夜ふかし閑談

夜更けの無駄話。おもにミステリー中心に小説、漫画、ドラマ、映画などの紹介・感想をお届けします

小説

奥田英朗『純平、考え直せ』あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。今回は奥田英朗さんの『純平、考え直せ』を御紹介。 9月22日から公開される映画の原作本ですね。 あらすじ坂本純平、21歳。歌舞伎町の早田組という組に所属の下っ端やくざ。ハンサムで気がよく、男相手には喧嘩っ早いが女には弱い。歌…

『八つ墓村』小説 ネタバレまとめ 実話がモデル? 映画・ドラマとの違いなど~

こんばんは、紫栞です。今回は、作品名は日本人の大半が知っている名作、横溝正史の『八つ墓村』をご紹介。 あらすじ八つ墓村には八つの墓がある。永禄九年、村に八人の武者が落ちのびてきた。はじめは快く落武者たちを迎えた村人たちであったが、毛利方の提…

『極北クレイマー』『極北ラプソディ』まとめ 世良、速水・・・その後の物語

こんばんは、紫栞です。今回は海堂尊さんの【極北編】『極北クレイマー』と『極北ラプソディ』の2冊をまとめて御紹介。 ブラックペアンから始まる【バブル三部作】に続くシリーズで、【バブル三部作】で主な語り手を担っていた世良雅司のその後が出てくるシ…

『dele(ディーリー)』小説 まとめて紹介 ドラマの原作ではなく”原案”小説?

こんばんは、紫栞です。今回は本多孝好さんの『dele(ディーリー)』『dele(ディーリー)2』をまとめてご紹介。 2018年7月27日からスタートするテレビ朝日系連続テレビドラマの原案(?)小説ですね。 あらすじ「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代…

『探偵が早すぎる』原作 ネタバレ・感想 ドラマとの違いなど~

こんばんは、紫栞です。今回は井上真偽さんの『探偵が早すぎる』をご紹介。 2018年の7月から日本テレビ系で放送予定の連続ドラマの原作本ですね。 あらすじ「私はそのトリックを、まだ仕掛けてさえいないんだぞ・・・・・・」父の死により五兆円もの莫大な遺産を一…

『ψの悲劇』ネタバレ・感想 完結まであと一作!

こんばんは、紫栞です。今回は2018年5月に発売された、森博嗣さんの『ψの悲劇』をご紹介。 あらすじ〈死ぬ自由が自分にはある。なにか具体的な不満があったわけではない。自分の意思で自由に行動できるうちに、皆の前から消えようと思う。探さないように。…

『金田一くんの冒険2 どくろ桜の呪い』感想・あらすじ

こんばんは、紫栞です。今回は今月の7日に発売された『金田一くんの冒険(2) どくろ桜の呪い』をご紹介。 【金田一少年の事件簿】でお馴染みの金田一一が小学六年生のころの冒険を描く、講談社青い鳥文庫から刊行のシリーズ。シリーズ第1弾の『からす島の…

『検察側の罪人』 原作小説 ネタバレ感想 驚きの内容とは?

こんばんは、紫栞です。今回は雫井脩介さんの『検察側の罪人』をご紹介。 8月24日公開予定の映画「検察側の罪人」の原作本ですね。 あらすじ東京地検の検事・最上毅。彼には「根津女子中学生殺害事件」という、犯人が捕まらないままに時効をむかえてしまっ…

学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ) 順番・概要 新作や作家アリスとの繋がりなど

こんばんは、紫栞です。今回は有栖川有栖さんの2大人気シリーズのうちの一つ【学生アリスシリーズ】(江神二郎シリーズ)の概要と読む順番をお届け。 ※2大人気シリーズのうちのもう一つは【作家アリスシリーズ】(火村英生シリーズ)ですね。↓ www.yofukasik…

『ブレイズメス』『 スリジエセンター』ネタバレ あらすじ感想 ブラックペアンその後の物語

こんばんは、紫栞です。今回は海堂尊さんの【バブル三部作】の内の二つ『ブレイズメス 1990』と『スリジエセンター 1991』をご紹介。 続編【バブル三部作】は『ブラックペアン 1988』から始まるシリーズで「ブラックペアンシリーズ」とも言われているという…

オペラ座館殺人事件 三部作まとめ

こんばんは、紫栞です。【金田一少年の事件簿シリーズ】の“大人版”『金田一37歳の事件簿』、只今「イブニング」にて絶賛連載中であります。 私はコミックス派なのでまだ読んでいないのですが、金田一少年シリーズではお馴染みの「歌島」が『金田一37歳の事件…

ブラックペアン 原作 あらすじ・ネタバレ・意味 バチスタシリーズとの繋がりなど

こんばんは、紫栞です。今回は只今放送中のTBS系日曜劇場「ブラックペアン」の原作本、海堂尊さんの『ブラックペアン 1988』の紹介と、この原作本とドラマとの違いを少しまとめようかと思います。 あらすじ時代はバブル景気まっただ中の1988年。東城大学医学…

奥田英朗『噂の女』あらすじ・感想 ドラマとの違いなど

こんばんは、紫栞です。今回は奥田英朗さんの『噂の女』をご紹介。 今BS JAPANで放送中の連続ドラマ「噂の女」の原作本ですね。 あらすじ「あくまでも噂やでね」高校までは成績も容姿も平凡、男子とはほとんど口を利かないような印象に残らない女子生徒だっ…

『虚談』(きょだん) 感想 現実と虚構を揺るがすお話9編

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『虚談』をご紹介。 角川から比較的定期的に刊行されている【現代怪談シリーズ】の新刊。主に怪談専門誌「幽」にて掲載されたお話を集めた怪談短編集です。今までに『幽談』 幽談 (角川文庫) 作者: 京極夏彦 出版…

『ヒトごろし』京極夏彦の新作長編小説!

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『ヒトごろし』をご紹介。 今年に入ってからの新刊。京極さんは作品が長大なので有名ですが、単行本で1000ページ越えの新作は久し振り。『嘘実妖怪百物語』とか、3冊に分けての分冊でしたしね。長すぎたからなん…

「命売ります」 ドラマ 感想

こんばんは、紫栞です。BSジャパンで放送されていた連続ドラマ『命売ります』、最終回を迎えましたね。 このドラマの原作本である三島由紀夫の小説『命売ります』については前に当ブログでまとめましたが↓ www.yofukasikanndann.pink 今回はドラマを最終回ま…

『ヒトでなし 金剛界の章』続編や『ヒトごろし』との繋がりなど 京極夏彦新シリーズ!

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『ヒトでなし 金剛界の章』をご紹介。 あらすじ・概要俺は、ヒトでなしなんだそうだ。娘を亡くしたことをきっかけに職を失い、妻に捨てられた。帰る家もない。金もない。何もかも、本当に何もかも一度に失ってし…

リピート 最終回 ドラマと原作との違いをネタバレ~

こんばんは、紫栞です。ドラマ『リピート』、最終回を迎えましたね。 このドラマの原作本についての記事は前にこのブログで書きましたが、 www.yofukasikanndann.pink 今回はドラマを最終回まで観て、改めてわかった原作とドラマとのラストの違いについて纏…

去年の冬、きみと別れ 原作 ネタバレ・あらすじ感想

こんばんは、紫栞です。今回は中村文則さんの『去年の冬、きみと別れ』をご紹介。 只今公開中の映画の原作小説ですね。 あらすじライターの「僕」は、本を書く為に殺人事件の被告に面会に行く。被告の名前は木原坂雄大。35歳。アート写真専門のカメラマンで…

鉄鼠の檻 ネタバレ あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『鉄鼠の檻』をご紹介。 【百鬼夜行シリーズ】四作目です。 www.yofukasikanndann.pink 最近、愛蔵版が刊行されましたね~。 通常書籍には使用しない印刷技術を駆使した永久保存版!京極さんの謹製・厄除け札、中…

『金田一くんの冒険1 からす島の怪事件』 感想 17年ぶりの小説版!

こんばんは、紫栞です。今回は『金田一くんの冒険1 からす島の怪事件』をご紹介。 ご存知【金田一少年の事件簿】シリーズの番外編(?)と言えばいいのかしら。講談社 青い鳥文庫からの刊行で、金田一達が小学六年生のときの冒険を描いています。ノベルス(小…

狂骨の夢 ネタバレ あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。今回は京極夏彦さんの『狂骨の夢』を紹介したいと思います。 百鬼夜行シリーズの第三作目ですね。 www.yofukasikanndann.pink あらすじ「妾は人を殺したことがあるんでございますよ」 釣り堀屋の主人・伊佐間一成は逗子の海岸で朱美と…

三島由紀夫『命売ります』あらすじ・感想 ドラマとの違いなど

こんばんは、紫栞です。今回は三島由紀夫の『命売ります』を紹介したいと思います。 今BS JAPANで放送中の連続ドラマ「命売ります」の原作本ですね。 あらすじ 目を覚ましたら病院だった。どうやら自殺に失敗したらしい。 羽仁男はトウキョウ・アドという会…

京極夏彦『百器徒然袋シリーズ』あらすじ・ラジオ・ドラマCD・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。このブログ『夜ふかし閑談』も今回でちょうど100記事目です。早いのか遅いのかよくわかりませんが(たぶん遅い)記念すべき100記事目は京極夏彦さんの【百器徒然袋シリーズ】についてまとめようと思います。“百”からの安易な連想ですが。…

乾くるみ『リピート』あらすじ・ドラマと原作との違いなど~

こんばんは、紫栞です。今回は乾くるみさんの『リピート』をご紹介したいと思います。 只今、読売テレビ・日本テレビ系で放送中の連続ドラマ『リピート』の原作本ですね。 実は私、この本ずっと前に買って読まずに放置していたのですが(そういう本が何冊もあ…

『魍魎の匣』 原作 あらすじ・映画・アニメ・・・諸々まとめ

こんばんは、紫栞です。二〇一八年一発目の記事は、京極夏彦さんの【百鬼夜行シリーズ】 www.yofukasikanndann.pink 二作目の『魍魎の匣』を紹介したいと思います。 第49回日本推理作家協会賞受賞作。 年末年始とみごとに風邪を引いてしまい、記事の更新が停…

スパイラル~推理の絆~ 小説版まとめ

こんばんは、紫栞です。今回は1999年から2005年まで「月刊少年ガンガン」にて連載されていた漫画『スパイラル~推理の絆~』の、小説版の紹介まとめをしようかと思います。 小説スパイラル~推理の絆~漫画の連載と平行して書かれていたもので全4冊。漫画の…

三浦しをん『光』あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。三浦しをんさんの『光』が映画化されたと聞いて読んでみました。なので感想を少し。 あらすじ島で暮らす中学生の信之は、同級生の美しい少女・美花と付き合っている。娯楽の無い島で美花とのことばかりを楽しみに過ごす毎日。幼馴染み…

有栖川有栖『幻想運河』あらすじ・感想

こんばんは、紫栞です。有栖川有栖さんの『幻想運河』を読んだので、感想を少し。 あらすじ大阪――警邏中の巡査は一人の不審な男に声をかける。男は三十歳前後、真ん中で分けた長めの髪を風になぶられながら、手中の新聞紙の包みをひどく思いつめた表情で凝視…

『ソロモンの犬』 あらすじ・感想 ※ネタバレなし

こんばんは、紫栞です。今回は道尾秀介さんの『ソロモンの犬』を紹介したいと思います。 得体が知れない表紙絵でインパクトありますね(笑) あらすじ「一度、ちゃんと話し合うべきなのかもしれない」「この中に、人殺しがいるのかいないのか」2週間前。秋内、…