです。

 

最初に竹子の息子・佐武が菊人形に生首を飾られ、次に梅子の息子・佐智が絞殺されて首に琴糸が巻き付いている状態で発見。それぞれ「菊」「琴」と見立て殺人がなされる訳です。で、三番目に殺されるのが佐清で、死に様は「斧」に見立てられているのですが・・・コレ、一見するとどこらへんが「斧」表しているんだって感じですよね。逆さになって足出してるだけじゃんっていう。


これは金田一耕助の解説によると・・・

佐清(スケキヨ)の死体が逆立ちになっている

→ヨケキス→

逆立ちをしたスケキヨの上半身は、水の中に埋没している

→ヨケキスの四文字から下の二文字を取る

→ヨキ(斧)
と、言うわけで被害者の肉体をもって「斧」を暗示しようとしている。

 

・・・ちょっと何それって感じですが(^_^;)
原作では警察が屋敷から見立てに使えそうな道具を一切処分していたため苦し紛れにこのような方法が。
作中でも「子供だましの判じ物だ」と言って金田一耕助がひっつったような笑い声をあげるんですが。こんな陰惨なお話の中で酷く滑稽な事柄が出て来るのがまたなんとも不気味。

 

ところでこのスケキヨの足なんですが、物理的に湖にこんな逆さにぶっさすことが可能なのか?とか思いますよね(思うのは私だけじゃない・・・はず)。犯人が言うには、“なるべく水の浅いところを選って、泥のなかへ体を逆さにつっこんだ。そのときはまだ、それほど氷は厚くなかったが(※原作だと季節が冬で湖面が凍った状態)、夜が更けるとともに厚氷になって、なんともいえぬ変てこなことになってしまった”とのこと。

う~ん・・・凍ったっていってもそんなことになるかな・・・と疑問ですが。

原作ですと死体はパジャマを着たままで、埋まっているのはヘソから上です。市川崑監督はインパクトを強めるためにわざと原作と少し変えたんでしょうね。で、後続の作品はそれに倣ったってことでしょうか(スケキヨのマスクも)。

足はともかく、私は映像化作品だと佐武の菊人形の見立てが怖かったですね。今でも菊人形見るとこのシーンを連想してしまって怖いです(^^;)

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレ~(犯人の名前も明かしているので注意)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末
覆面を利用した入れ替わりトリックや、偶然が複雑に絡み合った事態のあり方、複雑で濃厚な人間関係など、ミステリとして小説として非常に面白く読ませてくれる本作なのですが、個人的にちょっと結末が納得いかないなぁ~・・・と。


本物の佐清は実は生きていて、珠世は幼少の頃から佐清に想いを寄せていたのでこれ幸いと一緒になることを決めて~の大団円ではあるのですが、コレ、結局犯人の松子の思い通りの結果になっているんじゃって気が。
自分の息子に財産を相続させる為に妹たちの息子を殺しといて、“小夜子と佐智の子が大きくなったら犬神家の財産を半分わけてやってほしい。これが罪滅ぼしだ”といって毒をあおって死ぬ松子。なんだか終盤でいきなり松子が殊勝な人間っぽくなっているけども、なんか訳わかんないですよね。自分の息子に独り占めさせたいといって二人殺害しといて財産半わけてやれとか・・・竹子も梅子もこんなのじゃ怒りは収まらないんじゃないかと。青沼親子のことは完全無視だし。青沼親子ばっかり割を食っているってな気が。

 

もっとも釈然としないのが、かつて自分達が悪鬼の所業の末に放逐した青沼菊乃が宮川香琴として松子の琴の師匠をしていたという事実を知っても松子、竹子、梅子、共にまったくその事に反応を示さないところです。普通は驚いたり何なりするだろうと・・・。香琴(菊乃)ももっと恨み言をぶつけても良いと思うのですが。

しかし、いくら名前と姿形が変わっているとはいえ、自身があんなに酷い仕打ちをした相手から琴を教わってまったく気が付かない松子はどうかと思います。自分の息子が入れ替わっているのにも気が付かないし・・・節穴なのか(-_-)

 

やっぱり青沼親子がひたすら報われないって気がしますね。青沼親子に対し、松子は頑なに詫びの言葉を口にしないのでモヤモヤします。ですが、これは松子の怒りにも正当性があるということなんですかね。たしかに、松子の立場ならいきなりポッと出の小娘が佐兵衛の正妻になると言われたらとても容認出来ないだろうなとは思います。

結局一番悪いのは佐兵衛翁だってことですかね。

男の身勝手で人生を左右される世界で、それに必死で抗い闘おうとする女。『犬神家の一族』はそれが本質のお話なのかも知れないですね。

 

ゲームや漫画もあるみたいなので気になった方はどうでしょう

 

犬神家の一族

犬神家の一族

 

 

 

犬神家の一族―名探偵金田一耕助の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY COMICS 横溝正史ミステリーシリ)

犬神家の一族―名探偵金田一耕助の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY COMICS 横溝正史ミステリーシリ)

 

 


ではではまた~

 

www.yofukasikanndann.pink