夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

小説「ルパンの娘」続編!『ルパンの帰還』ネタバレ・感想 華と数馬のその後~

こんばんは、紫栞です。
今回は横関大さんの『ルパンの娘』の続編『ルパンの帰還』をご紹介。

ルパンの帰還 (講談社文庫)

 

あらすじ
北条美雲は23歳の新人刑事。実家は京都の老舗探偵事務所であり、祖父は昭和のホームズと謳われ、父は平成のホームズと称されて、どちらも数々の難事件を解決した名探偵として名をはせている。
幼い頃から“探偵の英才教育”を受け続けて育ってきた美雲は、難事件を求めて警視庁警察官採用試験を受け合格。採用試験での満点合格、警察学校での成績トップ、加えて“名探偵”という家柄の良さ。諸々が考慮され、異例中の異例として初っ端から警視庁捜査一課へと配属されることに。
23歳と若く優秀。しかも飛び抜けて美人とあって、一課で注目を集める美雲。そんな彼女に教育係としてつくことになったのは、先祖代々警察一家のサラブレッド・桜庭数馬。
ある日、バディを組んだ二人が法務省のエリート官僚殺害事件を捜査している最中、保育園のバスがジャックされる事件が発生。そのバスには数馬の妻である華と、娘の杏が乗っていて――。
探偵一家と警察一家と泥棒一家。それぞれのサラブレッドが不可解なバスジャック事件と対峙する。果たしてその結末は?

 

 

 

 

 

 

続編
こちらは只今放送中の連続ドラマ『ルパンの娘』の続編でシリーズ第二弾。ドラマ化をうけてか2019年7月12日に刊行された文庫書き下ろし作品です。


前作がこれ以上ないくらいの大団円で綺麗に終わっていたので、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

作品としては単発ものの雰囲気が漂っていましたが、ドラマ化で話題を集めた為なのかなんなのか、この度新たなキャラクターを交えてシリーズ化させる運びになったようです。既にシリーズ第3弾が2019年9月に刊行予定となっているんだそうな。

 

『ルパンの帰還』は前作『ルパンの娘』での騒動からおよそ5年経過した設定。華と数馬は籍を入れていないものの、もうじき4歳になる一人娘・杏と共に家族三人でマンション住まいをしています。数馬は警視庁捜査一課でいまだに刑事を続けているのですが、そこに名探偵一家の娘・北条美雲が所属されてきて・・・――てな展開。


泥棒一家の娘と警察一家の息子だけでもお腹いっぱいなのに、コレに加えて今度は名探偵一家の娘。もうどんな末裔が現われても驚かないなって感じですね(^^;)。まぁ「ルパンときたらホームズも」というノリでしょうか。
書き下ろしのためか、急いで刊行されたせいか、読んでいると結構な誤字脱字が目立ちました。ドラマで話題になっているタイミングでシリーズ化だ!という気概が(?)伝わってきます。

 

 


北条美雲
今作から登場の北条美雲は老舗探偵事務所で名家の娘。

探偵というのは一般的には金品を受け取って人様の秘密を調査したり失せ物を探し出したりするのが主な仕事で、密かに、地味に遂行されるべき職業ですが、この北条家はミステリ界隈でお馴染みの名探偵“より”で作中では京都の格式ある名家的扱いを受けています。
実家からお目付役として「猿彦」たる手練れの老人が使わされていており、美雲のことを「お嬢」と呼んでいたりするので、探偵というよりは忍者というか密偵の一家という印象。情報屋として猿彦に捜査一課が追っている事件の調査をさせたりするので「それ、ちょっとズルイんじゃないか?」と思ったりしますが、“使える物は全て使う”というのを美雲は信条にしているからいいらしい。
名探偵の英才教育として幼少から海外のミステリ小説読破を義務付けられていたというのが可笑しい。その教育で出来上がるのは名探偵じゃなくって唯のミステリオタクでしょ(^^;)。
と、いう訳で色々とチグハグでヘンテコですが、この設定を開き直って楽しみましょうって趣向が前作から引き継がれています。


加えて美雲は23歳で超美人、優秀だけどドジッ子というキャラクターとしての特性が色々と詰まった人物で、数馬と華の両者を喰う勢い・・・と、いうか、もはや主役。9月に予定されているシリーズ第3弾のタイトルは『ホームズの娘』ですからね。

 

前作では数馬は庁内で“名探偵”と呼ばれている優秀な捜査官として描かれていましたが、今作では美雲に完全にお株を取られていますね。華も特に目立った活躍はしないので、美雲の印象がとにかく強い。個人的に前作から引き続き華と数馬には魅力をあまり感じられないので、そのせいもあるかもですが。華が相変わらず家族に対して煮え切らない態度をとっていてイライラします・・・。

 

 

 

 

 

以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族達
前作で泥棒一家と警察一家、どう考えても相容れないながらも両家の合意のもと華と数馬は結ばれて家族となった訳ですが、5年の月日が経ち、最初のうちは良好だった両家の関係は娘の杏が大きくなるに従って寒々としたものに。それというのも、杏の教育上、泥棒一家の三雲家を近づけさせるべきではないのではと桜庭家が思い始めたから。
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・
え?そんな普通のこと言っちゃう?

 

なんというか、かなり拍子抜けしてしまいました。
いや、泥棒は犯罪で、犯罪者一家を子供の生活に関わらせるべきではないのは当たり前で常識的な考えですが、そんな当たり前のこと、二人が一緒になる前から分かりすぎるほど分かっていたでしょうに。こんな普通の常識を口にするなら反対し続ければよかったじゃない。それでも警察か?前作で出された結論は何だったのよ。

と、なんだかモヤモヤ。


“普通”を無視して覚悟の上で規格外の道を選んだ桜庭家だったと思っていたんですが。やはりいざ現実が押し寄せると・・・ってことでしょうか。
華と数馬が恋仲になるように画策したのは互いの祖父の巌と和一でしたが、今作ではまったく援護してくれません。巌はしょうがないといった態度だし(原因作っといて無責任なのでは)、和一にいたっては登場しませんし。

美雲が登場するせいか、前作では個性的な魅力を発揮してくれていた三雲家と桜庭家の面々の登場シーン自体が少ないですね。華の両親である尊と悦子は主役以上に活躍してくれますが、他の家族達は申し訳程度の登場で個性を発揮させてはくれていません。香さんとか、絶賛婚活中なのは分かりましたが(前作での先輩とはダメだったらしい)、とりあえず出しときましという申し訳程度のものでしたね。個人的に香さん好きなので、少しでも登場させてくれて嬉しかったですが。次作ではもっと登場させて欲しいですね。

 

 

 

 

帰還
今作は華と娘の杏バスジャック事件に巻き込まれるというのが主なストーリーですが、このバスジャック事件はとある人物を釈放させるのが隠された真の目的でした。
その“とある人物”というのは岩永礼子。殺人罪で30年間服役していた女性。しかし、これは買った戸籍の名前で本名は三雲玲。尊の三つ上の姉で、華にとっては叔母にあたる人物。

華は叔母の存在自体をまったく知らされていませんでしたが、玲は「三雲家の長い歴史の中でも最高の才能」と証された天才犯罪者。しかし、違法ドラッグの密売など三雲家の流儀に反することをし始め、殺人を犯したことが決定的となって三雲家から勘当。逃走中に警察官を撃って捕まり、30年間牢屋に入っていましたが、この度、刑務官を洗脳してバスジャック事件を起させて法務大臣を影で脅し、仮釈放の権利を得て出て来た途端に姿をくらまします。


天才犯罪者が帰ってきた。と、いうことで『ルパンの帰還』まぁルパンみたいに義賊の面は無さそうな叔母さんですが。

 

はい、非常に後付けくさい設定ですね(^^;)。稀代の犯罪者のわりには30年おとなしくムショに入っていたりだとか違和感があるのですが。シリーズ化させる為の追加設定でしょうからまぁしょうがない。

 

今作ではこの叔母である玲が行方不明なまま終わっており、バスジャック事件に姪である華を巻き込んだ目的は明かされずじまいになっています。尊や悦子、巌達は玲の存在を警戒してしばらく潜ることに。

 

 


新たな・・・?
叔母である三雲玲がなにをしようとしているのか気になるのは勿論ですが、それ以上に気になるのが今作のラストで華の兄・渉と対面した美雲が一目見ただけで渉こそが自分の“運命の相手”だと強く確信してしまうことです。美雲はかねてより運命の相手を見れば自身の名探偵の気質によって絶対に解るはずだと確信していて(なんだそりゃ)、その確信が渉を見た瞬間まあ“キタ”と。一目惚れなのか?これは?よくわかりませんが(^^;)。
そして次作、シリーズ第3弾の題名は『ホームズの娘』。また新たに名探偵一家の娘と泥棒一家の息子の「禁断の愛」が展開される!?


・・・のかどうかは定かではありませんが、かなり愉快なことになりそうですね(^o^)。

 

今作は大きな物語りの序章といった感じで、話的にも中途半端なので主要人物達がさほど活躍していませんが、次作では泥棒と警察、そして名探偵が各々見せ場を披露してくれるんじゃないかと思います。
色々と次作までのお楽しみということで。

 

ルパンの帰還 (講談社文庫)

ルパンの帰還 (講談社文庫)

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 


ではではまた~

『秘密season0』新刊8巻〈悪戯〉感想・あらすじ ”ゲーム編”始動!

こんばんは、紫栞です。
今回は清水玲子さんの『秘密season0』8巻〈悪戯〉をご紹介。

秘密 season 0 8 (花とゆめCOMICSスペシャル)

あらすじ
2068年4月。小学校で給食の残りのパンに1個だけ辛子入りを混ぜて順に食べていくゲームをしていた女児のうちの一人・小岩瞳子が、その中にたまたま入っていたピーナッツパンによってアナフィラキシーショックをおこし死亡した。パンを識別出来る「袋」から出されて通常のパンとの区別がつかなかったために起こった、不幸な偶然が重なった事故。小さな子供達の、たわいのない“ただのゲーム”――。
小岩瞳子の父親・小岩国明は葬儀に参列したクラスメイトの会話を耳にし、娘は事故ではなくクラスメイトの三人の女児によって故意に殺害されたのではないかという疑いを持つようになり、「第九」に「MRIで娘の脳を調べてくれ」と駆け込んでくる。しかし、それから間もなく小岩国明は女児に刃物で襲いかかり、かけつけた警官に射殺されてしまった。
突然の娘の死に気が触れてしまった父親の奇行の末の出来事。
世間がそんな風に事件をとらえるなか、薪はこの一連の出来事に一昨年夏に大量殺人事件を起したカルト教団ストーンヘンジ」教祖・児玉良臣の10歳になる息子・須田光の関与を疑うが――。

 

 

 

 

 

 

 

やはりキタ
宝塚女優のような表紙絵。2019年7月5日に発売されました『秘密season0』8巻です。前シリーズ【秘密-トップ・シークレット】

 

www.yofukasikanndann.pink

 

終了後に始まったこのSeason0ももう8冊目。7巻が発売されたのが2018年7月5日なので、ちょうど一年ぶりの刊行ですね。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

連載元の「メロディ」は偶数月刊行の雑誌なので1冊分が溜まるまでにどうしても一年ぐらいかかってしまうんですよね。年一の楽しみとして毎年慎重に(?)読んでいます。


基本的には1冊完結型でどの巻から読んでも楽しめる近未来警察ミステリであるこのシリーズですが、今作は5巻・6巻〈増殖〉で登場した須田光が再登場でお話の主軸になっておりますので、5巻・6巻を読んでから今作を読むことをオススメ。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

光君・・・やはり再登場しましたね。〈増殖〉の最後がかなり後味の悪い、恐い終わり方でしたのでね、須田光少年のその後の動向はまた話に関係してくるんだろうとは思っていましたが。
〈増殖〉で描かれたカルト教団の事件からおよそ一年が経過し、カルト教の総本山だった「つばき園」の元園児30人の子供達が入院治療・生活観察を経てそれぞれ保育園や学校に通い出しています。
この元園児達はいまだ須田光の洗脳下にあるのではないかと思われる危険因子達。世に放たれ、〈増殖〉の最後で薪さんたちが危惧していた出来事が―――?
てな訳で、悪戯(ゲーム)編始動の第8巻です。

 

 

 

 

以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コドモ
今回の事件タイトルは悪戯と書いて“ゲーム”と読ませているもの。子供の悪戯による犯罪が描かれています。
子供が尊いという意識は大人が当たり前のように持っている共通意識ですが、それと同じように、子供時代を経験した大人達は子供が残酷で恐ろしいということを知っている。人生経験を積んでいないがために時に軽はずみに、罪悪感もなく、平然と残酷なことをやってのける子供の恐ろしさを。
通常、子供の悪戯というのは「子供だから」という言葉で済ませられ、割り切られるものですが、死人が出たとなるとそれでは済まされない・・・ようでいて、悪戯をした当人・“子供”は表面的にはお咎めを受けないのが現在の日本での実情。結局、法治国家では幼児には罪を問えないので、周りの大人が責められることになる。管理体制が悪い、対応が悪いなどなど・・・。いじめ問題が起こると学校側に批判が集中するのがまさにって感じですが。本来は危害を加えた当事者が批判されるべきところが、“子供だから”公には責められない訳ですね。

 

法治国家で一番強いのは子供の犯罪者だ 彼等はいついかなる時も保護される」
「そして結局現場にいもしなかった「大人」が責任をとらされる」

 

今回の事件を起した三人の女児の狙いは担任教師を辞めさせること。そして、人を殺すことへの好奇心。死亡した小岩瞳子はそれのダシにされただけでした。しかも、当人達は反省や後悔を微塵もしておらず、実験が上手くいったという具合にクスクス笑っている・・・・。
あまりに酷い。
しかし、 “子供だから”罪に問うことも糾弾することも許されない。こんな状況では、娘を失った父親も気が狂おうというものです。

岡部さんはこの女児三人の犯罪行為にかなりのショックを受けていましたね。『秘密-トップ・シークレット』5巻「特別編」での

 

www.yofukasikanndann.pink

 

子供とのやり取りからも分かるとおり、岡部さんは子供に対して希望を持っている側面が強いんですね。

 

この悪戯(ゲーム)を指南したのもまた10歳の子供である須田光。薪さんたちは警察にとって一番厄介な“子供の犯罪者”と真っ向から対峙することとなります。

 

 

 

 


須田光
序盤は稀代の犯罪者・怪物として人間味なく描かれている光君ですが、話が展開してくるにつれ青木への執着が垣間見えるようになってきます。


「え?なんで青木に?」って感じですが、どうやら児玉良臣を撃って助けたのが青木だから、らしい。少なくとも光君は青木に自分は生かされたと思っているようです。
〈増殖〉では結局、児玉を撃ったのが青木か岡部さんか判らずじまいに終わっていたんですがねぇ・・・青木が撃ったということで良いんでしょうか?(6巻でも波多野はそう決めつけていたけど)でも光君がそう思い込んでいるだけかもしれないし・・・・・・う~ん、まだハッキリとしないですね(^^;)。

 

光君は「つばき園」の元園児・〈増殖〉の最後で弟を死なせた仲根みどりを使って青木の姪の舞ちゃんに接触させ、青木が里親申請するように誘導。里子として青木宅に入り込もうと画策し、青木宅の里子となるために現在の親代わりである神父を殺害までします。

 

助けられたことからの執着ですが、心臓の疾患が見付かり医者から自分が成人するのが難しいと知らされたこと、そして、今巻での終盤で青木に“希望あふるる言葉”かけられたことが決定的というか、拍車がかかったというか、余裕が無くなって暴走し始めているように見受けられます。
ここら辺の平静じゃ無い状態や過去に苦しんでいる様子などから「稀代の怪物」なのか、父親から被害を受けた「ただの10歳の子供」なのか、判別がつかなくなってきますね。まあ、どっちもなんじゃないかとは思いますが。


薪さんも青木に言われて先入観で光君を見ていたことに気がつき、青木の前でならごく当たり前に10歳の子供の「顔」を見せるかもしれないと”見張り”も兼ねて光君を里子として迎えるように言い渡します。
薪さんが青木に素直に非を認めるのはかなり珍しい。物にあたる癖はそのまんまで、スマホ壊しかけて電話の向こうの岡部さんを慌てさせた後ではありましたが(^_^;)。赤面している薪さんが可愛かったですね(^^)。
“「名前」が汚れる”と、福岡までわざわざ忠告するためだけに飛んでくるところが愛の深さを感じる。福岡に現われたときは青木に夢だと思われていましたからね。気持ちは分かる・・・薪さん現実味がない容姿してるから・・・。

 

〈悪戯〉編は今巻では終わりません。次巻に持ち越しで、今巻では光君が里子として青木宅に来たところで終わっています。

 

 

 

 

次巻はどうなる
今巻では不穏なシーンが作中挿入されています。

写真を握り締めて泣いている薪さんと、どこかのトイレに監禁されて助けを求めている舞ちゃんと思われる女の子。


不穏・・・この感じは前シリーズ『秘密トップ・シークレット』9巻の三好先生が殺されると見せかけてお姉さんが殺されたあの感じを思い出させますね。

 

新装版 秘密 THE TOP SECRET 9 (花とゆめCOMICS)

新装版 秘密 THE TOP SECRET 9 (花とゆめCOMICS)

 

 

誰かが死ぬ気配・・・順当に考えれば光君の青木への執着が、青木が子煩悩爆発させて可愛がっている舞ちゃんに牙をむくのかというところですが。秘密シリーズのことだからこれは引っかけで、本来は別の人物が本当の危機にさらされるのかもしれない・・・・・・・と、なると・・・・

・・・・・・・

・・・・

不吉、そして不安(-_-)。


「つばき園」跡地からは新たに切断された子供の頭蓋骨が発見されたりして、まだまだ「つばき園」には“秘密”がありそうですし、色々と気になりすぎます。


「こんな気になるところで終わり・・・次巻読めるの一年後なんでしょだって・・・」と、今巻を読み終わった後、絶望に苛まれました。

今巻は部下の波多野と山城の登場シーンが少なかったんですが、次巻はもうちょっと登場してくれるんじゃないかと思います。個人的な希望ですけど。〈増殖〉の事件で山城はかなりしんどい目に遭ったので、心身共にちゃんと回復しているのか気になるところ。
あと、今巻で初登場した臨床心理士スクールカウンセラー神原医師も次巻では話しに深く関わってきそうですね。いかにも“出来る女風”の先生ですが・・・こちらも気になるところ。


そんな訳で、続きが気になりすぎてどうしてくれるっ!てな8巻でした。


1冊完結型で慣れていると、いざお話が次巻持ち越しになったときの読者的ダメージが大きいですね。〈原罪〉や〈増殖〉は2冊使っての事件でしたけど、どちらも2冊同時刊行でしたからねぇ・・・。

 

 

 

 


今作は今まで以上に長いお話になるのかもしれません。タジクとかも絡んでくるのかもかも。


なにはともあれ、出来るだけ早い刊行を願って次巻待ち続けたいと思います。


ではではまた~

 

秘密 season 0 8 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 8 (花とゆめCOMICSスペシャル)

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

『今昔百鬼拾遺 天狗』ネタバレ・感想 連続刊行ラスト!

こんばんは、紫栞です。
今回は京極夏彦さんの『今昔百鬼拾遺 天狗』をご紹介。

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫)


あらすじ
昭和二十九年十月。女学生の呉美由紀は薔薇十字探偵社に赴いた際、篠村代議士の娘・篠村美弥子と対面する。帰りに美弥子にお茶に誘われ、そこで美由紀は美弥子が探偵社を訪れた理由を耳にする。
美弥子の友人である是枝美智栄は八月に高尾山中で消息を絶ち、行方知れずのままに約二箇月経った十月七日に群馬県の迦葉山で女性の遺体が発見されるが、遺体は何故か美智栄の衣服を身にまとっていたという。
美由紀はこの事件の話を「奇譚月報」の記者・中禅寺敦子に相談。敦子が事件について詳しく調べてみると、美智栄が消息を絶ったのと同じ頃に高尾山中で天津敏子という人物の遺体が発見されていたこと、そして、美智栄の衣服を着て迦葉山で発見された葛城コウという女性は天津敏子と深い関わりのある人物だったということがわかったのだが――。
“天狗攫い”ともいうべき失踪事件から端を発する事件の謎を、中禅寺敦子・篠村美弥子・呉美由紀の三人の女性が追う。
天狗、自らの傲慢を省みぬ者。やがて美由紀たちが辿り着いた事件の真相はあまりにも悲痛なものだった――。

 

 

 

 

ラスト
百鬼夜行シリーズ】

 

www.yofukasikanndann.pink

 

のスピンオフ的最新作【今昔百鬼拾遺】(こんじゃくひゃっきしゅうい)3社横断3ヶ月連続刊行企画で、講談社タイガから刊行の第一作「鬼」(※3社横断3ヶ月連続刊行企画の詳細についてもこちらをご参照下さい↓)、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

角川文庫から刊行の第二作「河童」

 

www.yofukasikanndann.pink

 

に続いてラストとなる新潮文庫からの刊行、第三作目「天狗」です。

 

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫)

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫)

 

 

今作も敦子が謎の解明し、最後に美由紀ちゃんが犯人にキレるという今シリーズのお約束を踏んでいまして、今作では全編美由紀ちゃん視点での語りになっております。
第一作目「鬼」が敦子の視点のみ、第二作「河童」が美由紀ちゃんと敦子で交互の視点でしたので、三作品通して敦子と美由紀ちゃんで語りが綺麗に二分されている形ですね。こういうキチキチした構成は何とも京極さんらしい。

 

表紙写真と口絵のモデルは前作、前々作同様に女優の今田美桜さんです。

前二作ともお面に隠れて顔出ししていませんでしたが、ラストである今作もやはりお面でお顔は拝見できないままに終わりました。ホント、贅沢すぎる女優さんの使い方(^^;)。三冊通して見てみると、制服で作中の季節が判るようになっています。春→夏→秋ですね。

 

ページ数は380ページ程で前作「河童」と同じぐらいですが、角川文庫の「河童」より、新潮文庫の今作の方が若干値段はお安いです。
普段は各出版社の値段設定ってさほど気にしないんですけど、こうやって3社横断3ヶ月連続刊行の企画をされると各社の違いが目につきますね。講談社タイガから刊行の第一作目「鬼」は260ページ程で100ページ程の違いがあるものの、値段は新潮文庫の今作と20円(税別)の差しかないので、講談社・角川に比べると新潮は少し値段設定が低めなのかな?と思います。(使っている紙の関係とか色々あるんでしょうけど)

 

この【今昔百鬼拾遺】は敦子と美由紀ちゃんの二人が主軸のシリーズではありますが、今回は美由紀ちゃんと美弥子さんの会話が多くを占めているので、事件の謎に女三人で挑む!って印象のお話になっています。
陥穽の中での会話が少しシュールで面白いのですが、後になって事件の真相が解ってみると色々とゾッとする。


美由紀ちゃん視点のみなのもあって、敦子は前二作より少し存在感が薄いですかね。後の二人が啖呵切るからというのもありますが・・・。

今作はですね、非常に心揺さぶられるお話になっていて、「やはり凄い」と思わせてくれる作品になっています。ホント、ファンが辞められません。

 

 

 

 


美弥子さん
前作「河童」のゲストは多々良センセイでしたが、今作のゲストは【百鬼徒然袋】

 

www.yofukasikanndann.pink

 の一話目「鳴釜」に登場した篠村代議士の娘・篠村美弥子さんです。

「鳴釜」の終盤の美弥子さんは本当にカッコよくってですね、オカマは惚れさせるし、“あの”榎木津を呆れさせるしで、読者の気持ちを一気にかっさらっていったお嬢様なのですが、今作でまさかの再登場をしてくれました。ファンとしてはひたすら感謝感謝です。ありがとうございます。
美弥子さんが登場するとあって「鳴釜」関連の話題がチラホラ出て来ますので、未読の方は今作の前に読んでおくことをオススメ。

 

百器徒然袋 雨【電子百鬼夜行】

百器徒然袋 雨【電子百鬼夜行】

 

 

同じく「鳴釜」に登場したオカマの金ちゃんも再登場してくれてさらに驚きと喜びが。

美弥子さんはあの「鳴釜」での騒動の後、金ちゃんとすっかり仲の良いお友達になっていたらしい。被害者の早苗さんとも。

初対面の美由紀ちゃんに「見所がありますわ」とすぐに「お友達になって戴けます?」と云うくらいなので、少しでも興味をもった人とは親睦を深めたいと思うタチなのかもしれないですね。美弥子さんが中禅寺(兄)のことを果心居士のまま覚えているのが可笑しい。
しかし、美由紀ちゃんも女学生にして探偵、祈祷師、雑誌記者、代議士の娘とかなり奇異な交友関係を形成していっていますな・・・。

 

他、益田鳥口青木の三馬鹿トリオがそろって登場。
最初、薔薇十字探偵社を訪問するところから始まりますが、益田のみの登場で和寅は登場しそうでしなくってちょっと残念。何時までもお茶を入れていたらしい(^^;)。榎木津は富士山だか河口湖だかに行っているらしい。何しに行ったんだかは不明とのこと。
う~ん、このお出かけは長編に関わることなのかどうなのか微妙なところですね。

 

青木はやっとまともに登場したなといった感じ。「自分はつまらない人間」という敦子に対して、悩ましげに心配している姿がチラチラと。最後に木下も少し登場していました。
鳥口は第一作目「鬼」と同じ用途で、カストリ雑誌記者独自の取材技術で事件のやや下世話な詳細を調べてくれています。“常軌を逸している”を、「蒸気が出てる」と言い間違えするのに笑いました(^^)。
この三馬鹿トリオは『塗仏の宴』以降、しっかり友人関係になっているのが伝わってきますね。薔薇十字団だからか。

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


男・女
今作では女性同士の恋愛が絡んでくるとあって、舞台は昭和なものの、テーマは昨今よく取り沙汰されるLGBT問題を大いに想起させるお話となっています。
今でこそ環境も変わって理解ある人も増えましたが、昭和のこのころの御時世だと同性同士の恋愛はさぞや厳しい偏見が多かったのだろうなと思います。今作では武士一族の厳格な家での出来事とあって、より男性視点での旧弊的な偏見や差別が強調され、終盤は女性蔑視で傲る男性に対峙する敦子・美弥子・美由紀の三人の女性たちという図式になります。

この男性による女性蔑視は「鳴釜」でも扱われている題材です。なので、今回のお話に美弥子さんが登場するのは必然とも感じる。金ちゃんも。

 

「鳴釜」は“男らしさ”を声高に主張する乱暴者が女性を暴行するという事件でした。

――男らしい。
男らしいとはどう云うことなのだ。
(略)
意地を張ったり見栄を張ったり、痩せ我慢をしたり、暴力を振るったり女性に乱暴をしたり、威張ったり蔑んだりすることが男らしいと礼賛されるなら、僕は男なんか辞めたい。

上記は「鳴釜」に出て来る一節。


今作では「威張ったり蔑んだり」という、“傲り昂ぶり”が天狗に擬えてクローズアップされています。

男・女といったジェンダーについては『格新婦の理』でも散々触れられていましたね↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

 


天狗
「鬼」は恐いモノ、「河童」は品のないモノ、「天狗」は傲慢なモノ。


一般的に云われている天狗の概要というのは、自分の知識や能力を過信して正しい修行をしなかった僧侶がなるとされています。傲慢であるがために悟りを開くことも出来ず、どの道からも爪弾きになる。
傲り昂ぶり、その傲慢を省みることもなく、どんな境遇であれ謙虚さが全くない。

 

今作では男だというだけで何の根拠もなく「女より優れている」という無根拠な“傲り”を、傲りとも気づかず“常識”だと信じて疑わない老人の存在が事件の大きな要因になっています。

曰く、

「女の分際で男と対等に口がきけると思うな」

「女に出来ることは子を産むことだけ」

「男を守り立てて家を護ることすら出来ない女には生きている価値がない」

云々。

 

聞くに堪えない暴言ばかりで読んでいると怒りが込み上げてくるのですが、読者の気持ちを代弁するようにその都度、美弥子さんが怒ってくれるので、読者は心の均衡を保つことが出来る(^^;)。ホント良かった、美弥子さんがいてくれて。て、感じなんですが。

 

「そうやって家名だの血統だの資産だのと云った、くだらないものに縋っていなければ、まともに立ってもいられないのでしょうね。剰え性別にまで寄り掛かり、振り翳す。見苦しいことこの上ないですわ。そんな肝の小さい、器の小さい人間を、わたくしは心底蔑みます。男だろうが女だろうがそのいずれでもなかろうが、そんなことは何の関係もない。地位も名誉も何も持っていなくったって、人は一人で立っていられるものですわ。何故なら」

人だからですわと美弥子は云った。

「生きていることそれ自体が誇りです。それなのに貴方達はそんな要らないものを振り翳して相手の上に乗って来る。そうしなければ立てないんです。それは猿のすることではなくって?いい迷惑ですわね」


美弥子さんはやっぱりカッコいい。惚れ惚れしますな。

 

このお爺さんは幼少からの徹底した武士教育(?)の賜物でこんな昭和の時代でも引かれるような旧時代的な考えになっているのですが、女性同士で恋愛をしていると知って「家の恥だ」と本気で自分の孫を刀振り回して殺そうとするのだから、もう武士だのなんだの関係なくただひたすら狂った爺さんなんですよね。別に女性じゃなくったって、男性だって誰だってこのお爺さんが狂人だというのは解る。もちろん息子にも。

 

犯人はこのお爺さんの息子で、女性同士で恋愛をしていた娘の父親である藤蔵です。
娘とその恋人をこの狂った爺さんから逃がしてやりたいと、何の関係もない女性二人を殺害して身代わりにしたというのが事の真相。
犯行が露見した後、藤蔵は父を糾弾します「孫を本気で殺そうとするアンタは狂ってる」「私は家名なんかより娘を大事に思う。望みを叶えてやりたいと思う。それが親だ」と。

 

父親の傲慢さを糾弾し憤る藤蔵ですが、藤蔵がこんな非道な計画を立てたのは、家の中では父の機嫌を取って今まで通りに振る舞い、その上で娘の願いも叶えてやりたいという、虫の良過ぎる思惑から。


本当に藤蔵がすべきだったのは父親を説得することだったハズ。

なのに、父の考えはおかしいとは思うものの「世間とそう違いはない、世間だって娘のことを蔑むはずだ」と決めつけ、諦め、説得すること、考えることを放棄した末のこの無茶苦茶な殺人計画。
自分の考えに固執して正しいと思い込み、違っているとは思いもしない。
自らの傲慢を省みぬ者。
藤蔵もまた「天狗」なんですね。

 

 

 

 

啖呵
美弥子さんが既に啖呵を切りまくるので、お約束の美由紀ちゃんの啖呵はどうなるんだとか変な不安をしてしまいましたが(^_^;)、今作でも美由紀ちゃんは堂に入った啖呵を聞かせてくれます。
至極真っ当な長広舌で相手をぐうの音も出ない状態にするというのは京極作品の醍醐味ですが、小娘ならではの率直な感情の高ぶりが伝わってくる啖呵は美由紀ちゃんだからこそで、この【今昔百鬼拾遺】ならではのものですね。


今作は犯行理由があまりに理不尽なものだったので(わざわざ穴まで掘る必要あるかなとか若干疑問)、被害者のことを思うと哀しくやり切れない想いが込み上げてきます。啖呵の部分を読みながら美由紀ちゃんと同調して目がウルウルしてきてしまう。犯人に怒り狂っていた美弥子さんも、美由紀ちゃんの啖呵を聞いて気が落ち着いているので、図らずも美由紀ちゃんが事件関係者の憑物落とししてるのだなぁと。

 

 

 


今後
今作は度々【百鬼夜行シリーズ】で描写されていた敦子の密かな悩みも再度クローズアップされていましたし、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

美弥子さんも上記で紹介した部分はほんの一部で、もっとカッコいいシーンも一杯ありますので、見所たくさんでファンは必見ですので是非。

 

欲を云うなら、ラストだし榎木津か中禅寺(兄)を出して欲しかったところですが(【今昔続百鬼】だと最後に中禅寺が登場していましたからね)、

 

今昔続百鬼 雲【電子百鬼夜行】

今昔続百鬼 雲【電子百鬼夜行】

 

 

3ヶ月連続刊行も今作がラストだと思うと寂しいですね。3ヶ月間、毎月愉しませてもらって有り難い限りでした。
京極さんは機会があればまた【今昔百鬼拾遺】を書いてもいいとインタビューで仰っていたので、このシリーズは続くかもです。

また敦子の理路整然とした推理・美由紀ちゃんの啖呵が読める日を願って、京極夏彦ファンを続けたいと思います。※『鵺の碑』もね!!

 

 

 

ではではまた~

 

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫)

今昔百鬼拾遺 河童 (角川文庫)

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

舞台『魍魎の匣』観てきたっ!感想

こんばんは、紫栞です。
記事タイトルの通り、舞台『魍魎の匣観てきました~!ので、自分用覚え書きも兼ねて感想をば。

 

2019年6月21日~6月30日まで東京・天王州 銀河劇場、2019年7月4日~7月7日まで神戸・AiiA2.5Theter kobeにて公演。

原作:京極夏彦魍魎の匣
脚本:畑雅文
演出:松崎史也

 

キャスト
中禅寺秋彦橘ケンチ
木場修太郎内田朝陽
関口巽高橋良輔
榎木津礼二郎-北園涼

鳥口守彦-高橋健介
中禅寺敦子-加藤里保菜
青木文蔵-舟木政秀
増岡則之-津田幹土德
里村絋市-中原敏宏
福本郁雄-小林賢祐

楠本頼子-平川結月
楠本君枝-坂井香奈美
柚木加菜子-井上音生
柚木陽子-紫吹淳
雨宮典匡-田口涼
須崎太郎-倉沢学
寺田兵衛-花王おさむ
寺田サト-新原ミナミ
久保竣交-吉川純広
美馬坂幸四郎-西岡德馬


※「福本郁雄」というのは原作の福本巡査のことですが、小説では下の名前が明記されていない人物だったのを、著者の京極さんが福本役の小林賢祐さんに「福本には下の名前がないので、京極先生につけてもらえるように頑張ります!」と言われて、その日の夜に「福本郁雄にします」と先生からお電話があったんだそうな。凄い話ですね(^^)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作ファン
ゴリゴリの京極夏彦ファンで特に百鬼夜行シリーズ】

 

www.yofukasikanndann.pink

 

はこの世で一番好きな小説シリーズである私。

原作が好きすぎるせいかもしれませんが、今まで京極小説の映像化作品には「原作の内容をちゃんと表現してくれている」と感じられる作品にはお目にかかれずじまいで、こちらの記事でも書いた通り↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

特に『魍魎の匣』は実写映画が最悪だったし、アニメも結構不満が残る出来だったしで、もう「原作が良すぎるから無理なんだ」と、自分を慰めて諦めの境地になっていました。
なので、今回の舞台化の情報を知ったときも最初は観に行こうかどうしようか地方在住者なのもあって悩んだんですよね。しかし、舞台は円盤化されない限り二度と観られないことが殆どだし、とりあえずは観ておかないと後々後悔するかも・・・と失礼ながら最初からだいぶハードルを下げた状態で観に行ったのですが、コレが予想を裏切る素晴らしい舞台でしたので、思いつくままに感想を少し(^o^)。

 

 

 

 

二時間
まず、ストーリーは原作通りで公演時間は二時間一〇分でした。


1000ページ越えでえらく複雑に事柄が絡み合った
魍魎の匣』を!
ストーリーを変えずに!
理解出来るように二時間で纏め上げる!!

もうそれだけで賞賛に値します。『魍魎の匣』の場合は。


観終わって何に一番驚いたって、二時間で原作の話を出来てしまったという点でした。「二時間で出来ちゃうんだ」っていう。


序盤は場面が目まぐるしく切り替わるし、セリフの応酬も早いので「原作知らない人ついてこられるのかな?」と若干思いましたが、舞台特有のライトやスクリーンなどを使った分りやすい演出と独自のテンポで途中からは飲まれてしまって気にする余裕がなくなりました。私はもちろん、一緒に観に行った先輩も原作内容は予め把握しているので、原作未読の人が実際どう思ったかはちょっと判らないですけどね。


時間の都合上、薔薇十字探偵社の和寅は登場シーンごとカット、中禅寺の細君・千鶴子さんは話しかけられる描写があるものの役者は使われず、原作だとエピローグ部分で登場する伊佐間は登場せずにセリフや役割は敦子に割り振られているという風に人物の省略・変更や、脅迫状の詳細がなかったりなどの事件内容の簡略化、細部・伏線が抜かれていたり、中禅寺のウンチク量が削減されていたりしますが(それでも一杯喋っていましたけどね)、二時間で分りやすくする纏めるために削るべきところを削り、必須で重要な部分を最大限に表現しているといった感じですね。


長大作なぶん、原作のコミカルな部分というのは映像化の際には無くされがちなんですが、今作ではちゃんとクスリと出来る部分もあって、そこら辺も原作雰囲気が良く表現されていたと思います。

 

 

 

 

登場人物達
浅学なもので舞台にも役者さんにも詳しくなくって、この舞台でもお名前を存じ上げていたのは内田朝陽さん、紫吹淳さん、西岡德馬さんのお三方ぐらいでした。

正直、このお三方のキャスティングも最初知ったときは「なんで?」と違和感あったんですが、いざ舞台を観てみると流石役者さんというかなんというか、ちゃんと声や身のこなしでキャラクターの雰囲気を表現されていて、すんなりと受け入れることが出来ました。

 

主演で中禅寺秋彦役の橘ケンチさんも知らなかったんですよね。「EXILEのお人?何故?」とか思ったのですが、最初に後悔された舞台のビジュアル写真がもの凄く中禅寺ぃぃぃだったので、何か期待が高まった(笑)。小畑健さんの絵のような

 

爆裂薔薇十字探偵 (講談社 MOOK)

爆裂薔薇十字探偵 (講談社 MOOK)

 

 

女性ファンが思い浮かべる絵姿そのままって感じ。

写真だけでなく、実際に動いているのを見てもそのままでしたね。和服が似合っていて良かった(重要)。御筥様退治の時のマジカルステップがキレキレで「流石EXILE・・・」ってなった(笑)。

中禅寺は原作ではもっと腰が重い人物なんですが、この舞台では尺の関係上初っ端から活動的な中禅寺ですね。声が見た目から想像するよりも高くって最初「ん?」となりましたが、後半で展開が切迫してくるとドスが利いてくるので気にならなくなる。

 

声といえば、加菜子頼子雨宮の役者さんたちの声がそれぞれ声優みたいというか、良い意味で現実味のない声で各場面の印象が強くなっていましたね。観ながら舞台役者さんはやっぱり一味違うなぁとか思っていたのですが、後でパンフレット読んで加菜子役と頼子役の役者さんは今回が初舞台だと知って驚きました。

 

今までの映像化作品だと事件内容に引っぱられるようにシリアスが全面に押し出されてしまってコミカルさが抜けてしまっていたので、榎木津の奇人っぷりや鳥口のひょうきんさが鳴りを潜めてしまっていたのですが、今作ではちゃんと出ていて長年の不満が解消されました。
もうホント、榎木津とかは「私はいつになったら陽気な榎木津が観られるのだろう・・・」とか長年思っていたのですが、今回の舞台で確りとすこぶる元気で、足の長い(重要)榎さんがようやく観られたな、と。「口外法度なんだよ」「こんにちは。弟子です」に大満足。

欲を言えば、原作にはもっと奇抜なセリフや行動があるので(ダットサンもどきをぶっ飛ばしたりとかね)それらもやって欲しかったところですが、まあ尺の関係上仕方ない(^^;)


鳥口は原作そのままの印象で凄く良かったですね。いろんな「うへえ」が聴けてこちらも満足。

 

関口は原作より社交的っぽそうでちょっと抜けてる人って印象に変わっていましたかね。映画で椎名桔平さんが演じた関口に近い感じ。

 

魍魎の匣

魍魎の匣

 

 

まぁあまり鬱々されても進行の妨げになりますしね。敦子青木も原作より若干陽気だったような。敦っちゃんが溌剌としていて可愛かった(^o^)。

 

 

 

 

 

 

 


小説世界
今回の舞台は、観ているとまるで小説世界の匣の中に入ってしまったかのような錯覚をさせてくれる舞台でした。
映画版やアニメ版では久保の狂気とかお話にとても重要なはずなのに蔑ろ気味というか、ちゃんと表現されていないと感じていたのですが、この舞台ではこれでもか!と“狂い”が表現されていました。終盤の匣に入ってからの久保の視点もそうですが、血で汚れて原稿が読めないのとかが演劇ならではの演出で魅してくれていましたね。


同じように、【百鬼夜行シリーズ】の最大の見せ場である中禅寺の憑物落としの場面で圧巻の言葉の応酬をそのままやってくれていて「そうそう、コレだよ」と嬉しくなりました。内容の省略はあるものの、ほぼ原作のセリフそのままでやってくれていたと思います。

ファンなので、もう聴いていて次のセリフが分かる状態なんですが、“頭に浮かぶセリフを、次の瞬間には役者さんが体現してくれる”というのがこんなに快感とは。アニメ版は憑物落としがやたらサラッとしていたのが一番の不満だったんですよね~。映画版はもう言わずもがな・・・。

 

しかし、やっぱり原作のセリフは素晴らしいなぁと性懲りも無く小説に惚れ直しました。

私が観に行ったのは公演二日目の昼だったのですが、小説の文庫本が既に売り切れていましたね。

 

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

 

 

皆私と同じで、舞台を観たら小説を読み返したい衝動に駆られたのだと思われ。
観客は驚異の女性率でしたね。ほぼほぼ女性でした。やはり【百鬼夜行シリーズ】は女性人気が高いのかと実感。役者さんのファンもいるんでしょうけど。年齢層はだいぶ広くって、「様々な世代に愛されてる~」と嬉しくなりました。

 

 

ポスターやパンフレットだと中禅寺以外の登場人物達が皆現代風の恰好になっていますが、公演ではちゃんと昭和当時の恰好です。憑物落としの着物もポスターだと紫になっていて姑獲鳥の夏の映画衣装を思い出して不安だったのですが、

 

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション [DVD]

 

 

舞台では確りと黒でした。やっぱりあの陰陽師衣装は黒じゃないとダメだと思うのよ・・・(^_^;)。

 

 

 


リスペクト
舞台化に関し、著者の京極さんからのコメントで「原作ファンが怒る場合、それは原作と変えたから怒るのではなく、作品がよろしくなかったから。作品が面白ければ、原作とどれだけ違っていようと文句はいわれない」と、いったことをおっしゃっていました。


これは確かにその通りで、作品としての完成度が高くて面白いものになっていれば、“原作”が“原案”になっていようと「コレはコレで良い」となるのは至極真っ当なことです。

このお言葉に一観客、一読者として付け加えさせて頂くなら、原作ファンが求めるものは制作者の原作へのリスペクトが感じられるかどうかだと思います。
原作に真摯に向き合ってくれたかどうかが大切で、とりあえずの“やっつけ仕事”みたいな作品にされると、ファンは大好きな原作を侮辱された気分になって怒るというのが大半かと。事実私がそうですし。

 

そういった点において、今回の舞台は原作へのリスペクトが大いに感じられるものになっていました。ゴリゴリの原作ファンである私を満足させてくれて、心から感謝です。シリーズ化希望!円盤化も。

 

7月7日にはニコニコ生放送で独占最速放送もされるそうなので、気になった方は是非是非。

 


ではではまた~

 

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

 

 

 

 

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

『犯人たちの事件簿』6巻 感想 ファイルシリーズ完結!

こんばんは、紫栞です。
今回は金田一少年の事件簿シリーズの犯人視点スピンオフ漫画金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』6巻の感想を少し。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(6) (週刊少年マガジンコミックス)

この表紙はKC27巻のパロディ。

金田一少年の事件簿 (27) (講談社コミックス (2488巻))

27巻はFILEシリーズの最終巻なので、このような如何にも最終刊っぽい画になっています。(実際はコミックスのデザイン変えて続けてるだけなんですけどね・・・)

 

6巻に収録されている事件は異人館ホテル殺人事件」「墓場島殺人事件」「速水玲香誘拐殺人事件」の三つと、ファイルEXとして短編の「氷点下15度の殺意」とオマケの「オーナーの事件簿」など盛り沢山。「オーナーの事件簿」が描かれているぶん、いつもの著者・船津さんによる実録漫画・「華麗なる仕事場日記」は今巻にはありません。

 

 

 

 


ファイル15異人館ホテル殺人事件」(本家ではファイル7)

 

 犯人:不破鳴美(本名・北見蓮子)
佐木が殺されたり、金田一が一時的にとはいえ逮捕されたりと結構衝撃的な事柄が多いが、何故かシリーズの中では存在感が薄い・・・ような気がする「異人館ホテル殺人事件」。(トリックは割と評価が高いですけどね)


この事件は本家では「麻薬、ダメ!絶対!」というメッセージ(?)が込められたものだったんですよね。発売当時に読んだときは私は幼少で麻薬自体あんまり知らなかったので、危険性とか書かれてもよく分らなかった覚えが。この犯人視点では事あるごとに「シャブやってんの?」と出て来て「やめれ」って感じ(笑)。


キャリアの権力ふかせまくりで金田一もタジタジだった事件ですが、解決編で明智さん呼ぶのは読んでいた当時、私も意外だった。この作中で不破さんも思っているように「あ、権力には権力で対抗するのね」っていう(^_^;)明智さんは本家だと「雪夜叉伝説殺人事件」以来二回目の登場でした。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

雪夜叉の時は嫌な人全開で小者感が漂っていましたが、この登場以降ドンドンと存在感のある人気キャラクターに。


解答編のお芝居ですが、これ不破さんもそうですが、美雪が中々白熱の演技を披露していた。

 

 

 


ファイル16「墓場島殺人事件」(本家ではファイル14)

 

金田一少年の事件簿File(14) (講談社漫画文庫)

金田一少年の事件簿File(14) (講談社漫画文庫)

 

 犯人:檜山達之森下麗美
爆弾だのが出て来るサバイバルな状況下で本格推理漫画が展開される事件。共犯モノというのは明らかにされると推理物好き人間は少しガッカリした気分になるものですが、犯人視点だと犯人同士であーだこうだ言っていて面白い。「飛騨からくり屋敷殺人事件」とかもそうですね。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

檜山と森下は恋人関係ということで終始イチャイチャしています。うざいくらい(笑)。コントみたいなやり取りを繰り広げている。森下が怒るシーンが可笑しかったですね。女子特有の怒り方ですよ。男性が困るヤツ。
この事件では「犯人はこの中にいる!!」を二回しています。二回目の犯人指摘展開は確かにかなり「ためるじゃねぃか・・」だった。本家のKCコミックスでは次巻に持ち越しシーンだったのさ・・・。

 

 


ファイル17速水玲香誘拐殺人事件」(本家ではファイル19)

 

 犯人:安岡真奈美
本家のFILEシリーズ最後の事件。犯罪コーディネーター高遠が初お目見え回ですね。

高遠さんに振り回される実行犯を安岡さんが熱演。高遠さんに言われるまま金田一連れてきていますが、実行犯にしてみれば正に「名探偵・・・・わざわざ連れてくる必要ある・・・・?」ですよね。金田一連れてこなければ最後に毒殺されることもなかったろうに・・・少し同情する(^^;)。

最後、紅茶飲むのはともかく、砂糖入れて味を調えるのはやっぱ不自然ですよね~。「こんなタイミングで丁寧に砂糖を入れて味を調えた紅茶が飲みたい気分を押さえられない・・なぜ?」ホント、何故(笑)。


毎度の敗因を語る場面で「これでファイルシリーズもできる分は終わったわけでしょ」とのセリフが。ちゃんと“できる分”と言っていますね。そう、本家二作目の異人館村殺人事件」が抜けているのですよ・・・。ぶっちゃけまくりな今作ですが、やっぱり異人館村は大人の事情で無理なんですねぇ・・・。


※「異人館村殺人事件」の大人の事情については詳しくはこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイルEX「氷点下15度の殺意」(本家では短編集1巻収録)

 

 犯人:鈴森笑美
ここに来て短編の事件をやるとは意外。1話のみでのお話ですね。本家の中でもこれ以上ないくらい「めでたしめでたし」だった事件。「人一人殺そうとしたのに良いのかそれで」と当時読んでいた私も疑問だった・・・。
「墓穴からの墓穴・・・・」が可笑しかったです。ほとほと自らヒント与えちゃっている犯人ですよね。短編なだけあって小者感漂う。

 

 

 

 


「オーナーの事件簿」
オマケ的漫画で、オペラ座館の黒澤オーナーが【金田一37歳の事件簿】の「歌島リゾート殺人事件」を読んでワチャワチャやる内容。
黒澤オーナーが言っている諸々の驚きや感想は私が「歌島がまた出て来る」と聞いた時のものとほぼ同じで黒澤オーナーに完全同意です(^_^;)

この記事や、

 

www.yofukasikanndann.pink

 

この記事にも書きましたね・・・。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

一人目は照明の下敷きになって死ぬと思っていたのに、絞殺だったときの驚きとかも、ホントそう。「ドラマ化希望だよ!!」は切に願う。日テレ様、お願いします。

 

 

そんな訳で、本家のファイルシリーズは(一作抜かして)すべて終わったこのスピンオフ漫画。この後どうなるのかと思いきや、そのままCaseシリーズの方を引き続きやってくれるそうです。
※FILEだのCaseだののシリーズの別れ方について、詳しくはこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 


そして只今、金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿一つにまとめちゃいました。」と、いうタイトル通りの組み合わせ本が電子書籍限定で配信されております。

 

 やっちゃいますか・・・コレを。確かに概在ファンも初読の方もとんでもなく楽しめるでしょうが・・・本家の余韻はゼロになること請け合いですね(^^;)。

 

 

 

次巻7巻は2019年秋発売で「摩犬の森の殺人」「露西亜人形殺人事件」「銀幕の殺人鬼」収録予定とのこと。Caseシリーズも好きな事件一杯ありますので、引き続き読んでいこうと思います!

 


ではではまた~

 

 

 

『金田一37歳の事件簿』4巻 あらすじ・感想 ”ベタ”がてんこ盛りの華道家事件

こんばんは、紫栞です。
今回は2019年6月21日に発売された金田一37歳の事件簿』4巻をご紹介。

金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)

 

今回も今までと同様に限定版と通常版での二形態での刊行ですね。
通常版は680円。

 

金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)

金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)

 

 

限定版は金田一キャラクター扇子」「特性京風小箱」がついて1998円。

 

 

なんだかまたかさばる物つけたなって感じですが・・・。

今巻に収録されている事件は京都が舞台なので京都風味な特典のようです。小箱はボール紙で出来た引き出し付きのもの。うぅん。やっぱり通常版の倍以上の値段というのはお高いんじゃないかなぁという気が(^^;)。

今回は通常版と限定版で色味の違いが今までと比べるとちょっと分りづらいですかね?背景の青っぽい方が通常版で、紫っぽいというか暗い方が限定版。

 


収録内容は前巻からの「タワマンマダム殺人事件」

 

www.yofukasikanndann.pink

 

が1話と、他は新章の「京都美人華道家殺人事件」が全てを占めています。

「タワマンマダム殺人事件」ですが、やっぱり後1話のみでしたね。1話だけならやっぱり前の巻で入れちゃった方が良かったのでは?と思います。
頭が固いので、殺人の犯行動機がギャグっぽいのはあんまりよろしくないなぁとなってしまいますな。真面目な方(?)の犯行動機はお受験の合否関係。受験の合否関係での動機って金田一少年の事件簿「血溜之間殺人事件」でもありましたね。

 

 

最後に真壁先輩が金田一を飲みに誘っているのがホッコリする。真壁先輩、丸くなったもんだ・・・。20年取ればてば角も取れてくるもんですかね。

 


さて、今巻は「京都美人華道家殺人事件」がメインですね。
では簡単にあらすじを・・・

 

音羽ブラックPR社の営業部主任・金田一一と部下の葉山まりんは、インバウンド向け京都伝統文化イベント企画のために京都の有名な華道家である赤池流家元・京極家を訪れた。
色々と複雑な事情がありそうな京極家の離れに都合により泊めてもらうことになった金田一とまりんだったが、その夜、金田一枯山水の中庭が見える風呂場の窓から庭石の上に横たわっている死体を発見する。枯山水に残っていた足跡は被害者のものだけ。はたしてこれは自殺なのか、それとも“足跡なき殺人事件”なのか。
一同が困惑に包まれる中、さらに謎を深める第二の事件が発生して――。

 

 

 

 

 

 

てんこ盛り
タイトルに“美人”ってついているの、なんだか週刊誌の見出しっぽい(笑)。
華道の名家、複雑そうな人間関係、双子、足跡なき殺人、首なし死体、見立て殺人・・・・・・と、色々とてんこ盛りで本格推理好きはワクワクするワードが目白押しですね。このベタな感じ、私は好みです。
古式ゆかしいミステリの雰囲気ではありますが、“リベンジポルノ”という近代的(?)な単語も出て来ます。しかし、この裸の画像の絵、もっと綺麗にというか丁寧に描いて欲しいですね。ほぼ一ページ使っての画なのだし・・・(^^;)。

 

今作ではコミックス第1巻特装版付録の「容疑者になれる権」の当選者の名前が作中で使われています。

 

www.yofukasikanndann.pink

 

仲働きの浪風千紘として登場。京都らしい名前で今回の事件にあっていますね。
この千紘さんと板前の辻森さんですが、いくら話の都合上とはいえ、客人である金田一とまりんちゃんにベラベラ家の内情を喋りすぎですね。喋るだけではなく、リベンジポルノの画像だと言って、さっき対面した人のあんな身体のすべてが丸写しになっている写真見せるとか・・・・・・人として良識がなさすぎるんじゃ。それほど雇い主に鬱屈が溜まっているということなんでしょうか。

 

 


双子
本格推理もので双子が出て来るからにはトリックやらどっかしらに双子なのを利用した仕掛けがあるはず。
今のところ見当がつくのは、リベンジポルノの画像の主が妹の桜子ではなく姉の薫子の方なのかなぁぐらいですかね。薫子は精神的に追い詰められていた描写もありますし。
双子の美人姉妹で華道家って、金田一少年の事件簿の短編集2巻に収録されている「½の殺人者」と設定が被っていますね。

 

 ※文庫版の方だと短編集1巻に収録されているようです↓

 

 

姉の方がおとなしい性格で、好き勝手している妹の方が生け花の才能があるというのも同じ。そういや、茅さんは37歳の事件簿の方には登場してくれるのだろうか・・・。

 

 


ヒント
犯人特定のヒントとしては犯人が右腕を被害者に噛まれている点。

ハエ叩きのシーンがわざわざ描写されているのも腕を見せるためですかね。だとすると妖しいのは弟弟子の黒樹ですけど。電話掛ける際に丁度犯人が噛まれたあたりの腕部分が肘当てみたいなので隠れていましたしね。


あと、宗家の雁流が口走った「サイコやないか?」ですね。多分このセリフを聞いたから犯人は雁流を殺すことにしたんだと思うんですけど・・・。京都弁の独自の言い回しかなにかでしょうか?言う前に咳き込んでいたのがヒントなんでしょうけど、これはサッパリ見当もつきませんね。花粉とか香とかかな?

 

 


期待したい
4巻は犯人が雁流を殺そうとしているところで終わっています。この事件は結構長くなりそうな予感。次の5巻を丸々使って終わるかどうか微妙なところですね。

今巻ではまだ美雪は相変わらず金田一とライソで連絡とっているのみです。真壁先輩に「七瀬さんとはどうなったの?」と聞かれていますが、「その話はやめましょうよ!ね!」とはぐらかしています。(真壁先輩こそ鷹島さんとはどうなったんだろう・・・)
金田一は益々まりんちゃんに揺り動かされている御様子。大丈夫だろうか(-_-)やっぱり美雪に早く出て来てもらいたいところですね。

 

少年時代からの登場人物は今巻では新たには登場しなかったのですが、次巻では誰か出て来るかなぁ。京都府警の山科刑事金田一の場慣れ感を気にしている様子なので、どこかに素性確認して20年の間にあった“何か”の新事実が少し出て来るかも。なんにせよ次巻に期待ですね。


5巻は2019年10月発売。楽しみに待ちます!

 

ではではまた~

 

金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)

金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)

 

 

 

 

 

ルパンの娘 原作小説のあらすじ・内容ネタバレ ドラマとはまったくの別物?

こんばんは、紫栞です。
今回は横関大さんの『ルパンの娘』をご紹介。

ルパンの娘 (講談社文庫)

2019年7月11日から放送予定の連続ドラマの原作本ですね。

 

あらすじ
三雲華はある日突然恋人の桜庭数馬の家に挨拶に行くことに。結婚を意識していたとはいえ急な展開に緊張しつつも桜庭家を訪れた華だったが、到着早々、桜庭家の玄関に飾られていた家族写真を見て愕然とする。全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしている写真だった。桜庭家は代々警察官を輩出してきた家系で今の家族は全員が警察関係者であり、公務員だと言っていた数馬自身も実は警視庁捜査一課の刑事であるという。
まったくどうしたものやら・・・。
華は途方に暮れてしまう。警察官一家の桜庭家と自分の三雲家では釣り合いがとれるとれない以前の問題だった。華自身は平凡な図書館司書であるが、三雲家は代々泥棒を生業とする家柄であり、今も華以外は家族全員が泥棒なのだ。
そんな中、荒川の河川敷で顔を潰された遺体が発見され、数馬はこの事件の捜査にあたることに。この遺体の主は華の祖父で伝説のスリ師・三雲巌だった。数馬も華もそれぞれに事件の謎を追うが――。
巌を殺した犯人は誰なのか?そして泥棒の娘と刑事の息子、報われない二人の恋の行方は?

 

 

 

 

珍妙なロミオ&ジュリエット
横関大さんは2010年に『再会』第56回江戸川乱歩賞を受賞して作家デビューされているミステリ作家さん。横関さんの作品を読むのは初めてなのですが、ドラマ化の情報を知って楽しそうな設定なので読んでみました。

著作が映像化されるのは受賞作でデビュー作の『再会』が2012年にフジテレビ系の土曜プレミアム枠で放送されて以来だそうです。

 

再会 (講談社文庫)

再会 (講談社文庫)

 

 

泥棒一家の娘と警察一家の息子の恋の行方・・・・・・・。当然のように前途多難でどんなロミジュリだよって感じなんですが、このあり得ない設定を活かしてコミカルにミステリが展開されていき、終盤には読者の期待通りのド派手な大団円が待ち構えているという、読んでいて気分の良い娯楽作品。恋愛小説で、家族小説で、ミステリ小説であるといった欲張りな作品でもあります。
題名の『ルパンの娘』というのは三雲家が「Lの一族」と呼ばれていることに由来していて、“L”というのがアルセーヌ・ルパンから取っての名称なので“ルパンの娘”。別にアルセーヌ・ルパンと何らかの関わりがあるという訳ではないので勘違いしないように注意(?)。

 

 

 


ドラマ
ドラマは2019年7月11日からフジテレビ系木曜劇場で放送予定。演出を担当されるのはのだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』などを手掛けた武内英樹さんということで、コメディ一直線な楽しいドラマに仕上がるのではないかと。原作には無いアクションやミュージック要素(!?)まで入るらしいです。とにかく娯楽に特化したドラマになりそうな予感。

 

キャスト

三雲家
三雲華深田恭子
三雲尊(華の父。美術品専門の泥棒)-渡部篤郎
三雲悦子(華の母。宝飾品専門の泥棒)-小沢真珠
三雲渉(華の兄。ハッカー)-栗原類
三雲マツ(華の祖母。鍵師)-どんぐり
三雲巌(華の祖父。スリ師)-麿赤兒

桜庭家
桜庭数馬瀬戸康史
桜庭典和(数馬の父。警視庁警備部勤務)-信太昌之
桜庭美佐子(数馬の母。鑑識課の非常勤職員)-マルシア
新谷香(数馬の妹。交通課勤務)-さとうほなみ
桜庭和一(数馬の祖父)-藤岡弘


巻栄一(数馬の先輩刑事)-加藤諒

円城寺輝大貫勇輔

 


はい。このキャスト一覧を見るとまず気になるのが役柄と役者さんとの年齢の齟齬ですよね。

得に気になるのは三雲家でを演じる深田恭子さん現在の実年齢36歳。その母役の小沢真珠さんが42歳。役の栗原類さんが24歳・・・・・・家族の設定としては明らかに可笑しいですね。一応原作では母の悦子は五十代だが見た目は三十代に見えるという設定ではあるのですが・・・。
ドラマでの華は何歳設定なのでしょう?原作では華は25歳で恋人の数馬(瀬戸康史)は華の三つ年上の28歳という設定なんですけどね。


これはもう舞台演劇のように与えられた設定を飲み込んで役者の実年齢などには囚われずに鑑賞しろということなんでしょうか。

 

ドラマの公式サイトを見る限り、泥棒一家の娘と刑事の息子のラブコメディという設定を原作から頂いて別の娯楽作品に作り替える感じなんじゃないかなぁと思います。原作というより“原案”。
ドラマは人一倍盗みの技術はあるもののカタギの道を歩んでいる華が恋人の刑事・数馬を助ける為に毎回結果的に影で泥棒の手伝いをするといったストーリー展開なんだそうです。
数馬は捜査三課所属で窃盗事件捜査の中でいつも三雲家と関わってしまうという流れらしい。

原作では華は気を抜いていると無意識で財布をすってしまうといったことをするぐらいで(それもどうかと思いますけど)具体的に盗みに入るシーンはありませんし、小説内で追っている事件はあくまで祖父・三雲巌が殺された事件のみですので、そんなバラエティに富んだ窃盗事件は登場しません。そもそも原作での数馬は捜査一課所属で殺しの捜査が専門なので窃盗事件には関わらないんですよね。


なので何かと話題になっている泥棒スーツも原作ではもちろん着ないんですけど。ドラマのポスターは完全に泥棒活劇の映画。
でも、この設定変更はエンターテインメントとして面白そうですよね。連続ドラマでやるならこの方が楽しそう。原作以上のコミカルな作品に期待です。

 

他、数馬の妹の(さとうほなみ)はドラマでは既婚者設定のようですが原作ではバリバリ独身で、身体を鍛えてばかりいる男勝りな女性。最初は華に対して悪感情を抱いていたものの、一回華と飲みに行ってからは数馬と華の結婚を全力で応援してくれるようになるという原作の中でも特に魅力的な人物で私も一番好きなキャラクターなんですが、ドラマだと性格とかも変更されちゃいそうですかね(^^;)


円城寺輝(大貫勇輔)はドラマ完全オリジナルキャラクター。華の幼馴染みで大泥棒。華に想いを寄せていて何とか数馬から奪おうと画策するキャラクターなんだそうな。

気になるのは原作でのキーパーソンである元警察犬訓練士で数馬の祖母・桜庭伸枝がキャスト一覧に紹介されていないことですね。元警察犬の桜庭家の飼い犬・ドンの存在も公式サイトで紹介されていないのはどうしたことなのか・・・。伸枝が不在となると原作での事件の成り立ちがガラッと変わってしまうのですが・・・遅れて紹介なんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内容
小説は全四章。
華の苦悩をよそに何も知らぬ数馬と泥棒一家と警察一家で仲良く結婚に向けてとんとん拍子に進んでいく中、第二章の途中で数馬が華の祖父が殺された事件を捜査している中で華の素性を知ってしまい、第三章で結婚話はご破算になって華の両親は窃盗事件で指名手配となり、三雲家は一家離散に。最後の第四章で別の相手との見合い結婚を決めた数馬を三雲家一同で盗もうという「花婿強奪計画」を実行。そんな中で数馬は華の祖父が殺された事件の真相に気がつき、三雲家と一席ぶって犯人を罠にはめる――。
と、いった流れ。

 

語り手は華と数馬が交互。章とか関係なく5・6ページおきに目まぐるしく語りが替わるので、シンプルながらも500ページと結構な分量がある本ですが飽きずにズンズンと読む事が出来ます。

 

両家の顔合わせで両家が互いの素性を知らないままに思いがけず仲良くなってしまうところが面白いです。また登場する家族達が個性豊かで楽しいんですよね。なので、正体がばれてしまった時は「あーあ」って感じでした。
警察一家の息子と泥棒一家の娘で“ロミオとジュリエット”設定ではありますが、当人の華と数馬は互いの素性を知ってからは早々に“あきらめムード”になって第三章ではすぐに結婚はご破算になってしまうので、ロミオとジュリエットほど熱量がないのが何だか肩透かし。数馬の妹の香や祖父の和一は一生懸命に華の味方をしているってのに・・・。四章では早々に他の人との結婚を決めているし・・・ちょっとモヤモヤ(^^;)
主要二人の恋愛部分に熱を感じられないぶん、家族の面々が際立っているので恋愛小説の要素より家族小説の印象の方が強くなっているかなと思います。

 

 


結末
事件の犯人は数馬の先輩刑事・巻栄一。殺された華の祖父・巌は数馬の祖父・和一と祖母・伸枝と大学生時代の同級生で、巌が伸枝を家に送っていく途中で強姦目的の男に襲われ、未遂に終わったものの、伸枝は顔に一生消えない傷が出来てしまうという事件が発生。巌は長年この事件の犯人を追っており、やっと突き止めた人物は元警察上層部の巻の祖父。巻は祖父に頼まれて脅して口封じしようとするも、勢い余って殺害してしまったという真相。

しかし、この真相には続きがあって、実は顔を潰された遺体の主は巌が影武者として使っていた男で、巌は生きていた。最後に家族と合流して皆と幸せそうに過ごしています。華と数馬も両家の了承が取れて立場上結婚とはいけないまでも一緒に暮らして(実際には同棲相手も内部調査されるはずだから無理ではとは思いますが)新しい命を授かっています。

 

なんという大団円。これ以上ないほどのハッピーエンドですね。

 

 


いろいろ言いたい
こんな読者の期待通りの結末を迎える今作ですが、設定が設定なのだから多少のご都合主義には目をつむるべきだろうとは思いつつも、やっぱり色々と言いたいところがチラホラリ。

まず、数馬ですが、華が住んでいると偽っていた自宅の近隣住民に思いつきで事件捜査のために手にしていた巌の写真を見せて華の素性を知ることになるというのは都合が良すぎて解せないです。方やプライベート、方や事件捜査と二つの事柄にはこの時点では接点を見出しようもないのにこの行動は納得がいかないですね。

巻が犯人だろうというのは事件現場に行く前にトイレに寄っていく描写が何故か入っていることから読者は予想がつくのですが、犯人だとする根拠がこれだけだというのもミステリとしては少し足りないような気がしてしまいます。
巌が実は死んでいないというのも本格推理小説界の定説「顔が解らぬ死体=被害者偽装トリック」というので王道中の王道ではありますが、無理やりというかやり過ぎ感は否めないですね。

あと、巌さん、強姦未遂の犯人を突き止めるのに50年って、時間かかりすぎてやしないか。

 

個人的には個性豊かな家族の面々に比べて肝心の主役二人、華と数馬が魅力に欠けているように感じてしまうのが読んでいて少しネックでした。
恋愛部分の熱量が足りないとは上記した通りですが、華は三雲家に不平不満を抱きつつもハッキリした態度を示さずに流されてばかり。何故周りの人々にあんなに好かれているのかよくわからないんですよね。
数馬はあんなに結婚したがっていたのに華の素性を知ってすぐに諦めてやけくそで他の相手と結婚を決断したかと思いきや事が終わると「やっぱり華が好きだ」って・・・なんとも薄っぺらな。打算的な婚約者ではありますが、公の場であんな目に遭わせてしまうのはやはり気の毒だよなぁと女性としては思ってしまいます。この婚約者は別に何も悪いことしていないのに・・・・・・。

 

 

 

 

楽しめれば良い
と、思わず愚痴っぽく書いてしまいましたが(^^;)
これはエンタメとして細かいことや深いことは気にせずに振り切って楽しむべき作品なんだと思います。警察一家と泥棒一家という設定を生かした結婚式での結末は「やっぱりこうでなくちゃ」といった爽快感に溢れていてこの作品、この設定ならではの大団円で読者を気持ちよく満足させてくれますので、ドラマ化で気になった方は是非是非。

 

ルパンの娘 (講談社文庫)

ルパンの娘 (講談社文庫)

 

 

2019年7月12日に続編講談社文庫から発売されました!詳細はこちら↓

 

www.yofukasikanndann.pink

 

 

ルパンの帰還 (講談社文庫)

ルパンの帰還 (講談社文庫)

 

 


ではではまた~